So-net無料ブログ作成

2016.07.06 今年初の夏山、中央アルプスは雨の洗礼…木曽駒ケ岳 (中編:中岳から木曽駒山頂) [山歩き]

今回の記事は雨の木曽駒ケ岳登山、その続編をお送りいたします。
雨で視界の悪い中、千畳敷カールから乗越浄土までなんとか登り詰めたのですが、やはり乗越浄土は霧雨とガスで真っ白。おまけに強風で荒れ模様…。
風雨が少し治まった時点で下山をするつもりでしたが、山頂から戻ってきた登山者から「山頂はほぼ大丈夫」との話を聞き、まずは中岳まで向かってみることにしました。
さて、どうなることやら…。

DSC_0314.JPG


※ 前回の記事はコチラ


-----------------------------------------


宝剣山荘の裏手から中岳方面に進んでみます。 相変わらず小雨が横殴りに降っています。 視界が悪いため、道を間違えないように慎重に確認しながら登ります。

中岳に登頂。 しかし、ここも乗越浄土同様、風雨が強い。とりあえずここで小休止。

DSC_0295.JPG


反対側へ渡り、ガレ場を下ります。 ここも視界が悪いため、慎重に下っていきます。

DSC_0301.JPG

一寸先がガスって見えにくい状況


ちょっと危ないかなぁ…。数メートル先の登山者が見えません。 とにかく一歩一歩慎重に。そして確実に。
なんとか鞍部に到着。 本来なら右手にテント場が見えないといけないのに、何も見えません。 そういえば昨年夏にここでテン泊したっけ。などと思い出しながらテン場を横切りました。

DSC_0298.JPG


ここまで来たら後は木曽駒山頂へ最後の登攀…となるところですが、先に降りてきた登山者の言う、「中岳過ぎれば風雨は弱くなる」云々って? 全く見えないじゃん! こりゃやはり駄目かなぁ。と思っていたその時、風雨が弱まり、視界がはっきりとまではいきませんが良くなってきました。 明らかに山容やハイマツがくっきりと見えてきています。 良かった…。

DSC_0303.JPG


よし、これで山頂まで登攀できます。 足早に最後の登りにスパートをかけます。

DSC_0305.JPG


山頂の鳥居が見えてきました。 あと一息。

木曽駒ケ岳山頂に到着。 既に何人かの登山者が代わる代わる指標前で記念撮影をしていました。 しかしこの悪天候で、よく皆登ってきたなぁ・・と感心して、ふと、自分もその一人だということに苦笑いしてしまいました(笑)。

DSC_0306.JPG


DSC_0307.JPG


DSC_0314.JPG


木曽駒ケ岳の頂点である、三角点にタッチ。 そして近くにいた方にお願いして登頂記念の撮影をお願いしました。 写った写真のバックは真っ白で何も見えません(笑)。

DSC_0309.JPG

DSC_0312.JPG


そういえば雨が身体に当たりません。 気が付いたら雨はすっかり上がっていました。 山頂は風も穏やかです。 ちょっと安堵ですね。もうちょっと山頂を満喫してから、天候の様子を見乍ら下山しましょう。

DSC_0318.JPG


昨年この位置から見る周辺の山なみがとても綺麗だったのに、今回は見ることができませんねえ。
いつもは大勢の登山者で賑わうであろうこの山頂も今日ばかりはまばら。 本来なら "独り占め" とはしゃぐところですが、本日はそんなわけにもいかず…(苦笑)。

DSC_0323.JPG


漸く雨風もすっかり治まってきました。 以前よりハッキリ登山道も見えてきていますので、下山するとします。

DSC_0324.JPG


テン場のある山荘前を横切り、再び中岳のガレ場を登ります。 往路とは違い、ガスってはいるものの、明らかに視界は良くなってきていて、歩きやすくなっています。

DSC_0326.JPG


DSC_0327.JPG


中岳山頂付近に咲く高山植物もしっかり観れるようにもなってきました。

DSC_0333.JPG


中岳を下り、宝剣山荘へ向かいます。 向かって右手に聳える宝剣岳は残念ながら見ることはできませんでした。…当たり前ですよね(笑)。

DSC_0335.JPG


宝剣山荘の建つ、乗越浄土へ戻ると、やはりこの辺りはまだ雨が降っています。 少し雨宿りを兼ねて休憩を宝剣山荘でしようと思います。
身体を温めようと、暖かい蕎麦を注文し、戴きながら雨が上がるのを待ちます。 小屋内には同じように雨が止むのを待つ方々が10名ほど。その方々と、暫し歓談。
しかし、中々雨は上がらないですねぇ。
仕方ないので、小止みになったところで下山を試みます。

乗越浄土から千畳敷カールの素晴らしい眺望も今日は残念ながら眺めることもできませんでしたね。
この夏のうちにもう一度来ないといけなくなりましたね(笑)。
さぁ、千畳敷に戻りましょう。

DSC_0340.JPG


ところが、乗越浄土から千畳敷に戻る途中で、思いがけないサプライズに出会うことになろうとは!

続きは次回最終章でお伝えしたいと思います。 ご期待ください。

※ 今回の登攀は本来なら千畳敷カールで撤退、若しくは最初から中止するのがセオリーです。多分最もやってはいけないことを私はやってしまっているのではないかと思います。 下山後、色んな事を含めて反省していますが、私の登山の経験の中で、宜しくないひとつの記録としてこのブログに残しています。 雨の日の登攀は各人の責任において行動してくださいますよう、お願いいたします。

※ 最終章はコチラ

-----------------------------------------


--本日の山行ルート(中編:乗越浄土から木曽駒山頂)--
09:22 宝剣山荘
09:38 中岳
09:47 (木曽駒ヶ岳) 頂上山荘
10:04 木曽駒ヶ岳
10:43 (木曽駒ヶ岳) 頂上山荘
10:54 中岳
11:07 天狗荘
11:12 宝剣山荘

ブログ村/登山
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ


nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 9

コメント 4

だほん

ご無沙汰しております。
ガスが無ければすばらしい風景だったでしょうね。

私は、7月7-8日と自転車で乗鞍へ行きましたが途中から雨、岐阜県側の乗鞍スカイラインは、強風と霧で自転車は通行止め。
断念して帰って来ました。
最近、YAMAPにも投稿しています。
https://yamap.co.jp/mypage/299142
by だほん (2016-07-25 06:59) 

RW

今回は雨で残念でしたね。中央アルプスといえば木曽駒・宝剣・三の沢岳・空木岳の縦走が懐かしく思い出されました!巨大な花崗岩岩が連続し、目の前に南アルプス全山が全て俯瞰できる大感動でした。次回こそリベンジ達成できることを祈ります。
by RW (2016-07-25 07:52) 

ぼの

だほんさま、
本当にご無沙汰しています。
乗鞍、私も行きたいとは思っているんですが、まだ行けていません。
近いうちに行こうと思っていたところです。
木曽駒は、自分が行くとき、必ず天気悪いんですよ(苦笑)
たまには晴天になってほしいものです。
by ぼの (2016-07-29 00:49) 

ぼの

RWさま、
空木岳、登ってみたいんですよね。
しかし、木曽駒からだと泊まるところが難しい…。
今年の初めに計画してみたのですが、テントは木曽駒頂上小屋付近でしか幕営できないし、小屋もかなり距離がある…
考えた結果、今年は縦走は断念しました。
空木岳のみのピストンでもいいかなとは思うのですが。。。
by ぼの (2016-07-29 00:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。