So-net無料ブログ作成

DAHON ミニベロ改造計画・その3 [自転車関連]

街乗り用Dahonをツーリング仕様に改造する計画は、先日の休みにショップ巡回をして(突然の大雨で止むなく途中で中止となりましたが)、やはりネットで探したほうが早いかも…という結論が出ました。

そこで、Amazonや京都のQBEI、サイクルベース・アサヒなど自転車を専門に扱うネット通販サイトを色々検索してみました。
私の計画としては、

1・ハンドルをフラットからブルホーンバーに変更
2・リアキャリアを設置 (必要であればフロントキャリアも)
3・パニアバッグを装着
4・マッドガードの設置
です。

そのうち、1 のハンドルの変更は私が参加している自転車関連のSNSで交流のあるお方から、「ブルホーンは意外に疲れる」「ブレーキの位置が体より遠く、高くなるため慣れるまで使いにくい」などとご自身の体験の中からのご意見をいただき、一旦保留となりました。
また、マッドガードも付けても付けなくてもどちらでも良いので、こちらも消去。
当面は 3 のリアキャリアと 4 のパニアバッグの装着を考えてみたいと思います。

とりあえず、私の希望の形はこんな感じ。
 ↓↓↓
dahon0.jpg

これは2011年くらいまで製造していたDahonのツーリング仕様車、Speed TRです。本当はこれが欲しかったのですが、ミニベロにしてみるとちょっと高い(158,000円)のと、当初嫁さん用にと考えていたためこのモデルには手を出さなかったのです。
現在所有のDahonもこんな感じでカスタムできればいいなと思っています。

話を戻して、ネットで検索してみるとまず、リアキャリア。
中々ミニベロに合うキャリアがサイズ的に無いというのが実際の話です。安価なミノウラや、トピークなどのキャリアは26や29のサイズに合わせた設計。果たしてこれがミニベロに設置できるかが疑問です。
ということは、Dahon純正のパーツになってしまうのですが、なんせ高い。定価で10,500~12,500円。う~ん、ちょっと考えてしまいます。

dahon1.jpg
dahon2.jpg

でも、サイズ的にはぴったりなんですよね。流石純正モデル(笑)。
あとはもうちょっと低いサイズのものもあるのですが、パニアバッグの大きさにも関係してくるので、上記の画像の物が一番良さそうです。

パニアバッグは多分これになるんだろうと思います。
 ↓↓↓
or.jpg
 オーストリッチ p-115

一番安いところで4,766円でした。 サイズは33x36x10cmで25リットル。帆布製のもランドナーと兼用でいいかなと思いましたが、Dahonには帆布は似合わないだろうと思い…(笑)。

と、検索の結果一応こんな感じで組んでみました。どうでしょうか。
まだポチっとクリックはしていませんが、リアキャリアとパニアバッグはこのパターンだと思います。
あとはキャリアの仕様をこの純正にするのか、はたまたミニベロ用キャリアの安価なものを探すのかちょっと考えてみます。
ちなみに純正で最安値は7,000円台でした。これは数が少ないため、判断が遅れると8,500円くらいのものになりそうですが…。

いずれにしてももうちょっと思案してみます。
なんか、こうやってあれやこれやと考えている時が一番楽しいですね(笑)。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2013.07.26 DAHON ミニベロ・改造計画・その2 & ゲリラ豪雨体験記 [自転車散歩]

今日休みでしたので(久々の休み♪)、先日思い描いたDahonカスタム計画をすべく名古屋までサイクルショップ巡りをしてきました。

今回の目的は二つ。
まず一つは、リアキャリアとパニアバッグ選び。
もう一つは、ハンドルバーの交換(フラットバーからブルホーンバーへのカスタム)。
この二つを探しました。

KIMG2021.JPG

続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2013.07.12 日本昭和村と蘭丸の里 [自転車散歩]

毎回ポタ日記を書くとき、「暑いですねぇ」で始まるのですが、本当に暑いです(笑)。
折角の休み、どこか行こうと思っても、暑さのためについつい躊躇してしまいがちになりますね(笑)。
しかしそこは自転車乗り(笑)。暑さの心配より自転車に乗りたい欲求の方が勝ってました(笑)。
なんといっても、7/2以来10日ぶりですからね(笑)。
この12日も結構な暑さだったのですが、元気に出発です♪
今回は何年か前に車で遊びに行った日本昭和村まで走ってまいりました。

KIMG1986.JPG


続きを読む


nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

DAHON ミニベロ改造計画 [自転車関連]

最近ランドナーが乗り易く、長距離を快適に走ることができるので、ランドナーばかり乗り回しているのですが、長距離輪行を考えたときにやはりミニベロの輪行のし易さが魅力ですよね。

1127-03.JPG


ここ数ヶ月、街乗りや近場ポタ用としてのみDAHONくんを使っているのですが、やはり今後輪行で遠出をすることを考え、このDAHONくんをもっと快適に活用できないか…。
元々は嫁さん用に調達したこのDAHONくん。ところが当の嫁さんは殆ど乗らず。う~ん、勿体無い…。

ならば、長距離乗っても平気なようにカスタムしちゃいますか(笑)。

題して「DAHON ミニベロ、ツーリングバイク化計画」(*^^)v
街乗り用をツーリング用にカスタムしちゃいましょう。



…と意気込んでみたのはいいですが、さて何から手をつければ良いのでしょう?
一つ二つはもう考えてはいるのですが、それからどうすればいいのか全く考えていません。
ゆっくりとじっくりと計画していきたいと思います。

先ずは、ハンドルをフラットハンドルからドロップかブルホーンに。
色々と参考にしながら楽しんでやってみようと思います。

乞うご期待を(笑)
と言いながら、このメカ音痴の私に果たして出来るのでしょうか(苦笑)。

追記;カスタムに長けている方、パーツ等にお詳しい方、いらっしゃいましたら、
ご伝授くださいますよう、おねがいいたしますm( . . )m


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

暑いこの時期に聴きたい、夏の音盤 / 虹伝説(The Rainbow Goblins) [映画、音楽、JAZZ]

先日ギタリスト、高中正義の代表曲『Blue Lagoon』を耳にしました。久しぶりに聴いた高中のギターの音色…。懐かしかったです。「やっぱ、夏だなぁ。爽やかだなぁ」なんて思いながら、ふと彼の名盤といわれる『虹伝説』を思い出しました。

takanaka.jpg


イタリア人画家ウル・デ・リコが描いた絵本『The Rainbow Goblins』を元に、ギタリスト高中正義がその絵のイメージを音にして1981年に発表した大作で、この音盤は私が FUSION というジャンルの音楽を、恐らく一番初めに聴いたアルバムではないかと思います。『Blue Lagoon』を聴いたからなのか、なんだか久しぶりに聴きたくなって、家に帰ってCD棚から引っ張り出してきました。

nijiden.jpg発売当時、アナログで2枚組みの大作だったこのアルバムは、先に書き込んだ通りイタリア人画家ウル・デ・リコ描いた絵本「The Rainbow Goblins」を元に、高中本人がその絵本の14枚の絵をイメージして作曲したコンセプトアルバムで、絵本の持つ幻想的なイメージと、高中正義独特のトロピカルサウンドが一体化されたファンタジックな作品となっています。

nijiden1.jpg原作の絵本『The Rainbow Goblins』は、虹を食べ尽くしてしまった妖精の七色の鬼(レインボー・ゴブリン)たちが、自然の報復を受けて滅び、自然界に平和が戻るまでを色彩豊かな絵で表現した作品で、原作者のウル・デ・リコは「なぜ、虹は空に浮かんでいるのか。」という問いから着想を得て制作した絵本とのこと。
その絵本を高中流に料理された本作は、この絵本の幻想的なイメージをそのまま音にした素晴らしい作品で、オープニングの「PROLOGE」からぐいっとこの世界に引き込まれていきます。 どの楽曲も絵本のイメージ通りに仕上がっていて、何度聴いても飽きさせないアルバムです。出来れば絵本を読みながらアルバムを流すと、より一層この世界に浸れるのではないかと思います。

高中正義は代表曲「Blue Lagoon」のようにトロピカルなギターサウンドの楽曲で一躍有名になったギタリストで、 彼のイメージはやはり "夏"。 個人的にいうと、他のフュージョン・アーティストに比べて軽いイメージがあり、その他の音盤はあまり聴いていないのですが、この『虹伝説』だけは違い、 リリースからもう30年以上も経っているのに、全く古さを感じさせない素晴らしい作品で、私の大切な愛聴盤のひとつとなっています。
5年ぶり位に聴いてみましたが、やはり素晴らしい。特にクライマックスの楽曲「Plumd Bird」と感動的なエンディング「You Can Never Come To This Place」は素晴らしいのひとことです。

nijiden3.jpg尚、1997年にその続編「白い虹の伝説 / The White Goblins」刊行を機に再び絵のイメージを音楽化した『虹伝説2 / The White Goblins』も当時話題となりました。 この続編は、ひとり残された白い鬼が、地下世界に住む鬼たちを地上に導き、自然界の色という色を搾取して都市に変え、その結果、地球上から自然の色が消えてしまう・・・。この自然界に再び色を戻すためには何をしたらいいのか、という非常に現代的なテーマを表現した物語になっています。 高中の楽曲のイメージは前作に比べ、絵本の背景も関係して少々ダークなものにはなっているのですが、こちらも非常にクォリティが高く、2作同時に聴いてみるのもいいかもです。

nijiden4.jpgギター、FUSION好きな方だけでなく、絵画や絵本好きの方など、興味のある方は是非!
この暑い夏の時期に最適な、心を瑞々しくしてくれる…そんな音盤ではないかと思います。

そういえば最近、虹見ないなぁ…

--関連映像LINK--
「YOU CAN NEVER COME TO THIS PLACE」 
『The Rainbow Goblins 』(Full Album) 


虹伝説 THE RAINBOW GOBLINS

虹伝説 THE RAINBOW GOBLINS

  • アーティスト: 高中正義
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2013/06/26
  • メディア: CD



虹伝説2~ザ・ホワイト・ゴブリン

虹伝説2~ザ・ホワイト・ゴブリン

  • アーティスト: 高中正義,高中正義,千住明,武部聡志,田辺恵二,高田耕至
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1997/06/25
  • メディア: CD



The Rainbow Goblins

The Rainbow Goblins

  • 作者: Ul De Rico
  • 出版社/メーカー: Thames & Hudson
  • 発売日: 1994/06
  • メディア: ハードカバー



The White Goblin

The White Goblin

  • 作者: Ul De Rico
  • 出版社/メーカー: Thames & Hudson
  • 発売日: 1996/10
  • メディア: ハードカバー



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

自転車人 2013年夏号(通算32号) [自転車関連]

jitensya.jpg


漸く出ました。『自転車人 2013年夏号』。
早速購入しました。
今回の特集は "しまなみ海道" !
サイクリングの聖地とされるしまなみ海道、とびしま海道を楽しむノウハウが凝縮。
「いつかは行きたい」と私も考えているので、この特集は楽しみです。

また、第2特集として「夏休み・ニッポンイチ チャレンジ」と題して日本一を目指して走るというテーマでチャレンジライドが紹介されています。"東海道を日本橋から京都まで一泊二日で走る"とか、"海岸線から一番遠い地点を目指す」といったテーマが載っていました。
この夏、自分の"ニッポンイチ"を目指してチャレンジしてみては?

お馴染み「聖地巡礼」は奈良。

そして特別に「富士山一周いいとこどりマップ」が付いていて、今回も読み応え満載です。

そういえば、私の知人も、今月後半にしまなみを走りに行くそうです。羨ましい…。
私も行きたいのですが、なんせ岐阜・東濃地区からまず尾道までの道程が…(苦笑)。
最低二泊三日は要りそう…。休みもらえるかなぁ(懇願)

『自転車人 No.32 2013年夏号』(山と渓谷社 Web)
『自転車人 web』


自転車人NO.32 2013夏号 綴込付録「富士山一周いいとこどりライドMAP」 (別冊山と溪谷)

自転車人NO.32 2013夏号 綴込付録「富士山一周いいとこどりライドMAP」 (別冊山と溪谷)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 山と渓谷社
  • 発売日: 2013/07/16
  • メディア: 雑誌



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

マイマイガにオーマイガッ! [雑記]

いやぁ、暑い暑い。地元は今日も酷暑! この三連休もかなり暑かったですね。
皆様熱中症対策、ちゃんとしていますか? 本当、異常気象ですね。

CAP856V7.jpg


ところでここ3~4日、我が家のまわりに…というか町全体に蛾が大量発生しています。
町中蛾でいっぱいです(苦笑)。
先日FBとTwitterには既にこの話題を記事にしていますが、本当、まだまだ収まるどころか
益々状況はひどくなってきています(苦笑)。
駅のホームは勿論、駅前の道、そして自宅マンションの壁や駐車場も蛾で埋め尽くされていて、まるで映画『エクソシスト2』のイナゴの大群やヒッチコックの『鳥』を思わせるほど(笑)。
洗濯物も迂闊に干すなんてことはできず、玄関の出入りもドアをそっと開いて蛾が近くにいないのを確認して素早く出るなど、本当気を使います。

CAFM0UGA.jpg
CA8N3U8X.jpg
マンション下の駐車場は、蛾の絨毯になっています…(涙)

私のランドナー(自転車)がベランダに置いてあるのですが、嫁さんから開けると蛾が入ってくるからということで持ち出し禁止令が出たくらい(苦笑)。
また、先日"蛾を寄せ付けない殺虫剤"をホームセンターで購入してきたのですが、それすら殆ど効き目なし。全くこの蛾の大量発生にほどほど困り果てています。

CAW86ZSY.jpg

他の地域はどうなのか、Googleで検索してみるとTwitterでのつぶやきがやはりかなりありましたね。
市のホームページにこの蛾のことについての公表がありました。それによると…

~以下、市HPより

『市内において、7月上旬頃から蛾が大量発生しており、市北部から中央部にかけて市民の皆様から多くの情報が寄せられています。

この蛾は「マイマイガ」と呼ばれるものであることを確認しました。
 
 幼虫時には体毛が人に触れると肌のかぶれ等を引き起こすことがありますが、成虫になると人体に害を与えないといわれています。ただし、鱗粉が皮膚や目に付くとかゆくなることがあります。

 今回の大量発生の原因は不明ですが、約10年周期で大発生し、2~3年継続する傾向があると言われています。 マイマイガの駆除方法については、卵か幼虫時に除去することが最も効果的であると言われおり、成虫になると、効果的な方法はありません。

 成虫後の寿命は短く7~10日間程度であり、現在の状況は一時的なものと思われるため市民の皆様のご理解とご協力をお願いします。』・・・・


な、なにぃ?約10年周期で大量発生? 一時的なものだから我慢しろって?(怒)
なんか最悪ですね。

これを読んだあとに嫁さんが、うちのベランダと玄関にこの"マイマイガ"の卵らしきものを発見。急いで駆除しましたが、2~3年継続するとなると、まだまだ卵がありそうですね。
ただ何もせず、ずっとこの状況を我慢しなければいけないのか…
一体いつまで続くのでしょう。
今日も蛾の大群と戦いながら、玄関のドアを開けるぼのさんでした(苦笑)。

--関連サイトLINK--
中日新聞Web 7月13日
マイマイガ(Wikipedia)

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2013.07.01 日本最古の駅と三河の小京都 [自転車散歩]

いやぁ、暑くなってきましたね~。
というか、もう猛暑を通り越して酷暑です(笑)。
私の住む地方は、毎年最高気温で全国1位、2位を争うところなのですが、今年も例年に漏れず…というか、例年以上に暑い日が続いております(苦笑)。
先日山梨で39度を越えたニュースがありましたが、こちらでもそれに近い38.5℃をマーク。そんな全国1位はいらないですよねぇ(爆)。
いずれにしても、熱中症対策をきちんとしないといけません。皆さんもどうか気をつけてくださいね。

さて、先日と言ってももう10日も経ってしまいましたが、7/1に母親の実家へ三回忌法要の打ち合わせに行きました。そのついでに"三河の小京都"といわれている西尾市まで走ってみたので、それをレポートしてみたいと思います。また、西尾市にはもうひとつ、仕事先の元同僚が嫁いでいるので、時間があればそちらにも顔を出してみようかなと…。
本日のメインは半田市にある母親の実家(お寺さんです)で三回忌の打ち合わせ。あくまでも西尾市までのツーリングはそのおまけ…のはずが、そちらのほうがメインになってしまいました(笑)。

KIMG1950.JPG





続きを読む


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

最近購入した音盤 [映画、音楽、JAZZ]

え? もう梅雨明けですか?
なんだか早いですね。今年は殆ど降っていないような…
これはもう、節水街道まっしぐらですね(苦笑)。
今日もここ東濃地方はうだるような酷暑。
名古屋も暑かった! この季節になるとスーツを着るのが嫌になります。
本当にたまりません…。
皆様も熱中症には気をつけてくださいね。

本日は音楽の話です。
最近購入した最新(でもないのですが…)音盤をご紹介したいと思います。
…と、その前に7/1のポタリング日記を公開しないといけないのですが、
すみません。まだ画像のアップが出来ていないので、アップできましたら公開いたしますね。

さて、ここ最近私は何にハマっているかといいますと、
あまりジャンルに因われていないというか…
全く関連性のないジャンルを同時に漁っている次第で(笑)。
最近購入した音盤はご覧のとおり。

KIMG1976.JPG


画像をご覧になればわかるかと思いますが、本当にバラバラ(笑)。しかも新旧織り交ぜ状態です(苦笑)。

まず1枚目『BEADY EYE / BE』 
 あのOASISのリアム・ギャラガーが解散後に結成したバンド、BEADY EYE の2nd.。
 「宇宙にぶっ放したロックンロール」と自ら明言した最強音盤だそう。
 ジャケットに誘惑されて購入してしまいました。(またジャケ買いかよ--笑)

2枚目『Rod Stewart / Time』 
 "ロックの生きる伝説"完全復活!--- ソングライティングから一切身を引いていたロッドが、
 遂に始動です。なんと15年ぶりのソングライティングです。原点回帰した傑作ですね。
 これは良かったです。久々にロッド節炸裂でした。

3枚目『YELLOWJACKETS / a rise in the road』 
 今回唯一のJAZZ/FUSION系です。30年以上も続いている長寿バンドの最新作。
 本作はなんとあのジャコ・パストリアスの息子、フェリックスがメンバーに参加。
 父親が愛用していたベースで演奏! これは涙ものです♪

4枚目『Porcupine Tree / The Incident』 
 マニアックなものがでてきました(笑)。プログレッシヴ・ハード・バンドの2008年の傑作。
 14のパートに分かれているけれどもなんと全1曲の構成になっている超大作。
 ちょっと疲れました(笑)…が、音はかっこいいです。

5枚目『PINK FLOYD / A Collection of Great Dance Songs』 
 1981年リリースのコンピ盤ですが、なんと中古ショップで紙ジャケを発見!
 Pink Floydの殆どの作品のジャケットデザインを手がけているヒプノシス。
 彼らの作品群の中で一番好きなジャケットなんです(笑)。この音盤の邦題は「時空の舞踏」。
 そんなタイトルにぴったりのジャケットなんですよねぇ(笑)。
 

以上の5枚です。本当にバラバラでしょ(爆)。
ブリット・ポップあり、ソフト・ロックあり、NYフュージョン、そしてプログレ…(笑)
でも、今回は殆どがハズレなしでした。ま、一枚は昔持っていたものの買い替えですが…
久しぶりにフロイド聴いたわぁ♪


BE

ビー

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2013/06/05
  • メディア: CD



タイム~時の旅人~

タイム~時の旅人~

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2013/05/08
  • メディア: CD



A Rise in the Road [輸入盤]

A Rise in the Road [輸入盤]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Mack Avenue
  • 発売日: 2013/06/14
  • メディア: CD



Incident

Incident

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Roadrunner Records
  • 発売日: 2009/09/10
  • メディア: CD



時空の舞踏 (紙ジャケット仕様)

時空の舞踏 (紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2001/05/25
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2013.06.25 愛知・岐阜・三重を跨ぐ木曽三川を走る [自転車散歩]

ちょっと前ですが、暑さのせいなのかなんなのかわかりませんが、体調崩しておりました。もう完全に治りましたので大丈夫だとは思いますが、気を付けないといけませんね。この気候と連日の疲れからかと思いますが、皆様も気をつけてくださいね。

さて今回のポタ日記は、もう先月になってしまいましたが、6月の25日に木曽三川と多度大社、そして桑名の港を巡ってきましたので、それをレポいたします。木曽川と長良川、そして揖斐川の三つの川が河口付近でまさしく三つに並んで流れる様を見てみたかったのと、その川と川の間の中洲(?)を一度走ってみたかったのです。
場所は丁度岐阜県と愛知県、そして三重県の三つの県境にあたります。あ…、そういえば愛知県、岐阜県以外の県に行ったのは、今回が初めてでした(笑)。予てから行きたかった木曽三川。漸く実現です。

KIMG1901.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。