So-net無料ブログ作成

2017.11.30 山燃ゆる秋! 最後の紅葉を満喫。美濃市 誕生山・天王山縦走 [山歩き]

今年最後の紅葉を満喫した山登りを愉しむべく、久しぶりの木曜登山会で、美濃市の誕生山と天王山へ登ってきました。
この秋終盤にまだ紅葉が楽しめて、下山後のちょっとした観光もできるという場所を考えてみると、やはり美濃市の誕生山と天王山周辺しかない!と、企画が持ち上がった時に構想は既に出来上がっていました。
まずロケーション。天王山の麓には "もみじの名所" である「大矢田神社」があり、登山も二つの山を縦走できる。そして山頂からの眺めも低山ながら素晴らしいということ。
そしてなにより、登山後の観光(最近ちょっとハマりつつありますね^^)ができるということ。直ぐ近くに美濃市の古い町並み「うだつの上がる町並み」があるのです。
紅葉を堪能しながら山登りが出来、そのうえ、町並み散策もできる。一石二鳥じゃないですか!
ということで、秋の木曜登山会は「誕生山・天王山縦走」に決定!

DSC_0515.JPG


ルートは車二台を使って、先ず下山口である天王山麓の大矢田神社駐車場に一台をデポ。その後登山口である誕生山に向かいます。誕生山登山口はJAのライスセンターの駐車場をお借りします。そこから登山を楽しみ、天王山から下山した後は、デポしておいた車で再び登山口へ戻るという計画。
実は以前EYK薮山隊長と正規ルートは山頂から山頂の縦走路のみで、取り付きと下山を独自ルートにし、一度登っています(当時のブログ記事はコチラ⇒)。その時は自転車を使いましたが、一度登っているので、主だったところは把握しています。
今回は紅葉を楽しみながらの縦走。楽しくなりそうだ(*^^)!

DSC_0464.JPG
-----------------------------------------


美濃ICから県道94号線を西へ。東端交差点(大矢田神社道標あり)を北へ向かうと大矢田神社です。
先ずここに一台をデポ。ここが本日の終着点。

DSC_0424.JPG

大矢田神社も終盤とはいえ、まだまだ赤い紅葉が綺麗ですね。

DSC_0426.JPG

DSC_0431.JPG

苔生した常夜燈に落葉が…。風情があっていいですね。

DSC_0432.JPG

大矢田神社の素晴らしい山門に萌え(笑)。

ここでまったりしたいところですが、本日は登山(笑)。メンバーが揃ったところで、誕生山のほうへ移動しましょう。本日のメンバーは、イバッチさんとヒロさん、そして私の3人。
車で誕生山登山口のJAめぐみのライスセンターへ向かいます。
誕生山の登山口近辺には駐車場がなく、殆どの登山者はこのJAに車を停め、登るそうなのですが、流石に無断で置いておくなんてことは良心が咎めます(苦笑)。一応ひとことお伺いを立てに工場内に出向きます。
JAの方は快く承諾してくれ、スペースをお借りしました。ありがとうございます。

DSC_0436.JPG

DSC_0437.JPG

JAの脇にある林道終着点が誕生山の登山口。さ、準備をして縦走登山スタートしましょ。

DSC_0439.JPG

先ず第一目標の誕生山に取り付きます。登山ルートはふたつ。谷筋を歩くルートと、尾根道を登っていくルート。谷筋を行くと、「おみたらし」というのがあるらしく、そちらを見てみたいとのことで、谷筋ルートを選択します。
暫く歩いていくと、赤い実の生った植物が目を引きます。イバッチさんによると、「冬イチゴ」だとか。食べれるそうなので、一粒口に入れてみました。これがまた美味しいんです。なんでも沢山獲ってジャムにする人もいるんだとか。

DSC_0444.JPG

DSC_0440.JPG

この冬イチゴが登山道脇の至る所にありました。

歩を進めていきましょう。

DSC_0441.JPG

鬱蒼とした樹林帯を歩いていきます。緑の木々の間に黄色くなった葉が美しく繁ります。

DSC_0443.JPG

苔生した岩の上に石仏が。ここは神社拝登の参道でもあるとのこと。
尚、誕生山の名前の由来ですが、"天若彦命(アメノワカヒコノミコト)"と"下照姫命(シタテルヒメノミコト)" との間に生まれた "御手洗比売命(ミタラシヒメニミコト)" 生誕の地だからという説が有力だそうです。

DSC_0446.JPG

登山道沿いに咲くお花や冬イチゴなどを観察しながらゆっくり登っていきます。

DSC_0445.JPG

樹林帯の中、この辺りも色変わりしている木々が。

DSC_0449.JPG

ほどなく「おみたらし」に到着。誕生山の中腹に山から湧き出る清水があり、ここは誕生神社の登拝の道の傍らにあって、参拝者の「手水所」であり修行者の禊所でもあったそうです。

DSC_0450.JPG

「おみたらし」前でちょこっと休憩。(ランドネ風?--笑)

谷筋ルートを登っていき、間もなく尾根ルートと合流。ここから尾根道を登っていきます。少々傾斜がきつくなってきました。

DSC_0455.JPG

DSC_0456.JPG

標高を上げ、展望のいいところへ出ました。紅葉が綺麗です。

DSC_0457.JPG

山の合間から麓の町並みも見えてきましたね。今日は天気はあいにくの空模様。遠い眺望は期待できそうにありませんが、そのなかで、こうやって遠く町並みが見えると嬉しくなりますね。

DSC_0462.JPG

DSC_0464.JPG

登山道沿道にも綺麗な紅葉。

DSC_0465.JPG

そしていよいよ誕生山山頂へアタックです。誕生山山頂へ向かう急登は最近手摺が付けられたようですね。これがあると結構助かります(笑)。

DSC_0467.JPG

最後の急登を登りきると、誕生山山頂へ到着です。

DSC_0468-1.JPG

おぉ! 相変わらずの抜群の眺望です。

DSC_0469.JPG

まず最初の三角点タッチ。

DSC_0472.JPG

山頂からの眺めは最高ですね。山頂鉄塔脇に丁度いい感じにテラスが作られていてまったりと眺望を楽しめるようになっています。前回はここで隊長と酒盛りしたっけ(笑)。今日は運転手なので、それは出来ません。じっと我慢です(笑)。

DSC_0477.JPG

山頂テラスでまったりと。曇り空でしたが、なんと丁度良い具合に日差しが出てきました。日頃の行いがいいとこういう時に晴れてきてくれるんですよね(笑)。

DSC_0480.JPG

さ、まったりと休憩した後は、いよいよ天王山に縦走です。

DSC_0481.JPG

この縦走路がまた凄くいい感じに紅葉しているんです。その美しい紅葉を堪能しながらの山歩き。自然に顔がほころびますね。

DSC_0487.JPG

DSC_0488.JPG

緑と黄色のコントラストが絶妙♬。皆の笑顔を見ると、ここを選択してよかったなぁ…とつくづく思います。

DSC_0488-1.JPG

天王山への縦走路は何度かピークを登り返すルート。一旦誕生山から下ります。

DSC_0491.JPG

一旦下り、縦走路の最低鞍部まで降りると、石仏が。石仏の前に縦走路を横切るように踏み跡の薄い道が交差しています。旧街道の名残?

DSC_0493.JPG

そこからまたきつい急登(笑)。登り返しです。一気にピークへと登っていきます。

DSC_0494.JPG

縦走路を阻むかのようにぐにゃりと曲がりながら伸びる樹木。珍しいので、カメラに収めました(笑)。

DSC_0498-1.JPG

カサカサと音を立てながら落葉の敷き詰められた縦走路を歩いていきます。いい気持ですね。

DSC_0499.JPG

やっぱり秋の登山は楽しいね♪(^^)v。ついつい笑みがこぼれます。

二つ目のピーク、鉄塔下でランチタイム。

DSC_0502.JPG

DSC_0500.JPG

DSC_0501.JPG

山の紅葉に乾杯! 


ランチ後、再び天王山に向かうべく、歩を進めます。

DSC_0506.JPG

この辺り、真っ赤! 


DSC_0511.JPG

DSC_0507.JPG

美しい山の彩に見惚れる…。 


DSC_0515.JPG

まさしく "山燃ゆる秋" ですね。今まで越えてきた山々を振り返ります。

DSC_0521.JPG

いくつかのピークを登り返し、これが最後の急登!今日は何回登り返したかなぁ…(苦笑)。この縦走、結構堪える…(笑)。前回こんなにきつかったかなぁ…(苦笑)。

DSC_0526.JPG

天王山山頂まで、あと160m! あとひと息! 


DSC_0524.JPG

燃えるような赤い葉を眺めながら最後の登攀です。

DSC_0533.JPG

天王山登頂。お疲れ様でした。

DSC_0535.JPG

で、本日二度目の三角点タッチ。

DSC_0534.JPG

DSC_0537.JPG

山頂からの眺めは、昼前に比べると生憎の天候。ちょっと雲が厚くなってきました。本当なら能郷白山や御嶽山、北アルプスの山々も見える筈でした。残念(涙)。
でも美しい紅葉の縦走路を歩いて来れたので、満足ですよね。

DSC_0536.JPG

登頂記念に三人で一緒に撮りました。

さあ、雨が落ちてこないうちに下山しましょう。下山はこのまま天王山山頂から直滑降で下っていきます。

DSC_0541.JPG


DSC_0542.JPG

下山路は急勾配の坂道を一気に降下していきます。 紅葉に気を取られ、木の根と落葉で足を滑らさないように注意!

DSC_0543.JPG

山頂から僅か30分程で、下山口である大矢田神社が見えてきました。早い早い(笑)。

DSC_0544.JPG

無事怪我もなく、帰ってまいりました。度々の登り返しの縦走路、皆さんお疲れ様でした。

DSC_0547.JPG

大矢田神社の紅葉。綺麗です。 


DSC_0548.JPG

さ、ここからはしっとりと大矢田神社の紅葉を楽しみましょう。
尚、この大矢田神社散策は前回の「紅葉2017」の記事に乗せていますので、そちらも併せてご覧いただければと思います。ブログ記事はコチラ

DSC_0551.JPG

先ず本殿で下山報告とお参り。

DSC_0554.JPG

DSC_0553.JPG

赤、黄色、緑が織りなす絶景! 天然記念物だけあって、素晴らしい。

DSC_0569.JPG

池は紅葉が湖面に映らず、逆さもみじは観れませんでした。もうちょっと晴れていれば…(涙)

DSC_0574.JPG

DSC_0579.JPG

素晴らしい山門で本日の完歩記念に一枚。ほんと、おつかれさま♬

さて、登山口まで車を取りに戻りましょう。
その後、登山後のお楽しみ観光として、和紙の町でもある美濃市の "うだつの上がる町並み" を散策。

DSC_0580.JPG

DSC_0584.JPG

DSC_0592.JPG

DSC_0610.JPG

暗くなるまで、楽しく過ごしました。この卯建の町もふたりとも初めて立ち寄ったらしく、頑張ってチョイスして良かった(*^^)v。
楽しんでいただけてなによりです。

もうこれで、今年の紅葉は観納めかな? 今年はこの登山をはじめ、定番だけでなく個人的には色々楽しめました。でも、最後のこの紅葉登山が一番楽しかったかも。いい山歩きができました。
来年もまた登りに来たいですね。

尚、この天王山と誕生山、秋が深まってから、11月の終盤まで、松茸の問題で、入山が規制されているので、もしこの時期に入山される方は、充分に情報を得て登ってくださいね。

-----------------------------------------




--本日の山行ルート--
09:51 JAめぐみのライスセンター 発
11:09 誕生山
11:48 誕生山 発
12:45 ランチタイム
13:15 出発
14:09 天王山
15:06 大矢田神社 着
15:10 大矢田神社散策
15:37 大矢田神社駐車場 着

--本日の山行データ--
場所 岐阜県美濃市極楽寺 ~ 大矢田
距離 5.7km
最大標高差 426m
平均斜度 上り:21.8% 下り:22.7%
獲得標高 上り:622m 下り:589m
日時 2017年11月30日 09:51:39 ~ 2017年11月30日 15:37:48
所要時間 5時間46分9秒
平均速度 0.9km/h

--関連サイトLink--
美濃観光協会
岐阜の旅ガイド(大矢田もみじ谷)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。