So-net無料ブログ作成

2016.05.05 誕生山、天王山(東端から西端)独自ルート大縦走+サイクリング (後編;天王山登頂~サイクリング) [山歩き+自転車]

前回の美濃市のお山、「誕生山から天王山へ大縦走」の後編です。 前半の誕生山への登攀は、長良川沿いの前野古墳近辺から尾根沿いに登り、山頂へ至りました。そして 登頂後、とっておきのランチの時間を楽しみました。
さて、この後編では、誕生山から天王山への縦走、そして自転車デポ地である白鬚神社までの下山、その後の出発点までのサイクリングの模様をお伝えいたします。

DSC_0448.JPG

さてさて、後半の波乱に富んだ怒涛の藪漕ぎ、どうなることやら…(笑)

前回の記事はコチラ



-----------------------------------------


お腹もいっぱいになり、いよいよ天王山に縦走します。 天王山までは正規の縦走路。 そして天王山へ登頂後はまたまたルートファイティングになる…予定です(笑)。

DSC_0434.JPG


さ、ランチタイムで少々長居してしまったので、急がなきゃ(笑)。 ちょっとランチで呑み過ぎたかな?(爆)。 歩きはじめは二人しておぼつかない足取り(笑)。 ちょっとの登り返しがキツく感じます(笑)。

DSC_0435.JPG


ま、縦走路は登山道がはっきりしてますので、ほぼ何も考えずに歩いても目的地の天王山山頂まで行けちゃいます。 歩いていくと鞍部に石仏発見。 石仏があるということは、この辺り街道が通っていたという証拠ですね。 石仏の前を獣道らしき筋が通っています。 この道がかつては山を越える道だったんでしょうか。

DSC_0436.JPG


そんな考えをしていると、どうなっているのか確かめてみたくなってしまいますが(遺構、石仏、旧街道、古道好きの悲しい性…笑)、今回は脱線できません(笑)。縦走をに沿って歩いていきましょう(笑)。

DSC_0437.JPG


しかし、この稜線歩きも気持ちいいですねぇ。 樹林帯の中を一本の道がすぅっと通っている…。爽やかな風が木々の隙間を抜ける…。 なんともいい気持ちです。
程なく中間地点のピーク、白山(標高483m)に到着。 ここで一息入れます。

DSC_0438.JPG


そして再び下りに入ります。 鞍部になっているところが開けていて、辺りの景観が見渡すことができました。 ここは送電線が伸びていて写真だと、ちょっと送電線が邪魔ですがいい眺望ですね。

DSC_0441.JPG


縦走路は再び登り返しになります。 この辺りが結構辛いところ。 天王山はこれを登ったところ…かと思っていました。 …が、これが所謂偽ピークというヤツ(笑)。

DSC_0444.JPG

ちょっとキツイ登り返し。これが結構急登なんです(苦笑) 


DSC_0446.JPG

登りきった! と思ったら、天王山山頂はまだまだでした(笑) 


さ、天王山山頂まであと少し。 最後の急登を登ります。

DSC_0447.JPG


そして、またまたいきなりの絶景! 天王山(標高538m)登頂です。 こちらも中々の眺望。

DSC_0448.JPG

振り返ると先ほど登ってきた誕生山が

DSC_0449.JPG

そして濃尾平野方面がしっかり見渡せます 

DSC_0453.JPG


う~ん、こちらもいい感じですね。 誕生山より山頂は広いかな。 ちょっとした小屋なんかもあり、十分ここでくつろげます。

DSC_0452.JPG

「あっちの山が誕生山。」 こうやって見てみると、我々が歩いてきた稜線がしっかりと観えますね。 その奥にはうっすらと東濃の雄、恵那山も観ることができました。
はて、そういえばここには三角点がない…と探したところ、北側にも展望スポットがあり、そちらに三角点がありました。 早速、登頂記念と三角点タッチの記念撮影(笑)。 これは欠かせませんね(笑)。

DSC_0456.JPG


DSC_0455.JPG


さて、これからが問題の下山。 ここから再び地図とコンパスが登場。 山頂に軽装で登ってきたこの山の主のようなオジサンに下山ルートと、大矢田トンネル方面へ向かう分岐の場所を教えてもらい、いよいよ下山です。

DSC_0459.JPG


まず最初のコース取りを間違えてしまい、いきなりのルートミス(笑)。 西側へ行ってしまいました。 このルートを下っていくと大矢田トンネルの向こう側へ降りてしまい、トンネル内を徒歩で潜らないといけなくなってしまいます。急いで軌道修正。
しかし間違えたおかげで、またまた絶景スポットに遭遇。 屏風岩と名付けられた岩のテラスから素晴らしい景観を目の当たりにすることができました。 でも、これって喜ぶべきなのか…(苦笑)。

DSC_0461.JPG

DSC_0462-1.JPG


屏風岩から元の位置、山頂に戻り、仕切り直しです。 大矢田神社方面に下る登山道を降り、予め教えていただいていた黄色い杭を探します。 この登山道、意外と急斜面。 これ登りにすると結構辛いかもしれませんね。 よかった下りで使って(笑)。

DSC_0464.JPG


間もなく黄色い杭を見つけ(間違っていなくて良かった…ホツ)、今度は西側へ向かいます。 この西側へ伸びる尾根もなんか踏み跡が結構しっかりついていて、意外にスイスイ歩けます。

DSC_0467.JPG


「こりゃ楽かもね」なんて話していたら、なんだかちょっとおかしいことに気づきます。 いくらなんでも西側へ行き過ぎていないか? しかも全然高度が下っていきません。 地図とコンパスを取り出し、確認してみます。 「ここがこうで、今ここでしょ」「え?ちょっと西へ来過ぎていない?」「まだトンネルの上までは来ていないよね」云々・・・。

DSC_0466.JPG

地図を取り出し、山頂からの軌跡を追います


結果、もう少し西へ尾根を歩き、頃合いを見て南に降りていくことに決定。

DSC_0474-1.JPG


DSC_0468.JPG


そろそろ南へ向かわないといけません。 このまま尾根を西へ進んでいくとえらいところまで連れていかれそうです。軌道を南へ修正。 急斜面をまた直滑降する形で降りていくことにします。
これがまた物凄い急斜面で、しかも藪…(苦笑)。 かなり斜面に気を付けながら下っていきます。

DSC_0472.JPG


すると、石垣と廃道となっている古道を発見。「おぉ、これはっ」 と二人は歓喜。 この廃道は恐らく、その昔「大矢田トンネル」が掘られていなかった頃にこの道で山を越えていたのではないかと。

DSC_0473.JPG

石垣マニアには堪らない景観です(笑)


DSC_0474.JPG


ということは、この道を辿っていけば神社前に出るのでは?と推測し、古道を辿っていくことに。
しかしいくら進んでも、一向に高度を下げてこないので、痺れを切らせ、またまた急斜面を滑降(笑)。 ここも結構な藪。 しかも途中、めちゃくちゃデカいムカデに遭遇し、ビビりながらの滑降です。 斜面で足を滑らせ、尻もちをついてしまえば、あのデカいムカデの餌食に…(苦笑)。
なんとか命カラガラ(って結構大袈裟せはありますが)藪の急斜面を下っていると少し上のほうで、車の走る音が。
これ以上藪を掻き分け進んでも仕方ないと判断し、車の音のする方向へ軌道修正。 漸く一般道へ出ることができました。

DSC_0475.JPG


場所は丁度トンネルの入り口付近。ちょっとズレましたが、ほぼ予定していた場所へ出ることができました。奇跡(笑)。
自転車をデポしておいた神社へ到着です。 下りの藪は結構時間かけちゃいましたね。 脚のスパッツをめくってみると、無数の傷跡が…(笑)。 藪の切り株で結構引っ掻いてましたね。暑いとはいえ、ハーフパンツにスパッツじゃ、藪漕ぎはダメです。 と言いながら今日はふたりして申し合わせたようにハーパン+スパッツ(笑)。 そりゃ痛いですよ(笑)。

さ、いまから出発地点まで悠々とサイクリングです。 地図上では終始下り。 歩き疲れた身体には下り坂じゃないと…(笑)。

DSC_0476.JPG


山道を下って、山の麓の集落を横切ります。 順調に、そして快適に自転車を走らせます。

DSC_0478.JPG


途中、集落から誕生山、天王山の全てを眺めることができるところがあり、自転車を停め、まじまじといましがた歩いてきた山の稜線を眺めてみました。こうして見てみると 結構な距離を縦走してきたんですね。

DSC_0483.JPG


再び自転車を走らせ、集落を抜けて長良川方面へ向かいます。 時刻はもう夕方。自転車を漕ぐ影が長くなってきていますね。

DSC_0486.JPG


一部、私の自転車のギアチェンジが故障してしまうハプニングがありましたが、なんとか出発点近くの前野古墳に到着。

DSC_0487.JPG

DSC_0489.JPG


あとは古墳前のカーブを過ぎればゴールです。 誕生山から天王山の縦走、そしてサイクリングと繋いで漸くゴールです。 お疲れ様でした。これで誕生山から天王山東端から西の端までの完全縦走は終了です。 なんだかんだで一日しっかりと遊べましたね(笑)。 山歩き 約8.5km、サイクリングが約6kmという距離。時間としては総タイム、約7時間の山行でした。 終了後のやり遂げた感は半端なかったですね。楽しかったです。

DSC_0490.JPG


※ 今回の縦走、非常に楽しかったですが、今回もまた正規ルートで歩いていない部分、所謂藪漕ぎをしたわけですが、この正規ルートではない部分を歩く場合は、危険が伴います。 道迷いによる遭難、滑落など、あらゆる災難を想定して入らないといけません。 勿論地図やコンパスを持参するのは当たり前です。 軽い気持ちで、山に入らぬよう、もし、入るということであれば、決して単独行は避け、全てにおいて自己責任の上、入山してください。
私どもは興味本位で軽はずみに入山することをお勧めしていません。

-----------------------------------------



--本日の山行ルート(後編)--
13:06 誕生山出発
14:37 天王山到着
14:59 天王山出発
16:48 ゴール地点(自転車デポ地) 白鬚神社到着

--本日の山行データ--
場所 岐阜県美濃市前野 ~ 大矢田
距離 8.4km
最大標高差 455m
平均斜度 上り:17.5% 下り:17.6%
獲得標高 上り:727m 下り:661m
日時 2016年5月5日 10:16:02 ~ 2016年5月5日 16:48:18
所要時間 6時間32分16秒
平均速度 1.2km/h

--サイクリングデータ--


場所 岐阜県美濃市大矢田 ~ 前野
距離 5.8km
最大標高差 83m
平均斜度 上り:4.4% 下り:3.8%
獲得標高 上り:70m 下り:124m
日時 2016年5月5日 16:48:56 ~ 2016年5月5日 17:23:39
所要時間 34分43秒
平均速度 10km/h

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

サイクリング ブログランキングへ



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。