So-net無料ブログ作成

2016.07.20~21 今年初のテント泊登山は、南八ヶ岳・編笠山と権現岳 (後編 : 二日目、権現岳登頂から下山 ・ 其の二 下山) [山歩き]

今年初のテント泊登山、南八ヶ岳は編笠山と権現岳。 二日目は権現岳登山。 朝起きた時点では雨交じり、そして一面のどんよりした雲が立ち込める状態で、一時はどうなるかと思いましたが、山頂に近づくにつれ、晴れ間が出て、登頂の瞬間は絶好の見晴らしを味わうことができました。
これも日頃の行いのおかげ?(笑)。  最高の眺望を体験しました(^^♪
今回、後編其の二は、権現岳からの下山の模様をお伝えいたします。

DSC_0574.JPG


※前回のブログ記事はコチラ


-----------------------------------------


権現岳からの最高な眺望を暫く堪能しました。 さて、下山いたしましょう。
ここで、前回権現岳の説明を加えていなかったので、ここで少々付け加えてみようかと思います。

権現岳(ごんげんだけ)は、八ヶ岳連峰の南部に位置する山で、八ヶ岳中信高原国定公園に属します。標高2,715 mの山で、江戸時代末期までは長野県富士見地域では「薬師ヶ嶽」とも呼ばれていたそうです。
権現岳の山頂には祠が鎮座する岩塔があり、かつては桧峰神社、または八ヶ岳権現と呼ばれており、山岳宗教の場であったことを物語っています。
第56代清和天皇の貞観(じようがん)10年(868年)9月17日、甲斐檜峰の神は従五位下を授かった、と『日本三代実録』にあり、権現岳は蓼科山とともに聖なる山として国家的に認められていたようです。

DSC_0580.JPG


位置的には長野県諏訪郡富士見町と山梨県北巨摩郡大泉村(現・北杜市)とに接しており、自身より高い山がないため、山頂からは赤石山脈(南アルプス)を見渡すことができ、とりわけ天狗尾根の怪岩峰を従えた赤岳の容姿が魅力的に眺望できます。

山頂の岩稜から下ってくると、赤岳への縦走路を望むことができます。 本日は渡ることができませんが、いつかはこの縦走路を使い、赤岳へも登ってみたいですね。

DSC_0581.JPG


岩稜帯を降り、権現山荘の前を横切り、二つのギボシを登り返していきます。

DSC_0582.JPG


東ギボシの脇から西ギボシの頂を見てみます。東が岩稜の山に対し、西は緑に包まれているんですね。

DSC_0583.JPG


東ギボシの岩稜帯にもお花が…

DSC_0585.JPG


往きには観ることが出来なかったルンゼとその向こうの景観も帰りにはしっかり観ることができました。

DSC_0587.JPG


東ギボシと西ギボシの鞍部から権現岳山頂を望みます。

DSC_0589.JPG


そして、ノロシ場からの眺望。 ここからの眺望が一番いいですね。

DSC_0592.JPG


樹林帯に入る前に目の前にド~ン!と 見える編笠山の容姿も美しい。

DSC_0593.JPG


最後の下り、樹林帯に入っていき、青年小屋のテン場に辿り着きました。 西岳も気にはなっているのですが、多分そこまで行く気力がもうありません(苦笑)。 まぁ、次回来たときに行くことにしましょう。

DSC_0594.JPG

DSC_0595.JPG


テン場に辿り着き、周りを見回したら、もう自分だけのテントしかありませんでした。 さて、ひと休みした後はテントを撤収しましょうかね。
テントを撤収、ザックに収納したら、お腹が空いてきました。 残っている食料がないか探したのですが、行動食程度しかなかったので、諦めて青年小屋で何か戴くことにしました。

DSC_0596.JPG


小屋で中華そばを美味しく戴きます。

DSC_0600.JPG


結局青年小屋内には入口のレストルームしか入ることができませんでした。 次回は小屋泊にしてみてもいいかな。 小屋泊にされた方の話を聞くと、ご飯がメチャクチャ美味しかったそうですので、そちらも気になります。

DSC_0597.JPG


DSC_0599.JPG


スタッフの方に挨拶をして、いよいよ下山の途に就きます。 改めて編笠山を見てみると、今日も登山者が齷齪してこの巨岩を跨ぎながら降りてきていますね(笑)。

DSC_0598.JPG


さぁ、下山いたしましょう。 編笠山に再度登ってそちら経由で下山することも考えたのですが、往路も巻き道から帰ることにしました。

DSC_0601.JPG


再び苔生した登山道を堪能しながらゆっくり歩きます。 やはり八ヶ岳の醍醐味はこの苔の原生林ですね。 まったりと静かな森の中を歩いていきます。

DSC_0602.JPG

DSC_0603.JPG

DSC_0605.JPG


たまに緑のなかにポツンと咲く白やらピンクのお花がとても綺麗で、インパクトがあり、思わずシャッターをきってしまいますね(笑)。 このお花も綺麗です。

DSC_0605.JPG


そしてこの苔生した岩。 う~ん、癒されます。

DSC_0608.JPG


この景観、苔好きには堪らないですね(笑)。 静かで気持ちのいい樹林帯です。

DSC_0609.JPG


押手川の分岐を過ぎたところで、幼稚園児の団体に遭遇しました。 皆元気に「こんにちわ」と挨拶してくれます。 しかし、こんな険しい山を地元の幼稚園では登る課外授業があるんですね。 全く凄い。引率の先生にお聞きしたところ、編笠山を登って青年小屋で一泊するそうです。感心です。

DSC_0615.JPG

DSC_0617.JPG


登山口まであと1/3位のところまできたところで、珍しく疲れが出てきたのか急にペースダウン。 ちょっと休みましょう。 このところ公私ともに忙しく、あまり睡眠とれてなかったからなのかなぁ… 脚が思うように動かせません。 水分を多めに摂って、深呼吸します。

DSC_0616.JPG


さぁ、ゴールまではもう少しです。もうひとがんばりしましょう。ゆっくりマイペースで歩いていきます。

DSC_0618.JPG


休憩スポット、雲海の案内板まで辿り着きました。

DSC_0620.JPG


案内板の上にはトンボが。 そういえば至る所でトンボが飛んでいました。 まだ夏真っ盛りなのに…。 涼しい気候だからなのでしょうか。

DSC_0622.JPG


道が平坦になってきました。 登山口まではもうすぐですね。 この辺りの樹林帯もいい雰囲気です。

DSC_0624.JPG


遂に樹林帯から抜け出せ、目の前に駐車場が見えてきました。

DSC_0625.JPG


観音平駐車場に到着です。お疲れ様でした。 なんか結構ヘロヘロ、バテバテ状態(苦笑)。 つくづく自分の運動不足を身をもって知りました。 最近登山でしか身体動かしてないもんなぁ…ちょっと反省です(苦笑)。

DSC_0627.JPG


車にザックを積み込んで、温泉に向かいます。

DSC_0628.JPG


今年初のテント泊登山でしたが、昨年より確実にハイペースで山登りをしているはずが、昨年より体力が落ちているのでしょうか。バテるようになってきました。そういえば太ってきたし(苦笑)。 ちょっと体力つくりをしないと駄目ですね(笑)。
ヨタヨタ、バテバテな山行でしたが、念願の八ヶ岳をテント泊で登れて、その点は満足度高かったです。 次は八ヶ岳は是非赤岳に登ってみたいと思います。

-----------------------------------------




--今回の山行ルート--
初日
09:29 観音平
10:22 雲海
11:11 押手川
12:47 青年小屋
テント幕営、昼食
14:49 編笠山
15:36 青年小屋着

二日目
05:50 青年小屋発
06:21 のろし場
06:55 西ギボシ
07:18 東ギボシ
07:34 権現小屋
07:35 縦走路分岐
07:46 権現岳登頂

[今回記事分]
07:56 権現岳発
08:01 権現小屋
08:11 東ギボシ
08:28 西ギボシ
08:42 のろし場
09:06 青年小屋
11:49 押手川
12:22 雲海
13:05 観音平
13:08 駐車場着

--今回の山行データ--
--初日--
場所 山梨県北杜市小淵沢町
距離 5.3km
最大標高差 960m
平均斜度 上り:22.6% 下り:23.5%
獲得標高 上り:971m 下り:141m
日時 2016年7月20日 09:23:06 ~ 2016年7月20日 15:36:31
所要時間 6時間13分25秒
平均速度 0.8km/h

--二日目--
場所 長野県諏訪郡富士見町境 ~ 山梨県北杜市小淵沢町
距離 7.4km
最大標高差 1169m
平均斜度 上り:18% 下り:21.9%
獲得標高 上り:359m 下り:1174m
日時 2016年7月21日 05:41:31 ~ 2016年7月21日 13:08:34
所要時間 7時間27分3秒
平均速度 0.9km/h


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山・キャンプ ブログランキングへ

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ





nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(1) 

nice! 3

コメント 4

tsun

拝見していて、テント泊したくなってきました。
お疲れ様でした。
by tsun (2016-08-17 10:47) 

RW

生まれてはじめて本格的な登山経験をしたのが八ケ岳でした。懐かしい~!40年前の八ケ岳・北アルプスでの若かりしし頃の写真を公開しております。ツェッペリンも・・
by RW (2016-08-20 09:38) 

ぼの

tsunさま、
ご無沙汰しています。レス遅くなってしまいました。
テント泊、この夏はあと3回は行く予定でしたが…残念ながら一連のゴタゴタですべてキャンセルでした。
来年ですね。
by ぼの (2016-09-15 01:08) 

ぼの

RWさま、
八ヶ岳、静かでいいですよねぇ。
来年は念願の赤岳に挑戦したいです。
by ぼの (2016-09-15 01:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。