So-net無料ブログ作成

2018.08.08 青い空と雲海、そして可憐な花々に囲まれた最高の山歩き。白山周回登山 (其の一;別当出合から砂防新道で黒ボコ岩まで) [山歩き]

当初の 北アルプス、常念岳から蝶ヶ岳へ小屋泊縦走という計画が、台風の接近でまさかの中止。その代替えとして候補に挙がった 白山登山。
速報!」でお伝えしましたが、山友さんのひとりが「どうしても "お花松原" のハクサンコザクラを観に白山に登りたい」との希望を受け、決定しました。天気予報では、白山方面は晴れ。全く台風の影響はない模様。ということで、私個人的に言うと初の白山登山ですが、楽しんできちゃいましょう。
今回のメンバーさんは前回の御嶽山登山のメンバー(本当はこのメンバーで常念~蝶を歩く予定でした)。

DSC_1047.JPG

しかし、地元から白山まで結構遠い(苦笑)。 高速を使っても登山口の別当出合まで3時間半は掛かります。しかも、白鳥ICから国道158号(美濃街道)が夜間は本当に真っ暗(笑)。途中サルやシカに何度も遭遇しながらもなんとか登山口までたどり着くことが出来ました(笑)。



-----------------------------------------


自宅を12時前に出る予定が、出発するまでの仮眠が爆睡になってしまい、当初の予定より40分ほど遅れて別当出合に到着。皆さん、すみませんm(__)m
さ、ちょっと遅れてしまいましたが、出発いたしましょう。

DSC_0952.JPG

別当出合登山口。まだ夜が明けない午前5時前に取り付きました。 往路は砂防新道で登ります。帰路は観光新道か時間によってはエコーラインで帰ってくる予定。

白山(はくさん)は、日本の北陸地方、白山国立公園内の石川県白山市と岐阜県大野郡白川村にまたがる標高2,702mの山で、富士山、立山と共に日本三霊山の一つとされています。日本百名山、新日本百名山、花の百名山、及び 新・花の百名山に選定されています。

DSC_0955.JPG

先ずは登山口の吊橋を渡ります。

DSC_0958.JPG

吊橋からの景観。雲海が奇麗です。

DSC_0963.JPG

まだ暗い登山道。ヘッデン点けて登ります。

DSC_0965.JPG

徐々に周りは明るくなってきましたが、樹林帯の登山道はまだ薄暗い…

DSC_0967.JPG

砂防ダムが見えます。この砂防新道は砂防ダム沿いを登っていくルートのため付けられた名前なんですね。

DSC_0969.JPG

最初の休憩地点、中飯場に到着。ちょっと一息いれます。

DSC_0971.JPG

ここから傾斜が一気にきつくなっていきます。そして登山道は石の階段(笑)。石段、足に来るんですよね~(苦笑)。

DSC_0973.JPG

DSC_0974.JPG

DSC_0975.JPG

DSC_0978.JPG

この辺りからキリンソウやセンジュガンピなど、可憐なお花が目立つようになってきましたよ。白山登山の醍醐味は、森林限界突破してからの美しい景観だけでなく、様々な高山植物の宝庫でもあります。所々に咲いている可憐な花々を愛でながら歩ける山でもあるのです。

DSC_0976.JPG

さぁ、夜が明けてきました。漸く山の空も明るくなってきましたよ。いい天気になりそうです。

DSC_0982.JPG

陽が昇る! 今日は山の下からのご来光です(笑)。

DSC_0981.JPG

樹林帯の登山道にも朝日が当たってきました。いい感じです。この朝陽が当たる瞬間が好きですね。

DSC_0983.JPG

DSC_0984.JPG

DSC_0985.JPG

DSC_0986.JPG

黄色が美しいミヤマキンポウゲなど、登山道沿いに咲くお花も輝きだします。

DSC_0987.JPG

山の稜線にも陽が射してきましたね。気持ちのいい朝です。

DSC_0988.JPG

取り付いて約2時間。丁度中間点に位置する甚之助避難小屋に到着しました。

DSC_0989.JPG

避難小屋の前のテラスで休憩&朝ごはん(笑)。もうお腹ペコペコです。この避難小屋は結構立派な佇まい。平成23年に建て直されたようです。水道は付いているし、トイレも水洗で綺麗。ここで夜宴会もできますよ(笑)。

DSC_0990.JPG

甚之助避難小屋前のテラスからの眺望。雲海が素晴らしい。

DSC_0991.JPG

ただただ、雲海と絶景に見惚れる…

DSC_0993.JPG

別山が朝日に輝いて鮮やか!
ん~、いい気持ですねぇ。こんなテラスでまったりとしていたいですが、そうもしていられません(笑)。そろそろ出発しましょう。

DSC_0994.JPG

避難小屋を出発。再び石段の登山道を登っていきます。

DSC_0992.JPG

木々の葉っぱも段々と赤く染まってきていますね。もう秋の足音が近づいてきているようです。

DSC_0995.JPG

森林限界を抜けましたか。樹木が低くなり、素晴らしい眺望が目の当たりに。

DSC_1005.JPG

登山道の脇には可憐なお花が沢山。流石「花の百名山」と呼ばれるだけありますね。

DSC_0996.JPG

DSC_0997.JPG

DSC_0998.JPG

DSC_0999.JPG

DSC_1000.JPG

DSC_1002.JPG

DSC_1006.JPG

DSC_1009.JPG

DSC_1012.JPG

DSC_1025.JPG

クルマユリ、キヌガサソウ、ミヤマキンポウゲ、シモツキソウ、ハクサンフウロなど、所狭しと咲き誇ります。これは全然前に進めませんね(笑)。

DSC_1001.JPG

陽の光で登山道も輝きだします。

DSC_1010.JPG

そして振り向くと、素晴らしい景観が。あの稜線は観光新道のほうですね。

DSC_1011.JPG

別山が素晴らしい。

DSC_1013.JPG

上のほうに目をやれば、山の緑と空の青。その境界がくっきり。

DSC_1021.JPG

そして空を仰ぐニッコウキスゲ。

DSC_1029.JPG

稜線に上がるまで、あとちょっと…かな? あの稜線に上がります。

DSC_1026.JPG

さぁ、ここからまたグッと傾斜がきつくなります。

DSC_1033.JPG

再び振り向くと、いままで歩いてきた道を見下ろすことが出来ました。

DSC_1035.JPG

お花畑の中、急斜面を綴ら折れながら登っていきます。

DSC_1037.JPG

今日は平日にもかかわらず登山者が多いですね。まぁ、考えてみればこの白山以外の高い山は、ほとんどが台風の影響で悪天。自分たちもそうですが、天気の良いここに集中してやって来ますよね、やっぱり(笑)。

DSC_1038.JPG

白山名物「延命水」に到着。これを呑むと10年は長生きする?…らしいです(笑)

DSC_1040.JPG

ということで私も戴きました。これで私も長寿…かな?(笑)。

DSC_1041.JPG

振り向いてみると素晴らしい眺望。うっとりしてしまうような絶景です。しかし、ここから "黒ボコ岩" まで再び一気に急登を登っていく形になるのです。ここが正念場。

DSC_1043.JPG

"黒ボコ岩" までの急登はちょっとしんどいかも(笑)。ですが、気持ちのいい眺望とお花畑の中を登っていくため、辛さを感じさせません。

DSC_1046.JPG

"黒ボコ岩" が見えてきました。あとちょっとです。

DSC_1048.JPG

漸く登り切り、黒ボコ岩に到着。ここで再び休憩とします。

DSC_1051.JPG

岩に到着してすぐさま振り返ってみる。

DSC_1049.JPG

黒ボコ岩の先端から見る絶景! 素晴らしい!の一言に尽きます。

DSC_1054.JPG

DSC_1055.JPG

岩から見下ろすこの風景。今日も雲海が素晴らしい。まるで絨毯を敷き詰めたような感じです。

DSC_1056.JPG

黒ボコ岩のてっぺんによじ登ってみました。まずは女子から。

DSC_1058.JPG

ここでタイタニックの図(笑)…というよりダイブしようとしている人を必死で止めている人にしか見えないっす(爆)。「お客さん、それ以上前へは!…」(笑)

DSC_1060-8.JPG

そしてその次はオッサンズ(笑)。ウェアは今日全員がお揃いで着てきた「乗鞍Tシャツ」(笑)。岩に登って「来た 見た 登った」の背文字はまさにこの岩のこと?(笑)。

DSC_1060-6.JPG

なにしてるの?(爆)

皆、年甲斐もなくはしゃいでしまいましたね(笑)。でも楽しかった(^^)。
さぁ、ゆっくり休憩しました。出発しましょう。次はいよいよ室堂へ向かいます。

DSC_1060-9.JPG


お楽しみの室堂から先の山行記は、次回第二幕でお伝えしたいと思います。本日はここまで。
次回をお楽しみに。

※第二幕への記事はコチラ

-----------------------------------------


hakusan.jpg


--本日の山行ルート(別当出合から黒ボコ岩)--
04:40 別当出合 発
05:33 中飯場
06:19 別当覗
06:50 甚之助避難小屋 (朝食タイム)
07:16 甚之助避難小屋 発
07:37 南竜分岐
08:49 黒ボコ岩 着

--関連サイトLink--
白山ベストガイド 
白山国立公園 見どころガイド (環境省) 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ








nice!(7)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

nice! 7

コメント 5

えれぇこった2号

ぼのさん

おはようございます♪
白山はお花がいっぱいで綺麗ですよね!
一番最初の吊り橋は、真冬は板がはずされるそうです。
旦那がスノボーで何度か板の無い中渡ったらしい(^^;;

延命水は何度も何度も飲んだので旦那は多分200歳くらいまで寿命を延ばしたのでは(^^;;
私は80位で充分なんだけどな。。。

黒ボコ岩の写真面白い(#^.^#)
御嶽に一緒に登られた方達と今回も一緒だったんですね!!
お揃いのTシャツが良いですね^_−☆

白山も何度でも登りたい、ご来光を見たいお山です♪

ぼのさんと私って、多分同級生かな?
by えれぇこった2号 (2018-09-08 09:08) 

ローリングウエスト

北アルプス(常念岳から蝶ヶ岳縦走)が台風で中止でしたか!最近の夏はこのようなことが当たり前になりそうですね。白山は20年前に家族3人で登ったことが懐かしいです。
by ローリングウエスト (2018-09-08 21:26) 

ぼの

えれぇこった2号・kakaさま、
こんばんわ。
え? あの吊橋板外されるのですか?
めっちゃ怖いですよね。
黒ボコ写真はもっとたくさんあるのですが、これ以上アホさをさらけ出しても…
ってことで、二枚づつにしました(笑)。

>>ぼのさんと私って、多分同級生かな?
  なんかそんな気がしますね(^^)
  私野球選手でいうところの工藤さん(元西武)、と同期。
  サッカー選手、清水の長谷川健太や堀池。
  また、先日亡くなられたさくらももこと同級生です(^_^)v。
by ぼの (2018-09-09 00:29) 

ぼの

ローリングウエストさま、
こんばんわ。
白山、いい山ですね。
ご家族で登られたんですね。羨ましいです。
私のところは全く興味ない状況なので…。

北アルプス縦走は来年また再チャレンジです。
by ぼの (2018-09-09 00:32) 

えれぇこった2号

ぼのさん

おはようございます♪
やっぱり同級生でしたね^_−☆

by えれぇこった2号 (2018-09-10 08:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。