So-net無料ブログ作成

秋の棚田 2018 佐々良木と坂折の棚田 @岐阜県恵那市 [おでかけ、ぶらり旅]

北アルプス、蝶ヶ岳の記事の途中ですが、今旬の記事ということで、ちょっと横道に逸れてみます。
先日、ちょっと遅くなってしまいましたが、今年の秋一番を感じる風景を堪能しに岐阜県が誇る棚田を見に行ってきました。
先日の二つの大型台風の影響がちょっと心配でしたし、時期的にちょっと遅かったかなと思ったのですが、幸い致命的な被害も少なく、また刈り獲られる前でしたのでほっと一安心。
黄金色の稲穂をじっくり堪能できました。

DSC_0188.JPG

今年見に行った棚田は、ひとつは毎年恒例、恵那市に鎮座する笠置山の麓の「坂折(さかおり)」と、そばの里、三郷町の「佐々良木(ささらぎ)」の二つ。

棚田は毎年見に行きますが、やはり素晴らしい日本の情景のひとつですね。今回も素晴らしい景観に癒されてきました。

-----------------------------------------


先ず向かったのは岐阜県恵那市三郷町佐々良木。ここは瑞浪市と恵那市の境にある町。そばの里としても有名な町です。近くには有名な屏風山が鎮座。この日も文字通り、屏風のような横に長いこの山に沿って車を走らせました。
恵那市に入って急に視界が開け、広い田園景観が目に入ってくるのですが、いきなり既に刈り獲られた後…。

DSC_0143.JPG

ひょっとしたら…という一抹の不安を胸に、道の駅・らっせいみさとに到着。車を置いて棚田に向かいます。

一面に広がる黄金色の世界! こちら側はまだ間に合いました。ほっとしてカメラを構えます。

DSC_0147.JPG

DSC_0148.JPG

DSC_0150.JPG

DSC_0152.JPG


DSC_0155.JPG


DSC_0161.JPG


この佐々良木は傾斜が緩いので、上から見渡すと、ただっぴろい田園景観のような感じに見えますよね。

さ、次の同じ恵那市ですが、木曽川を渡って笠置山の麓まで。

DSC_0163.JPG

中野方(なかのほう)というところに、坂折の棚田があります。この坂折の棚田は「日本の棚田百選」のうちのひとつに選ばれていて、岐阜の選定する「ぎふ棚田21選」にも入っています。
標高400mから600mの斜面、約14万㎡の敷地に360枚ほどの美しく壮大な田が並びます。その様はまさしく "みどりのダム" です。
こちらもなんとか黄金色の稲穂を堪能することが出来ました♬この坂折の棚田、上から眺めるのは勿論、横からも下から仰いでも素晴らしく、つい長居してしまいます。
今回は刈り獲って、天日に干している稲穂も観ることが出来、良かったです。

DSC_0164.JPG

DSC_0167.JPG

DSC_0166.JPG

展望スポットから眺望


DSC_0170.JPG

DSC_0172.JPG

DSC_0174.JPG

DSC_0176.JPG

刈り獲った後の天日干しされる稲穂


DSC_0177.JPG

この風景もこの時期じゃないと観ることは出来ませんね。まさに秋の風物詩。

DSC_0178.JPG

空の青と、山の緑、大地の茶色。三位一体です。

DSC_0180.JPG

坂折の棚田から笠置山を仰ぎ見ます。

DSC_0184.JPG

DSC_0190.JPG

DSC_0188.JPG

この壮大な景観。圧巻ですね。

KIMG0987.JPG

KIMG0989.JPG

上からの景観だけではなく、横からや下から仰ぎ見ても素晴らしい坂折の棚田。

今年も黄金色に輝く稲穂と広大な棚田を堪能させてもらえました。本当にこの景観は日本が誇る素晴らしい景観ですね。
また来年も観に来たいと思います。

-----------------------------------------


KIMG0984-PANO.jpg


佐々良木の棚田・・・恵那市三郷町佐々良木は、平安時代末より美濃国恵那郡遠山荘の一部であり、その後鎌倉期より岩村城を本拠地とする地頭遠山氏の領地でしたが、戦国末期遠山氏は滅び、江戸期は岩村藩領であり、廃藩置県まで続きました。その後合併を繰り返して現在の恵那市となります。三郷町佐々良木の棚田は、北東側と南西側に分かれており、南西側を上畑の棚田とし、北東側を深瀬の棚田とと呼ばれています。「ぎふ棚田21選」に選定されています。

坂折の棚田・・・笠置山(かさぎやま)と権現山(ごんげんやま)に囲まれた恵那市中野方町(なかのほうちょう)坂折。扇状に広がる「坂折棚田」は、約400年前から築かれました。標高400mから600mの斜面、約14万㎡の敷地に360枚ほどの美しく壮大な田が並びます。自然石を積み上げた石垣でその高さは1~3m。幾何学模様の石積みは周囲の里山と調和し、他には類を見ない美しい景観を見せてくれます。
「日本棚田百選」「ぎふ棚田21選」に選定された棚田です。

--関連サイトLink--
坂折棚田保存会 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ハイキング ブログランキングへ

旅行・観光 ブログランキングへ


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ



nice!(8)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 10

えれぇこった2号

ぼのさん

おはようございます♪
黄金色の棚田素敵ですね!
ぼのさんの後ろ姿は誰が撮ってるのかしらとふと。。。奥様??
天日干しのお米美味しいんですよね。

by えれぇこった2号 (2018-10-04 09:07) 

tsun

気持ち良さそう~。
清々しい気分になれる風景ばかりですね。
by tsun (2018-10-04 11:02) 

totochan(ととちゃん)

こんばんは。
ブログランキングから来ました。
日本の秋の風景ですね。
写真を見ていると、心が安らぎます。
日本っていいところですね。
応援して帰ります。

by totochan(ととちゃん) (2018-10-04 22:43) 

ぼの

えれぇこった2号・kakaさま、
こんばんわぁ。
棚田、好きすぎてこの坂折は必ず毎年観に来ます。
素晴らしいですよね。
ところで、私が写っている写真はグループ登山以外の殆どは実は自撮りなんですよ(笑)。
ミニ三脚でセルフタイマー使って写します(笑)。
by ぼの (2018-10-04 23:52) 

ぼの

tsunさま、
こんばんわ。
日本の秋の風物詩ですね。
この景観、大好きです。
by ぼの (2018-10-04 23:53) 

ぼの

totochan(ととちゃん)さま、
お越しいただきありがとうございます。
山登りと自転車旅(最近はあまり乗っていませんが)中心のアウトドアなブログです。
また気が向いたら見に来てくださいね。

棚田はその景観、造り、環境、全て好きで、毎年シーズンには必ず見に行きます。
仰る通り、日本の風物詩。
この景観がずっと見られるよう、守っていかないといけませんね。
by ぼの (2018-10-05 00:00) 

ローリングウエスト

小生もここ数年棚田に嵌っています。新潟県十日町・佐渡、長崎、千葉、能登、大阪千早赤坂、色々なところを訪ねましたね~
by ローリングウエスト (2018-10-05 06:29) 

ぼの

ローリングウエストさま、
こんばんわ。
ローリングウエストさんも、棚田に嵌っておられるんですね(^^)
やはり日本の良き風景ですもんね。
私はそれほど各地の名所は巡っていなくて、専ら地元が多いのですが、
やはり、いつ、どれだけ観ても飽きません。

by ぼの (2018-10-05 22:20) 

yuko

こういう景色、良いですよね!
田舎の景色って、季節によって変わりますしね。
緑がすごく綺麗で、見てるだけで癒されました。

by yuko (2018-10-07 22:00) 

ぼの

yukoさま、
棚田、メチャクチャ好きで、毎年同じところに立ち寄っているのですが、
本当に飽きません(笑)。
まさしく、日本の良き風景ですよ。
by ぼの (2018-10-07 23:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。