So-net無料ブログ作成

2016.05.26 お花ハイキング @入笠山 (前編: 入笠山登頂) [山歩き]

「ちょっと遠いけど、入笠山行へきませんか?」
その問いかけに即答。「行きましょ♪」 と返事して、「はて、何時に家を出たらいいんだろう」。 よくよく考えてみたら、入笠山って諏訪湖を越えるやんか…。「大丈夫です。土岐市でピックアップしますので」という返事で、ほっとした私(笑)。 「で、土岐市を何時に出る?」「5時に伺います。」ということで、5時に土岐市で待ち合わせ。眠いなぁ…
なんて言ってはいけません。同行するお二方は三重県の鈴鹿からなんです(笑)。 もう旅行ですな、これは(笑)。
「そんな早く大丈夫?」と私。「大丈夫です。自分の欲望のためですから。」 ・・・なんという素晴らしいお方(笑)。
そんなこんなで、行ってきました。 入笠山。

DSC_0637.JPG


今回の登山は、ピークハントが目的ではなく、お花。 入笠山自体は8時までに林道にゲートインすれば、車で標高1,700m程まで乗り入れができるため、山頂まではあっという間です。 今回の山歩きは、そのあと、一旦下山して反対側の湿原でお花ハイキングをしようというもの。 結構気軽に歩けそう…なんて思っていたのですが、中々内容も濃く、しっかり歩いてきたハイキングとなりました。


-----------------------------------------


入笠山(にゅうかさやま)は、長野県の中西部にある赤石山脈(南アルプス)北端の標高1,955 mの山で、「南アルプス前衛の山」の一つ(南アルプス国立公園の範囲には含まれないようです)。 山頂近くまでゴンドラリフトや車道が通じているため、比較的容易に登頂することができ、山頂からはほぼ360度の大展望が広がっていて、南・中央アルプス、八ヶ岳、富士山や、遠くは北アルプスなども望めます。 周辺には大阿原湿原や入笠湿原などがあり、これらの湿原に自生する植物を楽しむこともできます。
で、今回の山歩きは後者の大阿原湿原と入笠湿原がメインとなります。

登山道としてはゴンドラ駅からではなく、沢入登山口からのルートが一般的で、道も整備が行き届いていますが、午前8時までに登山口近辺にゲートインできれば、山小屋「マナスル山荘」付近まで車で上ってこれるため前半のピークハントが楽になるということで、なんとか乗り入れ規制がかかる8時までに到着させようという考えで、土岐市集合を5時としたのです。

なんとか7時半を回ったところで、入笠山の麓まで辿り着くことができました。 乗り入れ規制に間に合いそうですね。 登山口までの山道で、息を飲む光景に遭遇。 思わず車を停め、外でその眺望を眺めました。
それは、雲海と八ヶ岳の美しい景観。

DSC_0597.JPG


車の窓から、こんな凄い景観を観ることができるなんて…。まぁ、考えてみるとこの時点で、1,500mほど登ってきているんですもんね。 しかし美しい。 天気予報では曇りから午後は崩れるということでしたが、このうえない素晴らしい天気。 思わず車から出て記念に一枚撮りました。 逆光で被写体がシルエットだけになってしまいましたが、これがまた結構いい絵になりましたね(笑)。

DSC_0604.JPG


遠くには富士山もうっすらと見ることができました。

DSC_0599.JPG


乗り入れ規制が掛かる8時までにゲートインできたので、沢入登山口から歩かなくても良くなり、気持ちも楽になったところで、マナスル山荘前に到着。 このマナスル山荘は、話によるとランチのビーフシチューが絶品と聞きます。 山小屋の主人に聞いてみると14時までに入ればオーダーを受けるとのこと。なんとか14時までに戻ってきたいですね。

DSC_0606.JPG


準備をして、いざ、入笠山山頂へ。

取り付いて間もなく、岩場コースと迂回コースと道が分かれます。 迷わず岩場コースへ(笑)。 といっても難易度は全く無く、ズンズン登っていけます(笑)。

DSC_0617.JPG


岩場の脇に綺麗な花が咲いていました。 タチツボスミレでしょうか。

DSC_0618.JPG


山頂に向かう登山道からも八ヶ岳の雄姿が眺望できます。 いいなぁ、八ヶ岳。 今年は登りに行けるかなぁ…。

DSC_0619.JPG


などと考えながら登っていたら、難なく入笠山山頂に到着です。

DSC_0624.JPG


そして、この眺望! 360度の大パノラマです。 これには圧巻!

DSC_0628.JPG

DSC_0625.JPG

DSC_0629.JPG


雲海から顔を出す山々、うっすらと富士山。 そして中央アルプスの山々まで…。 「絶景!」のひとことです。素晴らしい。 しかもこの天気。 晴れて良かったです。
予報が曇りで、午後から崩れるということで、山頂には私たち3人だけ。 全くの貸し切り状態です。 こんな360度の大パノラマを私たちで独り占めにしている贅沢!…。
3人で記念に一枚。

DSC_0634.JPG


そして恒例の三角点タッチ!

DSC_0633.JPG


あぁ、それにしても素晴らしい景観。 こんな贅沢な眺望を僅かな時間で手に入れることができるなんて…。

DSC_0638.JPG


できるならこのままここに佇んでいたい・・・。そんな気持ちになってしまう山頂です。
しかし、本日の目的はそこじゃないっ(笑)。

我々は次の目的に向かってこの山の反対側に下山しなければなりません。 名残惜しいですが、そろそろ出発しないと。
次なる目的地は、「大阿原湿原」です。 指標に従って降りていきましょう。

DSC_0639.JPG


というところで、今回はここまで。 後編に続きます。 次回は大阿原湿原からテイ沢の渓谷歩きをお伝えしたいと思います。

※続編はコチラ

-----------------------------------------


map.jpg


--関連サイトLink--
富士見パノラマリゾート
入笠山トレッキング(たびネット信州)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ



nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 13

コメント 2

tsun

いろんな意味で楽しそうで、とっても羨ましいです(笑)
by tsun (2016-06-09 12:05) 

ぼの

tsunさま、
山歩き、楽しいですよぉ(*^^)v
by ぼの (2016-06-10 00:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。