So-net無料ブログ作成

2016.04.12 往きは良い良い、帰りは・・・ ここは天国かそれとも? 雨乞岳登山 (後編:コクイ谷攻略・其の一) [山歩き]

4月12日の雨乞岳登山の続編です。
前編は武平峠から取り付き、クラ谷と東雨乞岳を経由し、山頂までをレポしました。 特に尾根伝いから東雨乞岳、そして雨乞岳へ通じるクマササの一本道は絶景で、そこから眺める鎌ヶ岳や御在所岳は本当に素晴らしかったです。
さて、後編である今回の記事は復路。 通常ならピストンでそのまま来た道を折り返すプランを立てるのですが(登山のイベントならその方が安全策)、今回はループ登山に挑戦してみることに。
ルートは山頂から反対側を下り、杉峠を経由して東側の御池鉱山、そしてコクイ谷を通り、武平峠に戻るというプラン。

DSC_0678.JPG


今回の山行、実はこの "コクイ谷" が曲者でして・・・(苦笑)。 このコクイ谷は現在は廃道と化していて、雨乞岳登山口のルート案内板にもこのルートは点線になっているのです。
さてさて、どうなることやら・・・(笑)。

※ 前回の記事は "コチラ"


-----------------------------------------


美味しく、楽しい昼休憩を終え、荷物をまとめて下山の準備をします。 下山ルートは山頂から北方向に下っていき、杉峠から東の御池鉱山を経て、コクイ谷に向かいます。 実はこのコクイ谷から先は全くの未知(笑)。
ちょっぴり不安でもあり、ワクワク楽しみでもあり…。 さ、行ってみましょ。

DSC_0082.JPG


出発点から北へ向かって下っていきます。 結構な急勾配で、慌てると滑り落ちて行ってしまいそう・・・。 慎重に滑らないよう、一歩一歩下っていきます。 途中で眺める景色がやはり綺麗。 思わずうっとりしてしまいそう(笑)。 でも、この下りは、そんなことに気をとられている場合じゃありません(苦笑)。

DSC_0083.JPG


ちょっとでも気を許すと・・・大変なことになってしまうかもです。 しかも一気に標高を下げていく感じで、距離も直滑降状態が長い。 意外に悪戦苦闘です(苦笑)。

DSC_0085.JPG


漸く鞍部に辿り着きました。 鞍部であるここは "杉峠" 。 標高は1,036m。 昔、旅人が目印にした大きな杉の木があったということから名付けられた峠で、かつて茶屋があり武士、商人、旅人などが往来していたそうです。 現在ではその面影もありません。

DSC_0086.JPG

DSC_0088.JPG


ここから更に北へ進むと "佐目峠"、"イブネ""クラシ" に至ります。 そちらもかなり気になりますが、そっちへ行ってしまうと完全に滋賀側へ抜けてしまうので、帰ることができません(苦笑)。 イブネ・クラシは機会があったら行ってみるとして、今回は東側へ向かいます。

DSC_0093.JPG


ここからはまたまた自然林が生い茂る(という言葉でいいのかわかりませんが)登山道。 ちゃんとした道が付いていないので、樹木に印された赤いマークを目印に進んでいきます。 多分きっと夕暮れ時になったらわからなくなるんだろうなぁ・・・。
と、先ほどから石積みの囲いやら、石垣やらが目に付くようになってきました。

DSC_0095.JPG


何かの跡だろうか・・・。建物が建っていたような平地更地が所々にあります。 そして今まではっきりとしていなかった登山道がくっきりと、いかにも道ですというような一本のライン状にまっすぐ伸びてきています。

DSC_0098.JPG


そう、ここが "御池鉱山跡"。
この辺りはかつて鉱山になっていて、杉峠から西側には "向山鉱山"。 東側にこの "御池鉱山"、"国位鉱山"、"高晶鉱山"、"大蔵鉱山"があったそうです。 そしてこの御池鉱山付近には飯場があって、明治末期の最盛期には300人余りの工夫が働いていて、その周辺には金山神社と高晶尋常小学校があったそうです。

DSC_0099.JPG


なるほど、ここはかつて生活の場だったんですね。 しかしこんな山奥によくもまあ、入り込んで生活していたものです。 思わぬ歴史の跡を発見しましたね。 本来なら自分の嗜好上、こういった遺構はじっくり見ておきたいところなのですが、ここで時間を潰すことは出来ません(苦笑)。 先を急ぎましょう。

DSC_0101.JPG


暫く歩いていくと再び沢にぶつかります。 この沢を何度も渡りながら、コクイ谷へと向かっていきます。

DSC_0103.JPG


沢沿いに歩いていくと、段々と山が深く険しくなってきていることに気が付きました。 振り返って見てみると、沢が見事なV字になっているのがわかります。 「ん? どこかで観たような・・・」

DSC_0105.JPG

以前このようなV字谷で悪戦苦闘した覚えが・・・(苦笑)。
ま、それはさておき、この沢に沿って何度も横断しながら上流へ向かいます(下山しているのに上流へ向かうわけです)。 中にはかなり速い流れのところを飛び移れる安全な岩を見極め、飛び越えていったりもしました。 段々道が険しくなっていくのがわかります。

DSC_0107.JPG

DSC_0108.JPG


と、遂にコクイ谷の出合いに到着しました。

DSC_0109.JPG

"コクイ谷出合い" の案内板の横に注意書きが添えられています。 「道迷いにより、日没を迎え、下山できなくなるケースが多発している」そうです。 「特にコクイ谷からクラ谷の分技までで道迷いになるパターンが多い」とのこと。 そして「相当危険な個所もあるため、十分な装備と読図力のある経験者意外は入山を控えるように」と。

DSC_0110.JPG

この地図のルートの点線は、そんな意味を持っていたのですね。 そして武平峠の取り付き口には、この道は "廃道" 扱いでした。

DSC_0008.JPG

武平峠登山口の案内板


ここで作戦会議。 この案内板の注意書きにより、わかったことは "かなりの危険度" であるということ。 これを越えるにはかなりしんどいことになるかもしれません。 ここから国見峠まで迂回して御在所方面に回り、下山することも考えましたが、時間的にこちらの方が日没になってしまうかもしれません・・・。女性陣にどうするか決定権を委ねました。 すると二つ返事で、コクイ谷ルートを選択。 コクイ谷踏破に決定です。
ここからは、何があってもすべて自己責任で。 ということで、コクイ谷ルートを進むことになりました。

DSC_0111.JPG


決定したら、時間的にもぐずぐずしていられません。 早速武平峠に向けて出発です。

・・・というところで、今回はここまでということにしておいてくださいまし(苦笑)。 次回に続きます。
次回はいよいよ、コクイ谷の模様をお届けいたします。

◆怒涛の最終章の模様は"コチラ"

-----------------------------------------


amagoi.jpg


--本日の山行ルート(後編 其の一)--
12:30 雨乞岳山頂下の岩場(ランチ地点)出発
12:41 杉峠、西避難小屋
12:44 杉峠
13:08 御池鉱山旧跡
13:58 コクイ谷出合
---以降は後編・其の二へ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。