So-net無料ブログ作成

2018.09.12~13 苔と岩と池に癒された北八ヶ岳周回登山。北横岳から蓼科山周回 (其の二;蓼科山)  [山歩き]

北八ヶ岳周回登山第二幕。
9月12日と13日で北八ヶ岳一泊の周回登山。前回は北八ヶ岳ロープウェイ駅から北横岳へ登頂しました。
その後、蓼科山へ向かうべく、縦走。しかしその縦走路はまさかの激下り(笑)。ロープウェイで上がった分をそのまま下る形となりました。
地図見て計画したときはこの激下りを予期していませんでした。ちゃんと3Dでわかるようにならないとだめですね(苦笑)。
さぁ、いよいよ最低鞍部の天翔寺原から蓼科山へ登ります。

DSC_1687-1.JPG

計画は蓼科山山頂直下の「蓼科山頂ヒュッテ」で一泊し、二日目は北八ヶ岳のお池巡りの予定。計画時には、余力があれば大岳や三ツ岳に挑戦してもいいよねと話していたのですが、このアップダウンのキツさを考えると…ちょっと難しいかな。
先ずは蓼科山登攀です。さぁ、出発しましょ。

※ 第一幕のブログ記事はコチラ

-----------------------------------------


いよいよ蓼科山に取り付きます。しかし、天翔寺平から見上げる登山道は…

DSC_1663.JPG

ゴロゴロした岩だらけの直登。思わず声に出してしまった…「これ登るの?」(笑)。 どうやら間違いなさそうですね(笑)。両横を見渡してもほかの登山道はありません。地図を引っ張り出して確認してもこの道一本だけ。意を決して目の前のガレ場の登山道に取り付きます。先ずは中継点の将軍平まで。

DSC_1664.JPG

大きい岩の上を踏み外さないよう慎重に登ります。雰囲気的には南八ヶ岳の編笠山みたいな感じだね。

DSC_1666.JPG

勾配が更にきつくなり、歩きにくくなってきます。

DSC_1667.JPG

ガレ場の急登を一心不乱に登る…。かなりキツイ登攀(苦笑)。

DSC_1668.JPG

漸く中間点である "将軍平" が見えてきました。ここには山小屋「蓼科山荘」があります。登りきったらそこで一休みしましょう。

DSC_1669.JPG

DSC_1670.JPG

漸く将軍平に到着。あ~、しんどかったぁ。もうバテバテです(爆)。

DSC_1673.JPG

蓼科山荘で休息しましょう。

DSC_1674.JPG

山荘内でゆっくり休息します。山荘内はTシャツやら手ぬぐいやらが所狭しと並んでいます。ひとつひとつ物色。Tシャツ帰りに買おうね(笑)。

KIMG0913.JPG

山荘内でまったりタイム。オーダーした本日初の珈琲、美味しかったなぁ。
さ、しっかり身体休めたら、最後のひと頑張りしますか! ザックを担ぎ、準備します。

DSC_1678.JPG

外へ出ると、可愛らしい小鳥がこんなに近くまで。何という名前の鳥かわからないですが、可愛らしかったです。

DSC_1679.JPG

さてさて、蓼科山山頂へ向かいましょう。

DSC_1680.JPG

そして、登山道はまたしてもガレ場の急登。しかも直登(苦笑)。

DSC_1681.JPG

将軍平からの登りの長いこと…。果てしなく続く急登に「一体いいつまで続くの?」と弱音を吐きそうになってしまう。少しづつ休憩しながらゆっくり登っていきます。

DSC_1682.JPG

漸く木々の間から蓼科山の山頂付近が見えてきました。もう少しの辛抱ですよぉ。

DSC_1684.JPG

長い長い急登を登り、漸く森林限界を突破。背後に見える山は先ほどまでいた北横岳? やっと目線の標高まで上がってきました。

DSC_1686.JPG

遠くに連なる山々が見えますね。眺望が望めるようになると俄然元気が出ます。あと一息、頑張ろう!

DSC_1687-1.JPG

いい眺めです。暫し眺望に癒される。

DSC_1689.JPG

山の稜線が美しい。

DSC_1687.JPG

山頂まであと5分!

DSC_1690.JPG

ガレ場の急登を最後の力を振り絞って登ります。

DSC_1691.JPG

漸く山小屋が見えてきました。あとちょっとですよ!

DSC_1692.JPG

KIMG0918.JPG

「蓼科山頂ヒュッテ」に漸く到着。今晩の宿です。お疲れさまでした。よく頑張りました。 ヒュッテの看板、つい嬉しくなっちゃうメッセージですよね。

DSC_1693.JPG

ヒュッテ入り口横には蓼科山の案内板が。
蓼科山(たてしなやま)は八ヶ岳連峰の北端に位置する標高2,531mの火山。日本百名山のひとつで、円錐形の美しい山容から諏訪富士(すわふじ)とも呼ばれているそうです。しかし、北麓側では「諏訪富士」とは言わず、多くの別名があり、高井山、飯盛山、黒斑山、女ノ神山などと呼ばれているそうです。
山頂部は大きな溶岩で覆われているため、樹林が育たず360度の展望ができ、八ヶ岳連峰をはじめ浅間山、霧ガ峰、美ヶ原、北アルプスを望むことができまするとのことですが、明日祖の眺望を観ることが出来るかなぁ。
また、この山域では針葉樹林帯が帯状に枯れる縞枯れ現象が見られるのですが、この山でも南西斜面にのみこの現象が現われているとのこと。

DSC_1694.JPG

しかし、ラッキーです。小屋にたどり着いたと同時に雨が落ちてきました。濡れずになんとか山頂まで来れてよかったですね。
さ、手続きして中に入りましょう。
小屋内に入ると「あれ?」見覚えのあるカエルの被り物(笑)。

DSC_1696.JPG

これはもしや…。と小屋番さんに尋ねたら、やはり当たり。私の知人の被り物でした(笑)。忘れていったと思いきや、"置きカエル" なんですって(笑)。話を聞くと友人、かなりのリピーターで既に常連さんらしい(笑)。

DSC_1697.JPG

談話室に上がってまた吃驚。このオーディオ機器とピアノ。団らんの場にはジャズが流れています。雰囲気いいですねぇ。

DSC_1697-1.JPG

ジャズの名盤もレコードで揃っていました。個人的にお気に入りの名盤を探し当て、思わずニヤリ(笑)。いっぺんにここの山小屋が気に入ってしまいましたよ。

KIMG0923.JPG

美味しい食事の後、心地よいジャスを聴きながら仲間や、その日宿泊している登山者の方々と、山談義。

DSC_1698.JPG

小屋の外は雨でも、楽しい夜となりました。明日天気になるといいなぁ…。

この続き、二日目の山行記録は第三幕でお伝えいたします。

※ 第三幕のブログ記事はコチラ

-----------------------------------------




--本日の山行ルート--
09:19 北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅 発
09:31 坪庭
10:08 三ツ岳分岐
10:16 北横岳ヒュッテ
10:32 北横岳ヒュッテ 発
10:43 北横岳(南峰)
10:55 北横岳(北峰)
12:17 亀甲池
12:48 天祥寺原
14:51 将軍平
14:53 蓼科山荘
15:24 蓼科山荘 発
16:11 蓼科山頂ヒュッテ 着 

--本日の山行データ--
場所 長野県茅野市北山
距離 6.9km
最大標高差 560m
平均斜度 上り:28.7% 下り:35.8%
獲得標高 上り:1177m 下り:876m
日時 2018年9月12日 08:53:28 ~ 2018年9月12日 16:20:32
所要時間 7時間27分4秒
平均速度 0.9km/h

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 2

えれぇこった2号

ぼのさん

おはようございます♪
ぼのさんのblogで何時も登られてる山やその周辺の山の事などお勉強させてもらってる感じがします!!

蓼科山頂ヒュッテって素敵な雰囲気の小屋ですね!!
夕飯も美味しそうだし。。。ランプも素敵!!

行くまでがかなり大変そうですが。。。

続きを楽しみにしてます♪
by えれぇこった2号 (2018-10-24 08:41) 

ぼの

えれぇこった2号・kakaさま、
こんばんわ。
ありがとうございます。そう言っていただけると嬉しいです。

山頂ヒュッテ、アットホームな雰囲気の山小屋なので、
もし機会があったら是非泊まってみてくださいね。
ほんと、ガイドブックやWebでは初心者向きなどと書いてありますが、
結構しんどいですよぉ(笑)。
by ぼの (2018-10-25 00:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。