So-net無料ブログ作成

2016.01.10 高社山(たかやしろやま) マニアックルート踏破!--後編-- (根本砦跡と北小木集落、五条川源流散策) [山歩き]

2016年最初の低山歩き、"高社山 マニアックルート踏破"、その後編です。
前回は、根本砦跡から五条川源流三俣を渡り、北小木の集落へ向かいました。 後編は、再び山の中へ突入。
ラスボスこと、"V字谷" を越え、源流地点を目指します。

received_964876556920396.jpeg


尚、前回の記事は "コチラ" をご覧ください。




-----------------------------------------


お昼をまったりと過ごした後、再び山方面に戻ります。 思いついた八曽山縦走は次回のお楽しみにしましょう。
再び同じ道を引き返します。 砂防ダムを越え、沢沿いに三俣まで戻ろうとしたとき、「やはり途中までとはいえ、ピストンはどうも萎えるよね」 という私の意見で、EYKさん本人も、そう思っていたらしく、どこかループできそうなところを探していたところだったようです。
再び山の中へ入っていくところの右手が尾根になっています。「ここから尾根伝いに登っていって、良いころ加減で沢に降りるっていうのはどう?」との私の提案に、即答。 意見がばっちりと合致し、その尾根を登ってみることしました。 沢から登れそうなところを探し、尾根に取り付きます(後からこの山をネットで検索してみましたが、無名でした)。

DSC_0594.JPG


またもや急登(笑)。 今日はスタートの登山口からといい、この無名峰の登り口といい、いきなりの急登が多い(笑)。 やっとの思いで登りきると、なにやら踏み跡が続いています。 こりゃ、誰かもう既にここ歩いているねぇ。それが登山者なのか、林業関連の方なのか、山の地主なのかわかりませんが、てっきり自分たちが最初だと思っていたのに…(苦笑)。 ま、道探しに苦労しなくても済むからいいけど(笑)。
そんな感じで気楽に二人して踏み跡伝いに尾根を歩きます。・・・しかし、途中からなんと踏み跡がなくなっているのです! 二人は少し焦り気味。 しかも段々藪の中に入り込んできています。 地図を観ながら、そして左側の沢方面を確認しながら藪をかき分けます。
「こっちが北だから」とコンパスを取り出し、三俣付近に降りれるようにルートを探します。

DSC_0595.JPG


と、僅かな踏み跡発見。 「こっちだったか!」と言いながらその踏み跡に沿って歩き出しますが、どうも方向が違う…様な気がします(苦笑)。 やはり自分たちが行こうとしている方向と違います。 段々と高社山から遠ざかっているのです。 「元いたところに戻ろう」と一旦踏み跡を見つけた場所に戻りました。

DSC_0599.JPG


もう一度コンパスと地図を取り出し、冷静に確認します。 地図で今居るところをおおよそで見当を付け、三俣の位置と照らします。予想だとV字谷を大きく外れて尾根を歩いてきたようです。
「こうなったら、V字谷に出れなくてもいいか。」 とにかく、この藪の中から出ないと…。

コンパスと地図を頼りにとりあえずこの尾根から降りてみることにしました。 するとこちらにも僅かながら踏み跡があるじゃないですか。 その方向へ進んでみましたが、どうやらこちらも違う。 再び戻り、コンパスの射す方向を信じて進むことにしました。 どうも北西方向へ行きたいのに北へ北へと連れられて行ってしまいます。 何かに呼ばれているんでしょうか・・・。

もう迷わず「ココ」と決めた方向を降り始めます。 この辺が、場数を踏んでいるEYKさんの感の良いところ。

DSC_0601.JPG


なんかこの藪の中を歩いていると、昔観た映画「ブレアウィッチ・プロジェクト」(詳細は←ココをクリック)を思い出します(笑)。 "ブレアの魔女" 伝説を検証するため4人の大学生が山の中に入って行方不明になってしまうフェイクドキュメント映画なのですが、今現在自分たちが遭遇しているのと同じように藪山で迷い込むシーンがありました。 ま、こんな映画の様な大胆な道迷いはないとは思いますが…(笑)。 そんな映画の話をEYKさんとしながら、尾根を降ります。

received_964876550253730.jpeg


すると・・・・・、ドンピシャ! なんと最初にこの場所に到達したかったところに一寸の狂いもなく降り立ったではありませんか! これは奇跡です! 素晴らしい! 思わず二人して笑い転げました(実際には転げまわってはないですが--笑)。 降り立って改めて周りを見まわすと、周囲が殆ど崖。 そして崖、または岩壁になっていないところが今しがた降りてきたところ。 本当にココしかない! というところに降り立つことができたのです。

DSC_0602.JPG

DSC_0603.JPG

降りてきた藪道と、その横の岩壁を見上げるEYK氏


DSC_0606.JPG


降り立った渓谷のその右手には想像も絶する岩壁が・・・。一歩間違えるとこの岩壁の上に立つことになっただけに、奇跡的に降りたつことができたことに吃驚です。 そくぞドンピシャに降りれたな、と。

received_964876556920396.jpeg


その岩壁を前にして、記念に一枚撮ってみました(笑)。 どうです? この勝ち誇ったようなふたりの表情(笑)。

DSC_0605.JPG


しかし、これからが今回の沢歩きの真骨頂。三俣のうちのひとつ、右俣にあたる沢。 我々二人の前に立ちはだかるラスボス "V字谷"です。
いかがです? 本当にVの字になってるでしょう?(笑)。 これを今から越えるのです。

DSC_0610.JPG


これをどう攻略するか…。 V字谷を目の前に、思案するEYK氏。 やはりちょっと高いところへ登って巻いて越える方が賢明のようです。 谷の左は登山者によって踏み跡が付いている為、あまり面白くありません。 踏み跡の少ない右の斜面を巻いて越えてみようというこで、右に巻いてみます。

DSC_0611.JPG


ちょっと地盤が脆かったですが、難なくV字谷を越えることに成功。これ、失敗してずり落ちてしまうと、谷の川の中にドボンと使ってしまうらしい(笑)。 このラスボスも越えれてしまった我々はやはり "持ってる" んでしょうか(笑)。

・・・と、下の方で「あぁ!」という叫び。 何事かと思い、急いで降りていくとEYKさんが谷底で、もがいているではありませんか!
なんと、V字谷の斜面から底へジャンプした時に、木の切れっ端にふくらはぎをえぐられてしまっていました。
なんというハプニング。傷口を見ると相当深く切れてしまっていますが、幸い傷口は大きくなかったので、自分の持っているエマージェンシーセットの大きな絆創膏でなんとか止血はできそうです。絆創膏を貼って止血。 その上からテーピングで固め、なんとか応急処置はできました。
「藪漕ぎからのピンポイントでの脱出とV字谷攻略で、有頂天になっちゃった」とのこと。 ちょっと不用意にジャンプしてしまったことを悔いていました。
これで歩けなかったら路頭に迷ってしまいますが、なんとか大丈夫そうです。 あと最後の行程、慎重にいきましょう。

DSC_0612.JPG


ハプニングのV字谷を後にし、ゆっくりと源流地点に向かい歩き出します。 幸いそれほど歩くことに負担がかかってないようで、私もほっと安心。 先に進みましょう。

沢伝いに歩いていくと、ケルンを発見。 ここが高社山の山頂方面に別れる出合いです。

DSC_0613.JPG


そのまま、高社山方面には行かず、沢伝いに足を運びます。この辺りに来ると、もう水は流れておらず、流れの道筋だけが一本伸びているだけです。 最近雨が降っていないので、この辺りはもう湧いていません。

received_964876503587068.jpeg


多分この辺りが源流地点じゃないかと…。 本当は最初の一滴を写真に収めたかったのですが、仕方ありませんね。 この辺で、高社山山頂を目指すことにしましょう。

DSC_0617.JPG


五条川源流地点から離れ、山の稜線伝いに登っていきます。あとは、しっかりと着いた登山道を登っていくだけです。

DSC_0620.JPG


高社山山頂に登頂。 で、恒例の "三角点タッチ"。 山頂ではありますが、眺望は全くありません(笑)。 とりあえずここでは登頂の記念に一枚撮って眺めのいい反射板のある展望台に映ることにします。

DSC_0622.JPG

received_964876516920400.jpeg

三角点タッチと登頂記念の一枚(笑) 


この写真が、反射板のある展望台からの眺望です。 本日2枚目の眺望写真(笑)。 多治見の街並みを眺めることができました。今までの中で、一番眺望が少ない山行でしたね(笑)。

DSC_0625.JPG


この反射板展望台から高社神社、根本秋葉神社跡を経て、下山となりました。 入山から5時間半。約10kmの山行でありました。
今回の山行、思いがけないハプニングこそありましたが、山あり、岩壁あり、渓谷あり、そして藪漕ぎありで中々スリリングに満ち、満足度の高いものとなりました。

機会があれば、次は怪我には充分注意しながら(笑)、この高社山と八曽山の縦走もしてみたいですね。

追記: この高社山と五条川源流散策の裏ルートは、正式な登山道ではありません。 この記事をお読みになって、興味が湧き、歩いてみようと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、かなり危険を伴う個所があります。十分注意していただき、あくまでも自己責任で入山してくださいますよう、お願いいたします。


-----------------------------------------




--本日の山行ルート(後編)--
12:10 北小木集落
13:30 無名峰尾根
13:53 五条川右俣V字谷
14:30 五条川源流地点
14:39 高社山
14:58 高社神社
15:16 ゴール地点 登山口

--本日の山行データ--
場所 高社山 (岐阜県多治見市西山町2丁目 ~ 1丁目)
距離 10.3km
最大標高差 254m
平均斜度 上り:10.8% 下り:13.2%
獲得標高 上り:566m 下り:562m
日時 2016年1月10日 09:44:57 ~ 2016年1月10日 15:16:25
所要時間 5時間31分28秒
平均速度 1.8km/h

--関連記事Link--
"迷盤な日々:2016/01/10 (Sun) 高社山裏ルート(根本砦跡/五条川源流/北小木集落)ループ"


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ



nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 2

asaasa32

大人の冒険って感じですね~!

私はいつもルートがしっかりしているところしか歩かないので、こんな山の楽しみ方もあるんだなあと楽しく拝読しました。

踏破おめでとうございます。次の冒険も楽しみにしています♪
by asaasa32 (2016-01-24 21:02) 

ぼの

asaasa32さま、

"大人の・・・" と言っていただけるととても嬉しいですが、
結構子供かも(笑)。
藪山漕ぎは、やはり単独では中々できません。
入るときは必ず、師匠のEYK氏と同行します。
(元々彼から藪漕ぎを教えてもらいました--笑)
ひとつ間違うととんでもない事態に陥ってしまうので、
スリルを味わえるともいいますが、傍から見ればたんなる無謀(笑)。

でも、この楽しさを味わっちゃうと中々やめられないんですよね(笑)。

でも、ちゃんと帰れてよかったです(爆)。
by ぼの (2016-01-25 00:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。