So-net無料ブログ作成

2016.07.06 今年初の夏山、中央アルプスは雨の洗礼…木曽駒ケ岳 (後編:乗越浄土から千畳敷カール・下山) [山歩き]

初の夏山登山、中央アルプス木曽駒ケ岳はなんと雨の洗礼(涙)。 今回はその最終章をお伝えいたします。
なんだかんだ言って、日帰りで一番簡単な山行に前・中・後編と今回も三部作になってしまいました(苦笑)。 最近どうも長い…というか、ダラダラ感が強いような…(^^;

DSC_0405.JPG



※ 前回のブログ記事はコチラ


-----------------------------------------


宝剣山荘で雨宿りをするも、中々止まないので、諦めて下山を決め、乗越浄土へ向かいます。

DSC_0340.JPG


下山もご覧のように視界は悪く、特に下りになる為、十分注意して降りないといけません。 前を歩く方との間隔を十分取り、慎重に下山します。

DSC_0342.JPG

急勾配の八丁坂。相変わらず視界は良くありません。


DSC_0344.JPG

普通なら目の前に宝剣岳が見えるのに、今日はこんな感じ(苦笑)。 


勾配の急な八丁坂を降り、少々緩やかになってきました。午前よりは幾分見えるようになってきましたが、まだまだガスが覆っていますね。 ただ、乗越浄土であれほど叩きつけていた雨は気が付いたら止んでいました。 これはラッキーです。

DSC_0346.JPG


千畳敷カールの斜面も漸く見えだしてきましたね。 先の方をみると、一部明るくなってきているようです。 これはひょっとすると、ひょっとするかな?

DSC_0356.JPG


DSC_0355.JPG


この時間になって下から登ってくる登山者が。 時間的に大丈夫なのかなぁ。 しかも団体さんまで。

DSC_0347.JPG


登山路と散策路の分岐まで降りてきました。 ここからは登山者と観光目的の散策者が入り乱れます。 先ほど一部明るくなってきていたところが、なんと雲が切れ、そこから青空が見えてきたではありませんか! これは本当にラッキーかも!

DSC_0360.JPG

DSC_0364.JPG


と、言っているうちに、あれよあれよと晴れ間が見えてきました。 緑いっぱいの千畳敷カールも全貌がはっきりわかり出してきています。

DSC_0370.JPG


午前中全く見えなかった、ホテル千畳敷もクッキリ。 お花いっぱいの千畳敷カールが現れてきました。急速に天気は回復に向かってきています。 なに?この変わりぶりは・・・(苦笑)。 なぜか可笑しくなって、独りで笑ってしまいました。

DSC_0374.JPG

DSC_0376.JPG


千畳敷カールに降り立った途端、この天気・・・・。もう少し上で粘っていればよかったのかなぁ。 ま、結果論ですが(笑)。
下山した後、知人に話したら、「"木曽駒あるある" だねぇ。(笑)」と笑われました。 この時期の中央アルプスはよくあることのようです。 よくあること…というか、自分が木曽駒に来るときは決まって天気が悪い…(苦笑)。
"ぼの・木曽駒あるある" ですわ(笑)。
自宅から近くて比較的早く登れるアルプスということで、結構好きなのですが、相性はあまりいいとはいえませんね(苦笑)。

なんか天気も一気に好転してきました。伊那前岳方面を見上げると、美しい山容がクッキリと見えているじゃありませんか! この伊那前岳の上から千畳敷カールを見下ろすと素晴らしいのですが…。

DSC_0385.JPG


千畳敷カールの一番深部、剣ヶ池付近まで降りてきました。ここから観る千畳敷カール、伊那前岳、宝剣岳はまことに美しい。 ここで久しぶりの記念撮影。前回雪の中で撮影した場所なのですが、その時はこの案内板がほぼ頭まで埋まっていましたっけ。

DSC_0387.JPG

DSC_0388.JPG


空を見上げると、午前中の雨風は嘘のように晴れ渡っています。 全くもってもう・・・

DSC_0400.JPG


DSC_0389.JPG

伊那前岳方面 


DSC_0399.JPG

南アルプス方面、ロープウェイのケーブルが見えます


折角なので、ゆ~っくりと緑に包まれた千畳敷カールを堪能いたしましょう。

DSC_0403.JPG

DSC_0402.JPG


ホテル千畳敷前に戻り、宝剣岳を再び見上げます。 と、また雲に覆われてきてしまいました。 でもこの雲とのコラボレーションもまたアルプスっぽくていいでしょう?(笑)。

DSC_0405.JPG


晴れ間が出ているうちに写真を撮っておこうとタイマーをセットしたのですが、シャッターが切れるうちにまた雲に覆われてしまいました(笑)。

DSC_0406.JPG


今回は最後の最後まで宝剣岳には嫌われているようです(笑)。

最後にホテルの裏手から南アルプスの山容を楽しみ、木曽駒ケ岳を後にしました。

DSC_0408.JPG


2016年初の夏山、アルプス登山は生憎の天気でしたが、最後の最後で、少しだけでも山の美しさを感じることが出来ました。 まぁ、それだけでもありがたいと思わないといけませんね。
今回の山行は、午前中の荒れた天気の中では本来なら、中止、若しくは途中まで登った場合は撤退を考えなければいけませんでした。 本来なら事故に遭ってもおかしくない状況。 こんな状況なら登らないのがセオリーです。 軽率な判断であったという反省もしなければいけません。 結果、無事に戻ってきたのですが、無事に戻って来れたことに感謝し、次回からはこんな危ない(と思われる)山行はしないよう、早め早めの判断を下したいと肝に銘じました。 山は逃げないのですから。

駒ヶ根に戻ってからは定番コース、「こまくさの湯」でまったり湯に浸かり、そのあとは明治亭の「ソースかつ丼」で独り反省会をし帰途につきました。

DSC_0409-1.JPG

こまくさの湯 


DSC_0409-2.JPG

こまくさの湯の真ん前にある明治亭


DSC_0409-3.JPG

木曽駒に来たら "コレ"、「ソースかつ丼」(笑)。 これで小盛り(笑)。


-----------------------------------------




--本日の山行ルート--
08:20 スタート地点 千畳敷駅
08:30 千畳敷散策道
09:15 乗越浄土
09:22 宝剣山荘
09:38 中岳
09:47 (木曽駒ヶ岳) 頂上山荘
10:04 木曽駒ヶ岳山頂
10:28 下山開始
10:43 (木曽駒ヶ岳) 頂上山荘
10:54 中岳
11:07 天狗荘
11:12 宝剣山荘~雨宿り休憩
11:42 宝剣山荘出発
11:46 乗越浄土

--本記事の山行データ--
11:51 乗越浄土発
12:46 千畳敷駅前
12:55 ゴール地点

--本日の山行データ--
場所 長野県駒ヶ根市赤穂
距離 4km
最大標高差 369m
平均斜度 上り:24.2% 下り:21.9%
獲得標高 上り:436m  下り:438m
日時 2016年7月6日 08:36:38 ~ 2016年7月6日 12:55:34
所要時間 4時間18分56秒
平均速度 0.9km/h

ブログ村/登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ




ランドナー ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 2

RW

我々の中央アルプス縦走は檜尾避難小屋に泊まりました。テントを担いで歩くよりも身軽ですから寝袋・炊事道具だけもっての無人小屋利用は結構重宝しています。宝剣~木曽駒・空木、最後は南駒ケ岳まで歩くロングトレイル派最高でした!
(PS)マービンゲイの「ホワッツゴーインオン」を公開いたしました~。

by RW (2016-07-30 09:04) 

ぼの

RWさま、
山小屋、実はまだ一度も泊まったことないんですよ。
いずれは体験してみたいと思っているんですが…

宝剣からゴクラク平を経由して空木岳…縦走してみたいです。
by ぼの (2016-08-06 23:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。