So-net無料ブログ作成

2016.12.01 "第一回 木曜登山会" まったりと紅葉ハイキング (鳩吹山~継鹿尾山縦走)  [山歩き]

漸く12月分に入ってきました(苦笑)。
12月一発目は、今年最後の紅葉ハイキング。 先日「紅葉 2016 from 東濃」 の記事でも紹介した継鹿尾山寂光院の紅葉がやはりこの辺りでは有名ということで、ならば紅葉ハイキングしちゃってみましょ、と企画してみました。
丁度寂光院のある継鹿尾山は可児側の鳩吹山から縦走できます。 紅葉を堪能しながらハイキングもいいものです。

いつもの岐阜のお山のサークルメンバー内で、平日休みの方を募り、木曜開催ということで、「木曜登山会」と銘打っての紅葉ハイキング。 そういえば、8か月前の4/1にもここ鳩吹⇒継鹿尾の縦走ハイクしてましたよねぇ(笑)。 その時は春山歩きでしたね。 めっきりホームグランド化している感もありますが…(笑)。
(※ 4/1の鳩吹⇒継鹿尾縦走の記事は"コチラ")

DSC_0706.JPG


それでは、第3252回…もとい(笑)、「第一回木曜登山会 紅葉まったりハイク」、いってみましょう♪

-----------------------------------------


いつもよりちょっと遅い朝、9時半に岐阜県側の可児市大脇にある「可児川下流域自然公園駐車場」に集合。
本日も前回同様、鳩吹山から登って、継鹿尾山に縦走。 寂光院で紅葉見物をして、犬山方面へ下山します。その後電車で車を停めている可児市側へ戻るというルート。
鳩吹山のカタクリ登山口から取り付きます。 登山口周辺もいい感じに色付いていますね。

DSC_0694.JPG


春はこの辺りはカタクリ群生地となっていて一面カタクリの花で覆われますが、秋から冬にかけてはサクッサクの落葉で覆われます。

DSC_0695.JPG

本日のメンバーはこのお方たち。 よろしくお願いいたしますm(__)m。

毎度のことながら、いきなりの急登。 生憎の曇り空ですが、前日までの予報は雨。 降らなくて良かったです。
…が、12月というのに今日は少々蒸し暑い。 いきなりの急登に皆額から吹き出す汗(笑)。

DSC_0696.JPG


登り始めて数分で、小天神休憩舎展望台に到着。 ここでひと休み。 こっから眺める景色は、本来御嶽まで綺麗に観えるのですが、今日は駄目ですね(苦笑)。 でも雲の架かり具合が結構いい感じです。

DSC_0697.JPG


さ、出発しましょ。 本当はサクッサクの落葉の登山道を…の筈でしたが、雨と湿気でグニュグニュな登山道になってしまいました(笑)。

DSC_0698.JPG


ここから再び一気に高度を上げ、あっという間に鳩吹山山頂へ登頂。 皆で記念撮影と三角点タッチ!

DSC_0702.JPG

DSC_0700.JPG


この位置から眺める景観も、今日はどんよりしていますね。

DSC_0704.JPG


さ、継鹿尾山へ向けて歩きましょ。 今回もちょっとアップダウンが楽しめる北回りルート、西山経由で。

DSC_0705.JPG


縦走から観ることができる周辺のお山もいい感じに色付いています。 秋のハイキングも気持ちいいですねぇ。

DSC_0708.JPG


こちらは登山道の両脇を覆う木々たちも秋色に染まっていい感じですね。

DSC_0711.JPG

DSC_0710.JPG


落葉絨毯の上を気持ちよく歩きます♪ 結構楽しい(笑)。

DSC_0715.JPG

DSC_0716.JPG


所々に展望スポットがあり、下の町並みや鳩吹山に沿って流れる木曽川を眺めることができます。 この辺りは坂祝(さかほぎ)の辺りか。

DSC_0717.JPG


鳩吹山の難所、北回りルートの岩場の急登を登っていきます。岩場と言っても落葉で覆われているのでわかりずらい…(笑)。 滑るから気を付けて!

DSC_0719.JPG


綺麗な赤色・・・。そして時季外れのお花も!

DSC_0718.JPG

DSC_0721.JPG


西山に到着しました。 相変わらず木々に覆われ、展望はなし。 一応三角点はありますが(笑)。

DSC_0722.JPG


このあと西山休憩舎で昼食を摂り、いよいよ継鹿尾山へ向かいます。 鳩吹山は残念ながら火を使うことは出来ません。いつもならお楽しみの焼き物ランチを楽しむところですが、今回は予め自宅で沸かしてきたお湯で、カップ麺です(涙)。

鳩吹山最後の急坂を下り、石原登山口へ。 この下りは粘土質の地面。結構滑るので注意が必要です。

DSC_0723-1.JPG


石原登山口に降り立ちました。向こう側の継鹿尾山は愛知県。 越境縦走ですね(笑)。

DSC_0725.JPG


再び粘土質の滑りやすい急登をし、登りきると、なだらかな縦走路がしばらく続きます。

DSC_0727.JPG


そして・・・
遂に登場しました。 継鹿尾山名物の直登階段! 名付けて「〇カ階段」(笑)。 これが継鹿尾山山頂まで三つもあるんです(笑)。

DSC_0729-1.JPG


この「バ〇階段」、とにかく直登、そしてやたら長い・・・(笑)。 ここは東海自然歩道にもなっているのですが、一体だれがこんな馬鹿げた階段を考え、作ったんでしょうね(苦笑)。 ま、考えてみれば、継鹿尾山から登って鳩吹山に縦走すれば、皆下り階段になって楽なんですけど、 なぜか鳩吹山からの縦走になってしまう(笑)。

DSC_0732.JPG

このクソ(失礼!)長い直登階段をひたすら登っていきます。 何故か皆無言です(笑)。

二つ目の〇カ階段を登りきって振り返ると、先ほど歩いてきた縦走路が向こうの山に観ることができます。 この景色が案外好きだったりします。

DSC_0734.JPG


さ、最後のバ〇階段を登りきりました。 継鹿尾山山頂です。

DSC_0737.JPG


三角点タッチ!

DSC_0738.JPG


そして継鹿尾山山頂から眺める犬山の景観。 右手奥に犬山城も観ることができます。 丁度この時、雲の切れ間から陽が射しこんで、いい感じに眺めることができました。
この日の最後の山からの景観…。気持ちいい~(^^)v

DSC_0739.JPG


じっくり、ゆっくりと山頂からの景観を堪能したら、下山いたしましょう。 継鹿尾山の登山口、寂光院へ向かいます。

DSC_0742.JPG


下っていくと、綺麗な紅葉が我々を出迎えてくれます。

DSC_0743.JPG


寂光院はやはり真っ赤。 もうちょっと終焉に向かっている感はありますが、非常に綺麗です。

DSC_0744.JPG

DSC_0745.JPG

DSC_0749.JPG


ここからは先日の紅葉巡りの記事と被ってしまいますが、本当に赤一色の世界でした。 もうちょっと前にしておけば、めくるめく赤の世界をもっと堪能できたかもしれませんね。

DSC_0751.JPG

DSC_0764.JPG

DSC_0753-1.JPG

DSC_0755.JPG


最後はあの信長もここから天下統一を夢見て眺めたかもしれない(?)、展望台へ。

DSC_0753-2.JPG


ここから眺める犬山の町並みや木曽川も素晴らしい。

DSC_0763.JPG

DSC_0762.JPG


展望台で、紅葉を背景に最後の記念撮影です。 皆いい顔してます。

DSC_0761.JPG


帰りがけ、佛手石で知恵と技能を授かり(?)ます。

DSC_0772.JPG


寂光院の紅葉ともそろそろお別れです。 最後は寂光院の参道の階段を下り、下山完了です。 お疲れ様でした。

DSC_0775.JPG


当初は雨予報でしたが、なんとか一日天気は持ってよかったです。 この日、この鳩吹山から継鹿尾山縦走が初めてという方もいらっしゃったので、今回はメインルートでの縦走でしたが、この山、かなりの本数のバリエーションルートがあり、何度でも登りに来れる山となっています。勿論、自分が一番最初に体験した最大の難関である鳩吹キレットもあるのですが、ここはかなり危険なルート(氷場ルート)ですので、余り推奨できませんが、今後色んなバリルートを順に攻略していくのもいいですね。

DSC_0773.JPG


帰りはまったりと名鉄電車で、可児側の登山口である大脇まで揺られて帰ります。
本当まったりして楽しい紅葉ハイキングでしたね。 ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。
また「木曜登山会」開催できるといいですね。

-----------------------------------------




--本日の山行ルート--
10:03 カタクリ登山口
10:57 鳩吹山
11:05 北回りルート分岐
12:24 西山
12:44 西山休憩舎~ランチタイム
14:14 石原登山口
15:09 継鹿尾山
15:38継鹿尾山寂光院本堂
16:03寂光院山門

--本日の山行データ--
場所 岐阜県可児市土田 ~ 愛知県犬山市大字継鹿尾
距離 8km
最大標高差 284m
平均斜度 上り:14.4% 下り:13.5%
獲得標高 上り:553m 下り:498m
日時 2016年12月1日 09:54:01 ~ 2016年12月1日 16:03:08
所要時間 6時間9分7秒
平均速度 1.2km/h


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ








nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

tsun

ぼのさんのニヤケ顔、いや笑顔が最高です。
by tsun (2016-12-20 10:12) 

ぼの

tsunさま、
最近このパターン多いんですよ。
平日登山の女子力高いっす(笑)。
by ぼの (2016-12-24 01:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。