So-net無料ブログ作成

2018.05.15 毎年恒例、追悼登山。「岩の殿堂」御在所岳を登る (中道~裏道~トラバース~中道) 其の一;中道ルート登攀 [山歩き]

遂に5月がやって来ました。
毎年この月は、亡き父親の追悼登山で、御在所岳に登っています。 今年はかなり予定が詰まっていて行けるかなと心配していましたが、なんとか今年も登ることが出来ました。
この月の御在所登山の経緯は「速報」をご覧いただければと。

DSC_0744.JPG


昨年も一昨年前もこの追悼登山の日は絶好の登山日和…というより暑いくらいでしたが、今年も例年に洩れず素晴らしい天気となりました。
この5月、御在所岳は新緑だけでなく、数々の山の花も綺麗に咲き、和ませてくれています。
さぁ、今年はどうでしょうか。 楽しみですね。
…追悼登山の筈なのに妙にワクワクしている私です(笑)。

尚、過去の御在所岳追悼登山はこちらをご覧ください。

2016.05.20 
2017.05.22 



-----------------------------------------


追悼登山を始めて3回目。つまり今年が三回忌だったのですが、一昨年前は中道から一ノ谷新道のルート、昨年は鎌ヶ岳を絡めて中道から武平峠へ降りて、鎌ヶ岳へ登りました。
さて、今年はどうしようと思っていたのですが、一番最初に御在所に登った中道から裏道のルートに久しぶりにしてみました。
但し、車を中道登山口近くのパーキングに停めるので、初めてですが、裏道から中道へのトラバースルートを使うことにしました。ちょっと入り口とかわかり難いところもあるようですので、迷わないよう気を付けます。

DSC_0677.JPG

計画通り8時丁度。駐車場から中道登山道へ向かいます。今年も絶好の登山日和です。そして暑くなりそう…(笑)。

DSC_0680.JPG

今回も登りは中道登山道。このルートは何度登っても岩場が楽しい。

DSC_0681.JPG

登り出してすぐ、ロープウェイ直下に出ます。ロープウェイの中から手を振ってくる人もいますね。

DSC_0682.JPG

やはり今月はお花が綺麗。

DSC_0687.JPG

取り付いて30分程で、「おばれ石」に到着。

DSC_0688.JPG

本当、何度も何年も歩いてますが、ここの岩は半端なくデカイ(笑)。

DSC_0689.JPG

おばれ石から少し登ったところ、ここで初めて御在所岳の姿を観ることが出来ます。ここはよく写真で使われてますよね。

DSC_0690.JPG

鎌ヶ岳が綺麗です。

DSC_0691.JPG

更にもう少し登っていくと、最初の岩場の展望地へ。ここで小休止します。

DSC_0693.JPG

ロープウェイと鎌ヶ岳。山容としては鈴鹿山脈中で鎌ヶ岳が一番カッコいいですね。通称「鈴鹿の槍」って私は呼んでます(笑)。

DSC_0696.JPG

目指す御在所岳山頂を仰ぎ見ます。
さ、ひと休みしたら歩を進めましょう。

DSC_0701.JPG

次に出現するのは御在所岳のランドマークでもある、地蔵岩。 御在所って言ったらこれです! と言っても過言ではないですよね(笑)。しかし毎回登って思うのですが、どうやったらあの四角い岩があんなところに乗っかるのか…不思議です(笑)。

DSC_0703.JPG

DSC_0704.JPG

この辺りから綺麗なシロヤシオが見れるようになってきました。綺麗ですねぇ。シロヤシオと言えば鈴鹿は竜ヶ岳なのですが、御在所もしっかり観ることが出来ます。

DSC_0707.JPG

山と高原地図ではこの箇所、危険箇所として明記されている、ザレ場の痩せ尾根を通過。危険個所と言ってもよっぽど崖の淵を歩いて足を滑らせない限り滑り落ちていくことはないと思いますが、注意は必要。
このザレ場を抜けると…。

DSC_0709.JPG

6合目の名物、キレットに辿り着きます。中道最初の難所ですね。

DSC_0711.JPG

キレットを降りる前に下の方を覗いてみます。高度感はありますね。さぁ慎重に降りていきましょう。

DSC_0714.JPG

キレットを降り、更に登り返すと、7合目。岩と青い空が素晴らしい。今日も気持ちいいなぁ。

DSC_0715.JPG

岩場から望む山々が美しい。

DSC_0718.JPG

この7合目はシロヤシオが満開でした。物凄く綺麗。そして圧巻です!

DSC_0719.JPG

DSC_0724.JPG


そしてこの辺りからハルリンドウも咲きだしてきました。
DSC_0721.JPG

DSC_0723.JPG

水色が可愛いですよね。思わず歩が止まってしまう…(笑)。中々前に進めませんね(笑)。

DSC_0733.JPG

その近くにイワカガミも…。

DSC_0728.JPG

DSC_0739.JPG

岩峰をよじ登っていき、岩を登る頭上にまたシロヤシオ。

DSC_0742.JPG

青空とシロヤシオのコラボ。

DSC_0744.JPG

シロヤシオの向こうに鎌ヶ岳。いい画になりました(^^)v。中道登攀時の写真ではこれが一番かな?

DSC_0749.JPG

8合目、岩峰。なんと標高1,111mΣ(・ω・ノ)ノ!。狙ったかな?(爆)
岩峰にも美しいシロヤシオが。今年は本当、目を楽しませてくれます。岩だけじゃないですね。

DSC_0747.JPG

DSC_0756.JPG

本当に素晴らしい。今年は当たり年だそうです。そういえば竜ヶ岳に登られた方が、今年は10年ぶりに素晴らしいとおっしゃっていました。

DSC_0758.JPG

この岩峰には岩の大きなテラスがあり、見晴らしも良いので、ここでちょっとの間座って休憩です。

DSC_0759.JPG

眼下の山並みが素晴らしい。これだけ大きいテラスだと本当に寛げますね。今日はソロ登山なので、時間に縛られません。心置きなく自分のしたいことし放題ですね(笑)。

DSC_0761.JPG


さぁ、最後の急登を登りきり、いよいよ富士見岩へ。

DSC_0763.JPG

今日は遠くまでよく眺望できます。眼下の湯の山温泉もクッキリ。

DSC_0765.JPG

中道ルート終点から、山上公園へこれから向かいます。この道は冬のシーズンは樹氷ロードとなります。雪の御在所はまだ登ったことがないので、次回は是非登ってみたいと思います。

DSC_0766.JPG

山上公園。意外に今回初めて目に付いた石仏。なんか怒こったような表情してません?(笑)。
さぁ、これからゴンドラに沿って御在所岳山頂へ向かいます。

DSC_0767.JPG

石楠花が綺麗でした。

DSC_0768.JPG

DSC_0769.JPG

山頂へ向かうなだらかな道にも水色した可憐なハルリンドウが群生していました。綺麗でしたよ♬

DSC_0771.JPG

振り返っての山々。「親父、今年も登ってきたよ」

DSC_0775.JPG

丘を登りきると、急に出現する一等三角点。さぁ、御在所山頂に登ってきましたよ。 しかし 本当にここの三角点はデカイですね。
この三角点周辺は初めて登ってきた人たちからすると、ロープウェイに乗ってきた人たちと登山者が入り乱れる光景に吃驚するでしょうね(笑)。
今日も三角点前で記念撮影する観光客が多く、記念自撮りは撮れませんでした(苦笑)。

DSC_0780.JPG


DSC_0778.JPG

ここからの眺望も素晴らしい。
でも、もっと素晴らしい眺望スポットが御在所岳にはあるんです。そこは御在所岳最高点なのですが、本当に素晴らしい眺望ができるとっておきのスポット。
では、そちらの方に行ってみましょうか。

その眺望は第二幕まで取っておきましょうか。今回はこの辺りで、次回に繋げます。
第二幕をご期待くださいまし。

※ 第二幕の記事はコチラ

-----------------------------------------




--本日の山行ルート--

08:33 御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所前)発
08:39 中道登山口
09:04 おばれ石
09:36 地蔵岩
09:42 キレット
10:45 8合目 岩峰
10:53富士見岩10:54
10:56第一ケルン 裏道登山道九合目
11:13御在所山 一等三角点 着

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ










nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 2

えれぇこった2号

ぼのさん

こんばんわ♪
シロヤシオって言えば、竜ヶ岳ってイメージでしたけど
御在所岳もシロヤシオが綺麗ですね!
ハルリンドウもめっちゃ可愛いし♪
中道ルート、岩場あり、変わった岩ありで大好きです。
裏道から中道へのトラバースルートは一度しかあるいたことありません。
裏道から降りて、道路を歩いた方が早い??って思ったんですが。。(^^;;
by えれぇこった2号 (2018-06-10 20:41) 

ぼの

えれぇこった2号さま、
私もシロヤシオ=竜でした。
しかしここ近年、御在所のシロヤシオがメチャ綺麗なんです。
しかも間近で観ることが出来る…。
こんな素敵なことはありませんね。

トラバースルート、初めて歩いたのですが、
やはり一般道を歩くと早いのは早いのですが、どうも舗装に萎えてしまうのです(笑)。
このルートは後編で詳しくお伝えしますね。
by ぼの (2018-06-10 23:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。