So-net無料ブログ作成

2016.02.11 石津御嶽から多度山へ… まったり縦走ハイキング [山歩き]

山仲間4人(さとやま会)で岐阜県と三重県の県境、石津御嶽から多度山へ越境縦走してきました。
2月に入って漸く雪の降った次の日、雪山歩きをしたくて三重県の藤原岳に行こうかと思っていたのですが、やはりソロだと雪山は恐いので、どうしようか悩んでいたところ、山仲間の一人から「石津御嶽から多度山への縦走」のお誘いが。 岐阜県寄りの低山ではありますが、以前から気になっていた山ですし、ここでもひょっとして雪が積もってるんじゃないかと半ば期待して参加することにいたしました。
ルートは車2台で1台を多度山の登山口にデポ。 そして石津御嶽まで車で移動し、そこから縦走して多度山へ。
下山後は車を使って石津まで戻るというもの。人数がいると、縦走は便利ですよね。 ただ、この多度山と石津御嶽は養老鉄道の沿線にあるので、ソロの場合でも電車を使えば手軽に縦走ができますよ。

DSC_0095-1.jpg


今回のメンバーは私を含め4人。 皆同じくらいの年代ですので結構楽しい(笑)。 会の名前「さとやま会」はそれぞれの名前の頭文字をとったらこうなりました(笑)。



-----------------------------------------


多度山(たどやま、たどさん)は三重県桑名市と岐阜県海津市にまたがる標高403mの山で養老山地の南端に位置します。この多度山は南山麓に古代より鎮座する式内社の "多度大社" が広く知られています。 大社創建以前は山全体を神体としていて、山中に正式な磐座(いわくら)が鎮座していたという記録が残っているそうです。 717年(霊亀3年)に、元正天皇がこの山の泉で手や顔を洗ったことにより皮膚が滑らかになり、痛いところが治ったことから、年号を養老に改めたと伝えられているそうです。
以前自転車でこの多度大社までは来ていたのですが、その後山登りを始めてからこの多度山のことは気になっていました。 今回漸く念願が叶いましたね。
この山は結構なバリエーションで登山ルートがあるのですが、今回は北側の石津御嶽からの縦走ルートである養老山地縦走路を歩きます。

集合を午前9時に養老鉄道石津駅とし、私は地元から電車で向かいます。 JR中央線から近鉄、そして養老鉄道と乗り継ぎ、現地入り。

DSC_0033.JPG


私の他3名の方は、既に石津駅で待っていてくれました。 そこから登山口まで移動。 早速登山開始です。

DSC_0034.JPG


一昨日寒波による雪の影響はあるかなと思いましたが、昨日までの寒さとはうって変わり、小春日和の様な天気で暖かく、最高のハイキング日和になりそうですね。

DSC_0034-2.jpg


登山口まで歩いていくと、山の麓に鳥居が見えてきます。この脇が登山口になります。

DSC_0035.JPG

DSC_0036.JPG


さ、いよいよ石津御嶽から多度山までの縦走開始です。 取り付きからいきなり急登。 最近、取り付きからいきなりの急登が多いです(苦笑)。 まだ体が温まってない状態からの急登はちょっとキツイですよね(苦笑)。
ただ登山道がよく整備されていて、非常に歩きやすかったです。

DSC_0039-1.jpg


植林帯の綴ら折れる登山道を登っていくと、いきなり視界が開けて最初のビューポイントが。 うん、綺麗ですねぇ。 今日は良く晴れ渡って見晴らしがいいです。

DSC_0041.JPG

DSC_0038.JPG


展望台も綺麗に整備されてて、ひと休みするには抜群の環境です。 一息でここまで登ってきたので、景色を見乍ら小休止。
その後さらに登っていくと、右に石採場が見えるザレ場に出ます。この辺りは石灰岩の採掘場が多く、その影響で、この登山道もこの場所はザレているのですが、なんか折角のいい山なのに残念ですね。 そういえば藤原岳も山の一部が削られ、無残な山肌を見せていましたが、いくら生活のため、社会のための採掘だとしても、山が可哀想でなりません。 こういう景観を目の当たりにしてしまうとちょっと萎えちゃいますね。

DSC_0043.JPG

DSC_0044.JPG

採掘場を右に眺めながら登っていくと、再び樹林帯に入っていきます。 ここからはなんと、先日降った雪がまだ残っていて、いい感じになっていました。

DSC_0045.JPG


ここから山頂付近まで残雪ハイクです。 一応念のために軽アイゼンを持参しましたが、雪はサラサラでアイゼン不要でした。

DSC_0049.JPG

DSC_0050.JPG


フカフカ、サラサラの雪の上を気分よく登っていきます。 まさか期待していなかっただけに、この雪は予想外でした。 ここで雪歩きが体験できるなんて…(笑)。

DSC_0052.JPG


雪こそ残っていますが、今日は暖かで、気持ちいい♪ 雪の中、石津御嶽 三角点に到着。 そして恒例の三角点タッチ(笑)。

DSC_0053.JPG

DSC_0054.JPG


しかし、雪の積もった山、深くは積ってないですけど、良いですねぇ。 樹林帯の緑と雪の白が上手く相まって情緒たっぷりです。

DSC_0052-1.jpg


石津御嶽登頂を記念して4人揃って写真を撮りました。 今回のハイキングは4人皆同世代。 勿論職種も違えば、生活環境もそれぞれ違いますが、同世代ということで、話題が弾む弾む(笑)。 終始笑い通しのハイキングです。

DSC_0054-1.jpg


記念写真を撮った後、今度は多度山へ向かいます。 縦走路は今登ってきた登山道に比べ比較的なだらかな道が続き、アップダウンも少ないと聞きます。 まったりとしたハイキングになりますね。

DSC_0056.JPG

DSC_0057.JPG


暫く縦走路を歩くと、左手に視界が開け、ハングライダーの空滑路が見えてきました。 周囲の草が綺麗に刈られていて、積った雪でまたいい感じになっていました。 前方は大きく開け気持ちの良い空間になっています。

DSC_0058.JPG

DSC_0060.JPG


ハングライダー広場の先端に飛び立つ台があったので、そこで眺望してみます。 眼下に広がる景観が素晴らしい! 気分最高ですね。

DSC_0062.JPG

DSC_0064.JPG

DSC_0063.JPG

DSC_0065.JPG

DSC_0067.JPG

いやぁ、この場所は素晴らしいですよ。 気分爽快になれます。おまけにこの天気。 悪い筈はありません♪

DSC_0066.JPG

眼下の濃尾平野と木曽三川が綺麗に見渡せました。 たっぷりこの景観を目に焼き付けて縦走を続けます。

所々雪解けで、ぐちゃぐちゃになっているところもありますが、大半はまだ雪の中。この辺りもサラサラで、サクサクと歩けます。

DSC_0068.JPG

DSC_0069.JPG

なだらかな雰囲気のいい道が続き、ゆったりとした気持ちで山歩きが楽しめます。

DSC_0070.JPG


気が付くとこの辺りは自然林。 植林も綺麗に整列されていて綺麗ですが、やはり自然林はいいですね。 その自然林に雪がまたよくマッチしています。

DSC_0074.JPG


DSC_0077.JPG

この痩せ尾根の雰囲気も最高です。 


ふと、急に先導が道から逸れ、藪の中に入っていきます。 何事かと思ったら、こちらに三角点があるそうなのです。 向かってみると…

DSC_0078.JPG


ありました。 三角点です。 ここは美濃松山という山で、標高は613.2m。

DSC_0079.JPG

DSC_0081.JPG


そしてここもお約束の三角点タッチ(笑)。 しかしこれは事前に良くリサーチしないと見落としますねぇ。 ありがたいです。

DSC_0080.JPG


さ、次へ進みましょう。 元来た道に戻り、縦走路を歩きだします。そろそろ雪が少なくなってきました。地面もしっかり見えるようになってきましたし。雪解けの道を進んでいくと、鉄塔が現れてきました。その鉄塔の下が広いスペースになっていたので、ここで待望のランチとしましょう。

DSC_0083-1.jpg


鉄塔の真下に出ると、視界も開けていて、眺望抜群でした。 左を観ると雪に覆われた藤原岳を望むことができます。 ここは良いですねぇ。

DSC_0084.JPG


思わず一心不乱にシャッターを切っている自分を激写されていました(笑)。

DSC_0084-1.jpg


さ、ランチタイムです。皆それぞれ持参したお昼を楽しく戴きます。 やはり皆さん、カップ麺でしたね(笑)。

DSC_0085.JPG


DSC_0085-1.jpg

先ほどもそうでしたが、ランチタイムも笑いの絶えない、楽しいひとときでした。 食後の珈琲タイムも美味しく戴き、楽しかったですね。

DSC_0086.JPG


ランチも終わり、再び山歩きに戻りましょう。 ここから、多度山へはもう少しの距離。 気が付くと雪は完全になくなっています。 事前に調べてみたのですが、多度山系には雪は積らないとのこと。 しかし、さっきまであれだけ一面の雪だったのが多度山に近づくにつれ、なくなっていくものなのでしょうか…。 ちょっと不思議ですね。

DSC_0087.JPG

多度山に入りました。 看板が多度山ハイキングコースの案内になっています。 多度山山頂まではあと一息。

DSC_0088.JPG

ちょっと気になった看板。「本当に」とは?(笑) 


DSC_0091.JPG

眼下に広がる景観を楽しみながら歩いていくと、到着いたしました。 多度山山頂(標高402.7m)です。

DSC_0093.JPG

DSC_0097.JPG


う~ん、ここもいい景色です。標高402mと決して高くはないのですが、周りの山が殆どないため、かなり遠くまでしっかりと眺めることができます。 この方向、うっすらと名古屋のツインタワーも眺望できました。

DSC_0095.JPG

をっと、忘れていました。 三角点タッチ(笑)。 忘れずにしっかりタッチ。 本日の縦走で三座め。

DSC_0094.JPG


暫く休憩しながら眺望を楽しみましょう。

DSC_0095-1.jpg


最後に多度山登頂記念として、他の登山者の方に写真を撮って戴きました。

DSC_0099.JPG

エ〇ザ〇ルならぬ、 "おぢザイル" って(笑) 


さて、そろそろ時間です。 下山いたしましょうか。 下山ルートは、多度山健脚の道を降りていきます。

DSC_0101.JPG

石津御嶽と違い、多度山は全く雪は無し。 


DSC_0102.JPG


写真は撮りませんでしたが、この健脚の道も途中から階段になっていて、中々降りにくい道です(笑)。 しかし、これを多度山側からの縦走にすると、これが一番最初(苦笑)。 いきなりこれは萎えるかもしれませんねぇ。

DSC_0104.JPG


多度山側登山口に降りてきました。 お疲れ様でした。 本当に今日は暖かく、途中汗ばむところもありましたが、本当に楽しかったです。 まったりした山歩きができました。雪も所々残っていて、プチ雪山歩きもできましたし、満足度MAXです♪(*^^)v
そしてなにより、いつもソロ山行が多い中、これだけ笑いながら歩いたのは初めてです。本当に楽しかった♬
また機会があったら "さとやま会" に呼んでくださいね。

DSC_0106.JPG



-----------------------------------------




--本日の山行データ--
場所 岐阜県海津市南濃町太田~ 三重県桑名市多度町
距離 9.6km
最大標高差 656m
平均斜度 上り:11.1% 下り:10.2%
獲得標高 上り:778m 下り:799m
日時 2016年2月11日 09:15:10 ~ 2016年2月11日 14:49:29

--本日の山行ルート--
スタート地点 石津駅 09:07
09:15 石津御嶽 駐車場
09:58 四合目展望台
10:45 石津御嶽
11:13 ハンググライダー発射場
11:50 美濃松山
12:00 鉄塔下 ランチタイム
13:06 多度峡分岐
13:36 多度山
14:05健脚コース登山口
14:26 ゴール地点 多度山側登山口


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(3) 

nice! 3

コメント 4

tsun

今は撤去されていますが、数年前までは軽自動車とスカイラインが瀬音の森コースに放置されていました。
よくぞここまで!と感心するほどでしたよ。
by tsun (2016-02-23 11:47) 

RW

三重の山はなかなか登る機会が少なかったですが、家族で登った御在所岳、そして三重の大杉谷から瀑布群の登山道を登った大台ケ原山が印象的でした。
by RW (2016-02-24 21:08) 

ぼの

tsunさま、
そっか、それで看板に "ほんとうに" って書いてあったんだ(笑)
by ぼの (2016-03-03 01:29) 

ぼの

RWさま、
御在所岳も素晴らしいですね。
今年私は山仲間と鈴鹿セブンマウンテンを踏破する企画を組みました。
頑張ってみますね。
by ぼの (2016-03-03 01:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。