So-net無料ブログ作成

2018.11.19~20 秋を満喫する山旅。滋賀の名低山二座、一泊二日の旅 其の二;11/20 琵琶湖と若狭湾を同時に観ることが出来る素晴らしい稜線。赤坂山周回登山 [山歩き]

秋を満喫する山旅、滋賀編の二日目は高島市のマキノ高原に鎮座する赤坂山。
花の名山としても有名な赤坂山。一度登ってみたかったんですよね。
昨日金勝アルプスを登った後、滋賀の山友さんの自宅に一泊させていただき、いよいよ楽しみな赤坂山です。昨日に引き続き、泊めていただいた山友、ヨシオさんにアテンドいただく山旅です。二日間よろしくお願いいたしますm(__)m

DSC_0460.JPG

昨日の雨が残ると嫌だなぁ…と思っていたのですが、なんとか雨もあがり、晴れ間が見えてきました。いい登山日和になりそうですね。




-----------------------------------------


赤坂山(あかさかやま)は、滋賀県高島市と福井県三方郡美浜町の境界にある山で関西百名山の一つであり、「花の山」として人気のある山です。
野坂山地に位置する山で、標高は823.8m。高島トレイルの一角を担い、景観の良さから多くの登山客が訪れる人気の山です。山頂は県境となっており、尾根沿いに縦走する高島トレイルと共に近畿の登山家にはよく知られています。"花の山" として有名で、ツツジやスミレ、カタクリなども自生しているなど植物が自然の姿を保つ緑豊かな山なのだそうです。

アクセスは湖西道路国道161号から県道287号へ入り、北上。マキノ高原駐車場(無料)に駐車し、そこが登山口にもなっています。
ルートはマキノ高原から赤坂山に登頂後、"明王ノ禿" を見に行ってから左回りで縦走。寒風を経てマキノ高原に戻るルート。

DSC_0401.JPG

DSC_0402.JPG

登山口のマキノ高原に向かう途中に立ち並ぶ、メタセコイヤ並木。「新・日本の街路樹百景」に選定されています。初めて観ましたが、圧巻ですね。素晴らしい!

DSC_0404.JPG

初めてということで、ちょっと車を停めていただき、じっくり観させていただきました。山友さん曰く、「もうちょっと紅く色付くともっといいんだけど」とのこと。いやいや、今現在でも素晴らしいですよ♬
メタセコイヤ並木に沿ってマキノ高原に向かいましょう。

DSC_0408.JPG

DSC_0407.JPG

マキノ高原に到着。ここから取り付きます。登山届を提出して、さ、出発です。

DSC_0410.JPG

先ず広い高原を縦断。目の前に広がるあの山々を目指します。

DSC_0411.JPG

赤坂山登山口にたどり着きました。いよいよ赤坂山へ。

DSC_0416.JPG

取り付いて暫くは階段が続きます。これが結構しんどくて萎える(笑)。

DSC_0419.JPG

朝、出発前はいい天気だったのに、登り始めたら空の雲が厚くなってきてしまいました。…晴れてくれるだろうか。

DSC_0420.JPG

階段を登りきると気持ちの良い樹林帯歩き。自然林が良い感じで和みますね。

DSC_0421.JPG

サクッサクの落ち葉の登山道。いい音が響き渡ります。人気の山も昨日の雨の影響か、今日は全く登山者を見かけません。静かな山を堪能しています。

DSC_0422.JPG

東屋に到着。ここで小休止。寒くなってきたので温かい珈琲を。なんでも雪が降ると、この東屋の屋根まで雪が積もるそうです。雪の赤坂山も登ってみたいですね。

DSC_0423.JPG

休憩後、再び歩を進めます。中腹は紅葉が残っていて綺麗でした。

DSC_0427.JPG

DSC_0432.JPG

山を巻くように歩いていくと、漸く視界が開けてきました。

DSC_0433.JPG

天高く、首を垂れるススキ。ススキが出だすと秋から冬へと季節が移り変わっていっているんだな~と実感。

DSC_0436.JPG

遂に樹林帯を突破。天気も回復してきましたね。良かった♬

DSC_0438.JPG

この辺り、春から初夏にかけてははいい感じに緑なんだろうなぁ。

DSC_0439-2.JPG

栗越峠の分岐に到着。高島トレイルの標柱にタッチ。

DSC_0442.JPG

絶景! 壮大な琵琶湖を眺めることが出来ました。

DSC_0443-1.JPG

栗越峠の分岐から赤坂山へ。ススキの高原を歩きます。目標は目の前のこんもり盛り上がったところ。

DSC_0444.JPG

この道、気持ちいいですね♬ 遮るものがなにもありません。

DSC_0445.JPG

進行方向左側は日本海方面。

DSC_0451.JPG

右手後方は美しい琵琶湖。

DSC_0450.JPG

歩いてきた稜線。いやはや素晴らしい景観です。

DSC_0449.JPG

山頂まであと少し。空が青く、綺麗です。晴れてよかったぁ。

DSC_0452-1.JPG

遂に赤坂山山頂(標高823.8m)へ登頂!

DSC_0454.JPG

山頂からの眺め。琵琶湖が陽の光に照らされて輝いていました。綺麗ですねぇ。

DSC_0457-1.JPG

赤坂山山頂より、琵琶湖を望む。

DSC_0456.JPG

四等三角点、点名「赤坂山」。三角点タッチです。

DSC_0461.JPG

山名板を抱えて記念に山友さんと一枚。

DSC_0462.JPG

山頂は素晴らしい景観が360度見渡せます。

DSC_0464.JPG

福井方面、若狭湾も!

DSC_0465.JPG

遠く白山も微かに見えました。いい景観です。 しかし、今日は風が強い! 寒いです(苦笑)。

DSC_0466.JPG

山頂の素晴らしい眺望を充分に堪能した後は、赤坂山の北側の三国山との鞍部にある「明王ノ禿」へ向かってみます。
一旦山を下り、再び登り返します。

DSC_0468.JPG

DSC_0469.JPG

この大崩れは凄い。迫力満点! 開いた口が塞がりません。

DSC_0469-2.JPG

ある意味、絶景ですね(笑)。

DSC_0469-3.JPG

大崩れギリギリに木階段が設置されていて、その階段を登ってみました。

DSC_0470.JPG

ここから眺める琵琶湖もまた美しい。

DSC_0471.JPG

明王ノ禿の実際の場所はもうちょっと先なのですが、ここを観れれば明王ノ禿まで行かなくてもいいかな(笑)。
ここで折り返し、再び赤坂山へもどります。

DSC_0474.JPG

再びススキの稜線歩き。これは本当気持ちいい。

DSC_0475-1.JPG

赤坂山山頂を越えて、再び栗越峠分岐に到着。

DSC_0476.JPG

赤坂山から縦走し、寒風を目指します。寒風へはここからピークを4つほど越えなければいけません。

DSC_0477.JPG

先ず、ひとつめのピークへ。

DSC_0478.JPG

いい天気になりました。空の蒼が気持ちいい。天気回復して良かったですね。

DSC_0478-1.JPG

歩いてきた稜線。はるか後方に先ほどまでいた分岐の鉄塔が見えます。

DSC_0479.JPG

一つ目のピークを越えて一旦下り、再び登り返します。

DSC_0481.JPG

気持ちの良い稜線歩き♬

DSC_0483.JPG

稜線上から望む山々とその間に顔を出す琵琶湖。この山系からはどこからでも美しい琵琶湖が目に入りますね。

DSC_0486.JPG

再びブナ林の道を下り…。

DSC_0488.JPG

高島トレイルの黄色いテープが所々に巻いてありました。この辺り、道迷いが多いのかもしれませんね。高島トレイルも非常に気になります。いつか歩いてみたいですね。

DSC_0492.JPG

再び稜線へ。登山口であるマキノ高原のスキー場が見えました。

DSC_0493.JPG

右手を見ると遠くに日本海。若狭湾を一望。

DSC_0485.JPG

進む方向、左手には琵琶湖が。一度に若狭湾と琵琶湖が眺望できるこの素晴らしさ。なんと贅沢な眺望でしょう。

DSC_0497.JPG

合計4つのピークを越え、漸く寒風に到着しました。

DSC_0498-1.JPG

寒風から琵琶湖を望みます。

DSC_0504.JPG

お腹が空きましたね。ここでランチタイム。
今日は寒いので、久しぶりに暖かいカップラーメンを戴きました。

DSC_0507.JPG

ラーメンを食べながら、空を見上げる…。青い空と白い雲が眩しい。あ~、気持ちいい♬

DSC_0508.JPG

お昼ご飯をいただいたあとは、いよいよ下山の途に。寒風からマキノ高原に下山します。

DSC_0511.JPG

ブナ林を掻い潜ります。

DSC_0512.JPG

ブナ林、好きな景観だなぁ…。なんかブナ林って落ち着きませんか?

DSC_0520.JPG

中腹まで降りてきました。樹林帯に突入。

DSC_0522.JPG

ちょっと開けた展望箇所から麓を眺望。

DSC_0525.JPG

今朝通ってきたメタセコイヤ並木の道が見えます。その向こうには壮大な琵琶湖。今回の縦走は今年の春に登った武奈ヶ岳同様、終始琵琶湖を眺めることが出来る山旅でした。

DSC_0527.JPG

麓に近づくにつれ、紅葉が目立ってきます。標高を下げてきて漸く木々が色付いてきましたね。

DSC_0530.JPG

緑と赤のコントラストの中を潜るように歩を進めます。

DSC_0532.JPG

DSC_0535.JPG

美しいですね。今年(2018年)最後の山の紅葉かな。

DSC_0537.JPG

DSC_0538.JPG

足元の紅葉にもついつい歩を止めて魅入ってしまいます。

DSC_0541.JPG

大谷山でしょうか。木々の間から観ることが出来ました。大谷山の方にも足を延ばして行ってみたいですね。

DSC_0548.JPG

マキノ高原スキー場が見えてきました。いよいよゴールが近づきます。

DSC_0550.JPG

最後はスキー場のゲレンデを下ります。
ゲレンデ下り…。基本下りなのですが意外にしんどい(笑)。

DSC_0552.JPG

大谷山の登山口に到着。こちらの登山口は大谷山の登山口だったんですね。
赤坂山から寒風の周回登山、終了です。本日も怪我無く無事に下山できました。ありがとうございました。お疲れさまでした。

DSC_0553.JPG

DSC_0558.JPG

麓も紅葉が綺麗です。麓はこれからという感じですね。

DSC_0559.JPG

最後に歩いてきた稜線を仰ぎ見ます。いい山旅でした。
二日間通してアテンドいただいた山友さん、本当にありがとうございました。

赤坂山から寒風までの稜線歩き、本当に素晴らしかったですね。風が強く、かなり冷え込みましたが、素晴らしい稜線歩きが出来ました。
何といっても稜線を挟んで、左に琵琶湖、右に日本海の若狭湾を眺めながら歩ける贅沢さ。素晴らしかったです。
赤坂山山頂も360度の眺望が楽しめましたし、本当に晴れてよかったと思います。
この山、"関西花の百名山" にも選定されているとのことで、またその時期に是非とも登ってみたい山です。
またひとつ、好きな山が増えました。

-----------------------------------------




--本日の山行ルート--
08:27 マキノ高原駐車場 発
08:34 赤坂山・三国山登山口
09:15 武奈の木平(東屋)
09:31 東屋 発
10:11 鉄塔広場
10:14 粟柄越
10:28 赤坂山山頂
10:34 赤坂山山頂 発
10:58 明王ノ禿 手前
11:11 赤坂山山頂
11:20 粟柄越
12:16 寒風 ~ランチタイム
13:22 展望ベンチ
13:42 西山林道出合
14:02 寒風・大谷山登山口
14:13 マキノ高原駐車場 着

--本日の山行データ--
場所 滋賀県高島市マキノ町牧野
距離 10.9km
最大標高差 699m
平均斜度 上り:14.5% 下り:19.4%
獲得標高 上り:885m 下り:881m
日時 2018年11月20日 08:23:10 ~ 2018年11月20日 14:13:52
所要時間 5時間50分42秒
平均速度 1.8km/h

--関連サイトLink--
マキノ高原
メタセコイヤ並木(びわ湖高島観光ガイド)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ












nice!(5)  コメント(4) 

nice! 5

コメント 4

えれぇこった2号

ぼのさん

おはようございます?
赤坂山は、春のお花の咲き乱れた時にしか登った事ないです。

高島トレイルでは、初日に通知するんですよね[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
肋を骨折してると知らずに縦走して強烈に辛かったことを思い出しました[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

しんどければしんどい程、またチャレンジしてみたいと思う私[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

是非是非春にまた登ってください。
最高ですよ!
by えれぇこった2号 (2019-02-16 08:56) 

ローリングウエスト

「佐渡ケ島」一周旅を最終編公開しましたのでまた是非ご覧になってみて下さい。
by ローリングウエスト (2019-02-16 11:58) 

ぼの

えれぇこった2号・kakaさま、
赤坂山面白いですね。
ルートもまだまだありそうで、いろんなルートに挑戦したいです。
それから高島トレイルにもチャレンジしてみたいっす(*^^)
by ぼの (2019-02-22 23:29) 

ぼの

ローリングウエスト さま、
あ、またお邪魔いたしますね(^^)v
by ぼの (2019-02-22 23:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。