So-net無料ブログ作成

2018.06.15 「天空の遊歩道」を歩く。飛騨の名山、位山から川上岳縦走 (前編;位山から千能三角点) [山歩き]

6/15、「 速報!」カテゴリでもご紹介した通り、下呂市と高山市に跨る飛騨の名山、位山から川上岳を縦走してきました。この縦走路は「天空の遊歩道」と称され、御嶽山や乗鞍岳、穂高岳、槍ヶ岳、笠ヶ岳、薬師岳といった北アルプスの山々や、白山など、360度の展望が得られます。
是非この眺望を目の当たりにして歩いてみたい…。予てからの想いが漸く実現されました。

DSC_0535.JPG


しかし!…。自分たちが思い描いていた美しい惚れ惚れするような景観を観ながら遊歩道を歩くといったものとは全く違う・・・天候状況もありましたが、そんな生易しいものではありませんでした(苦笑)。
とにかく計画段階から様々な問題が浮上。山行に於いても、かなりハードで長い山歩きとなりました。
計画段階から、アクセスまでは "速報!" に記してありますので、そちらをご覧いただければと思います。
この本編では、位山から川上岳のピストン縦走をじっくりとお伝えしたいと思います。

-----------------------------------------


道の駅モンデウス飛騨位山でメンバーの皆さんと待ち合わせ。本日も下呂のもう一人のお山マイスターケイジさんに同行戴いて登ります。しかし、天気がいまひとつ。雨降らなきゃいいのですが…。
皆集まったところで、ダナ平林道を車で登山道まで移動します。この林道がまた曲者(笑)。車高に低い車はまずタイヤをやられてしまうという荒れた林道なのです。平均時速15キロ位のスピードでゆ~っくり走ります。
30分程かけて漸くダナ平林道終点に到着。

DSC_0478.JPG

ここが位山の登山口になります。早速準備をしましょう。

DSC_0479.JPG

う~ん、全体が雲に覆われてしまっています。まぁ、山行中に雨が降らなきゃいいかな。

DSC_0480.JPG

位山登山口。位山周辺の登山道の案内板を見ながら、いよいよ取り付きます。

DSC_0482.JPG

水無神社奥宮の鳥居を潜って入山。

DSC_0483.JPG

いきなり現れる巨岩群。ひとつひとつに岩に名前が付けられていますね。この巨石群も位山登山のひとつの名物。

DSC_0483-1.JPG

巨石と鬱蒼と茂る木々を縫うように登っていきます。

DSC_0484.JPG

巨岩も樹木も、半端なく大きい。かなりの大きさに圧倒されます。

DSC_0486.JPG

順に巨岩を見ながら登っていきます。この岩は「日抱岩」。

DSC_0488.JPG

この岩は「光岩」。

DSC_0489.JPG

「豊雲岩」。これは他の巨岩に比べ、柔らかいイメージ。

DSC_0493.JPG

樹林帯の急登を登っていきます。集合場所の道の駅や、位山登山口では肌寒いくらいだったのに、既に汗まみれ(笑)。湿気が多く、蒸し蒸しします。

DSC_0496.JPG

本日は生憎の天気(涙)。「天空の遊歩道」という名前を持つ縦走路も眺望できるかが心配。結構靄っています。

DSC_0495.JPG

DSC_0498.JPG

登山道にはサラサドウダンが綺麗に咲いていました。

DSC_0497.JPG

急登を登りきって、位山山頂へ向かいます。

DSC_0502.JPG

天の岩戸に到着。
天岩戸(あまのいわと)とは、日本神話に登場する、岩でできた洞窟のことで、太陽神である天照大神が隠れ、世界が真っ暗になった岩戸隠れの伝説の舞台だといわれています。この "天の岩戸" は、日本各地に何か所かあるそうですが、この位山の "天の岩戸" は位山と川上岳の伝説に由来していると思われます(「速報」を参照くださいね)。

DSC_0510.JPG

天の岩戸を通過してすぐ、広場に出ます。ここは白山が見える展望地。

DSC_0511.JPG

広場からは視界が開けていて、ここから薄らとですが、しっかり白山が見えました。素晴らしい!

DSC_0512.JPG

次々とこの場に到着するメンバーさんの顔がほころびます。樹林帯が開けていきなりこの眺望です。これが晴れ渡っていたらもっと素晴らしかったんでしょうね。

DSC_0515.JPG

それでも、目の前に映る白山をじっと魅入いります。

この白山展望の広場から位山山頂は目と鼻の先。

DSC_0516-2.JPG

位山山頂に登頂。山頂は眺望無しです。

DSC_0517.JPG

早速皆で三角点タッチ。

DSC_0519.JPG

位山山銘板で記念撮影。眺望無しでも、周りの緑が美しいです。
さ、ちょっと休憩したあと、いよいよ川上岳に縦走します。

DSC_0522.JPG

ここから川上岳山頂まで約7キロ。往復でこの位置まで帰ってきて14キロ。ロングですねぇ(笑)。さ、頑張って行ってみましょう。

DSC_0523.JPG

笹の登山道を進みます。ちょっとガスが架かってきてしまいました。久しぶりに「ガス会社の方」って言われちゃいそうですね(笑)。

DSC_0531.JPG

山に靄が架かってきました。が、しかし、これはこれで幻想的。

DSC_0533.JPG

まるで水墨画のような山並み。ガスった景観もいい感じですよね。

DSC_0534.JPG

一本の道が向こうの山へと続いていきます。こういった景観は好きですね。そしてここが「天空の遊歩道」。

DSC_0535.JPG

「天空の遊歩道」、笹の縦走路を歩きます。ここ、晴れていれば最高のロケーションだったかもしれませんね。本日は残念です。

DSC_0537.JPG

タニウツギも綺麗に咲いています。

DSC_0538-1.JPG

アップダウンの連続。もう既に何度か登り返しを繰り返していますが…。向こうの山に再び一本の径が見えます。

DSC_0540.JPG

また一旦下りますが、結構アップダウンが激しくなってきていますね。

DSC_0542.JPG

下りきって再び登り返す。激しい…(苦笑)。

DSC_0541.JPG

縦走路の緑がアップダウンの辛さを和ませてくれます。綺麗です。

DSC_0545.JPG

DSC_0546.JPG

縦走路から眺める飛騨の山々。晴れれば最高の眺望かも。

DSC_0548.JPG

雲と靄に架かった山々。まるで東山魁夷の絵画のよう…

DSC_0550.JPG

縦走路から御嶽山がドーン! と、薄らではありますが観ることが出来ました。

そして P1444へ。

DSC_0551.JPG

P1444、千能三角点。ここが縦走路のほぼ中間点。お疲れさま。 皆で三角点タッチです。

DSC_0549.JPG

登山口からこの千能三角点まで4.8km。川上岳山頂まであと約4km。まだまだ先は長いですね。
しかも川上岳が折り返し。今回はピストン縦走。まだまだ前半、1/4です。バテてしまわないよう、ゆっくり確実に歩いていかなければいけません。

この続きは後編:川上岳山頂でお伝えしたいと思います。ご期待ください。

※後半川上岳のブログ記事はコチラ

-----------------------------------------




--本日の山行ルート--
06:41 ダナ平林道最終点登山口 発
07:27 天ノ岩戸
07:50 位山
09:51 千能三角点 着

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ














nice!(7)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

nice! 7

コメント 9

ローリングウエスト

位山は20年ほど前に家族登山をしましたが、今はパワースポット神の山としての興味が深まっています。今度はアマテラス巨石をしっかり探訪してみたいです。
by ローリングウエスト (2018-07-07 06:23) 

えれぇこった2号

ぼのさん

おはようございます♪
台風はそちらは大丈夫ですか??
「天空の遊歩道」アップダウンの繰り返し&ロングコースでかなり体力が必要そうですね!
高島トレイルもアップダウンの繰り返しで、1日20km位を歩くのですが、なんか同じ感じかな?って。
せっかくの景色がガスで見れなくて残念(涙)
最近笹を見るとマダニを連想してしまいます!
今年は多いみたいなので気を付けて下さいね。
続きを楽しみにしてます。


by えれぇこった2号 (2018-07-07 09:00) 

ぼの

ローリングウエスト さま、
位山、巨石群素晴らしいですね。
次回は秋に紅葉を堪能しに位山のみにして
じっくりと巨石を見ながら登りたいと思います。
by ぼの (2018-07-08 00:29) 

ぼの

えれぇこった2号さま、
こんばんわ。
おかげさまで台風や雨の被害は東濃地区は大丈夫です。
今晩も、滋賀から岐阜の西濃、中濃地方や飛騨地方は
かなりひどいことになっているようです。

ところでこの位山から川上岳縦走、思っていたより手強い山行でした。
全体で16km位でしょうか。
天候が良ければもっと気楽に歩けたのでしょうが…(笑)。

高島トレイルもすごく気になります。
機会があったら、歩いてみたいですね。
by ぼの (2018-07-08 00:34) 

きりたん

天空の遊歩道って、すんごい雄大そうですね。
眺めがよすぎると、私は高所恐怖症で・・・ww
眺めがよければよいほど、道のりは険しいのでしょうね^^;
by きりたん (2018-07-08 21:19) 

yuko

すごい山道ですね!
雨のあととか足元が悪いと滑ってしまって危ないのかなぁ思いました!
けど、可愛い花や雄大な自然の景色を見てしまうと、登る苦労は消えちゃうんでしょうね!

by yuko (2018-07-12 22:29) 

yuko

すごい山道ですね!
足元が悪い日だと危ない気がしました。
けど、可愛い花や雄大な自然の景色を見たら、登る苦労は消えちゃうんでしょうね!
by yuko (2018-07-12 22:31) 

ぼの

きりたんさま、
この天空の遊歩道は、切り立ったところは殆どないので、
高所恐怖症は全く問題ないと思います(笑)。
…が、何せ道程が長い(笑)
山頂から山頂まで7キロ強あります。
その長さでバテバテになりました(笑)。
by ぼの (2018-07-13 01:38) 

ぼの

yuko さま、
この山道は多少の雨でも足場が崩れるということもなく、
結構安全に歩くことが出来ます…が、油断は禁物ですね。
綺麗に晴れ渡ったら、素晴らしい景観が眺められるんだろうなと思います。
by ぼの (2018-07-13 01:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。