So-net無料ブログ作成

2015.11.07 各務原アルプス大縦走! 第三幕・最終章:向山から各務原権現山・怒涛のラストスパート! [山歩き]

漸くこの各務原アルプス大縦走も第三幕、最終章を迎えます(笑)。だらだらと綴ってしまってごめんなさいm(__)m。
第三幕の今回は、向山から国道17号線桐谷坂を渡り、権現山へ向かいます。前回までの山行で、足に痙攣を起こしてしまい、絶体絶命の窮地に追い込まれた "アーティストはんちゃん"、復活なるか! そして最後に待っていた予期せぬアクシデントがクルーを更に窮地へ追い込む! 三人の行く末は如何に!
数々の難関を乗り越え、感動のラストステージへ。汗と涙と感動(…と笑い)の巨編、遂に完結!

と、かなり大袈裟に表現してしまいましたが…(笑)。とにかく今回が最終章です(笑)。

DSC_0943.JPG


前回の山行記は "コチラ" です。




-----------------------------------------


DSC_0922.JPG


向山見晴台を後にし、向山山頂を目指します。標高312mの見晴台より少し歩いたところが "向山山頂" です。余談ですが、"向山" といと、うちの会社で向山という女性スタッフがいるのですが、どうしてもこの文字を見ると、その女性スタッフの顔が頭を過ってしまい、つい笑ってしまいます(笑)。ただ、この山は "むかいやま" ではなく、"むこうま"(笑)。

DSC_0923-1.JPG


14時20分、 "向山(標高303m)" 登頂。少々の休憩を摂って次に向かいます。ここまで約10km歩いてきました。最後の山、"各務原権現山" まであと5km。ゴールの "伊吹の滝" まで約8km。もう少しです。

DSC_0926.JPG


向山を越えると次の "芥見権現山(あくたみごんげんやま) までは一旦標高142mまで下ります。そして登山道を分断するように通っている県道17号線を横切って権現山の登山口へ続くのですが、この県道17号(桐谷坂)というのがまた厄介で、交通量が多くて横切るのがかなり難しいらしいのです。しかも山道のカーブになっているところを渡るため、中々往来が確認できないようなのですね。 …せっかく気持ちのイイ山道を歩いてきたのに・・なんて思いながら向山を下っていると、

DSC_0927.JPG


なんと、その県道へ向かう分技に立ち入り禁止の札が。しかも規制線まで張られてるし…。何事かと思い注意書きを読んでみると、この先の桐谷峠に差し掛かる木製階段が倒壊し、通れないとのこと。迂回路は反対側の斜面を下り、"ふどうの森登山口" へ出るルートとなります。

DSC_0926-1.JPG


反対側を振り返ってみると迂回路らしき踏み跡がありました。ここを下っていくのだそう…。しかもまだ新しく作られた道らしく、踏み跡がしっかりと付けられてなく、ほぼ藪漕ぎ状態?(涙)。

DSC_0927.JPG


迷っていても仕方ありません。一歩一歩確認しながら下っていきます。しかし、降りて行けばいくほど深みにはまっていくようで、ちょっと不安。雑木林の中で一時道迷いの一歩手前までになってしまいました。

DSC_0929.JPG

一瞬迷った雑木林の中


なんとか "ふどうの森登山口" へ出ることができ(ふぅ~^^;)、車の往来が激しい県道17号へ辿り着くことができました。

県道17号、桐谷坂をなんとか横断し、これからW権現山(芥見権現山・各務原権現山)に挑みます。

ここで、はんちゃんの状態を確認。もしこれ以上山歩きが無理なら、この17号を各務原市へ向かってエスケープ。大丈夫ならこのまま最後まで同行なのですが、はんちゃんは勇敢にも同行を選びました。
「偉い! 素晴らしい!」やはり並大抵の根性じゃありませんね。筋金入りですよ(*^^)v。 これが自分なら多分既にギブアップしているだろうと。やはりゴールするなら三人でゴールしたいですもんね。
もし、はんちゃんがここでギブアップするんだったら、自分たちもここで終了するつもりでいました。
ちょっと嬉しく、感動しましたね。

DSC_0931.JPG


15時丁度、権現山登山口から登山道に入り、再び雑木林の中を登っていきます。 こちらの山は、今まで歩いてきた山々とはちょっと趣が違い、薄暗くて雰囲気がじめっとしています。

DSC_0932.JPG


標高を上げていくとちょっぴり藪っぽくなってきました。枝を払いのけながら歩きます。
一旦視界が開けますが、再び木々に覆われた道へ。なんという地味な登山道…。ちょっとがっかりかな。

DSC_0935.JPG

DSC_0939.JPG


雰囲気的には恵那山の登山道っぽい感じですね。 ひたすら地味な道を黙々と登り続けています。 標高が約313mということなので、そろそろ山頂かと思いきや、まだまだ続く…。どうやらかなり巻いて登っているみたいです。 もうちょっと眺望が良ければ楽しいのですが…(苦笑)。

DSC_0940.JPG


15時50分、漸く "岐阜(芥見)権現山(標高313.62m)に登頂です。登山口から50分かかりました。かなり歩きましたねぇ。久しぶりに三角点発見! すかさず三角点にタッチです♪(笑)。

DSC_0941.JPG


DSC_0942.JPG


山頂からの眺めもなかなかのもの。曇って霞んではいるものの、周りの山々が綺麗に見ることができますね。

DSC_0943.JPG


ここで、三人で記念自撮り。よくここまで歩いてこれました。この三人の顔、やり遂げました感バリバリですよね(笑)。

DSC_0945.JPG


しかしまだあと一つ、越えなければならない山があります。各務原権現山と北山です。時間的にちょっといっぱいいっぱいになってきました。この辺で、すこし焦りはじめます。本当は遅くても4時半くらいには伊吹の滝に辿り着いていないといけない計画です。急いで次の山に行きましょう。
岐阜権現山の下りは直滑降で降りるルートと、巻き道で、斜めに降りていく道のふたとおりあるのですが、時間短縮で、直滑降でロープ伝いに降ります。ちょっとガレ場で脆く、足を踏み入れると石がゴロゴロと落ちていくような滑降でしたが、これも中々スリリングで楽しかったですね。

DSC_0948.JPG


権現山登山口(老洞峠)に降り立ちました。林道を挟んで、北山登山道に入ります。ちょっと急な登りを一気に登っていくと、北山(標高308m) に到着。

DSC_0950.JPG

16時35分、北山に登頂。この辺りは以前山火事があったそうで、山頂には木々は殆どありませんでした。ここから尾根伝いに各務原権現山へ向かいます。

DSC_0955.JPG


かなり薄暗くなってきてしまいましたが漸く各務原権現山に到着です。 東屋、祠が見えてきました。
16時43分、最後の山、各務原権現山(標高317m)登頂です。
元々は唯の "権現山" という名前だったのですが、周辺にある岐阜権現山(芥見権現山)、尾崎権現山と区別するために、各務原権現山と呼ばれるようになったということです。

DSC_0960.JPG


よく頑張りました。東屋ではんちゃんの久しぶりの雄叫びパフォーマンスが! 今回の山行、この人が一番頑張ったんじゃないかと。はんちゃん、よく頑張りました(*^^)v。

DSC_0959.JPG


本日最後の山頂で暫く休憩。 あんまりゆっくりもしていられないのですが、やっとここまで辿り着くことができたのですから少々ゆっくりしてもいいですよね。

DSC_0961-1.JPG


夕暮れの各務原市内を背景に記念撮影。

DSC_0961-2.JPG


そして三人揃ってのショットを一枚。この晴れ晴れした表情。皆いい顔してますね(^^)。

DSC_0962.JPG


さ、辺りも暗くなってきました。日没です。急いで下山しないと…

DSC_0963.JPG


権現山の鳥居を潜り、一直線に伸びた石の階段をひたすら降ります。しかし、この階段もまた修行ですねぇ。これ、伊吹の滝側から縦走するといきなりの直登になるんですね。この時点で、多分心折れてしまいますよ、これはっ。

DSC_0964.JPG


長い直降の階段を下りきるとまた尾根道が。 これが大誤算。 ここからすぐに伊吹の滝に降りれるのかと思いきや、まだまだ道は続くのです。まさかの展開。 辺りは急激に暗くなり、視界も悪くなってきます。 急いで降りるも、中々長い道のりです。北山展望台に着くころは真っ暗。かなりヤバイ状況です。

DSC_0966.JPG


真っ暗な中、携帯アプリの懐中電灯で辺りを照らしながら下る羽目になってしまいました。本当はヘッドライトを持参するつもりだったのですが、どうやら忘れてしまったようで、携帯の懐中電灯アプリがなかったらどうなっていたか…(苦笑)。
17時32分、約1kmの坂を下り、なんとか伊吹の滝へ到着。お疲れ様でした。本日のプラン、全行程を完了いたしました。

DSC_0967.JPG


山行約7時間。休憩2時間20分の合計9時間20分の大縦走でございました。
最後は各務原市内の温泉、「恵みの湯」で入浴&大反省会という名の呑み会で疲れを癒し、帰路へ着きました。皆さん、お疲れ様でございました。そしてはんちゃん。度重なるアクシデントにも負けず、鋼の様な精神で、歩き切ったあなたを褒め称えたいです。本当に良く歩かれましたね。本当にお疲れ様でした。
幾つもの藪漕ぎ、山行をしている自分たちと違い、まだまだこれで2~3回目の山行で、本当に大したものです。一緒に来てくれてありがとう。
これにめげずにまた一緒に登りに行きましょう。今度はもっと気軽に登れる楽しい山歩きにしましょうね。

追記、反省会という名の呑み会で見せてくれたはんちゃんの笑顔がとても印象的でした。 あっ、師匠。師匠もいい顔してましたよ(*^^)v
本当にありがとうございました。

-----------------------------------------




--本日の山行ルート(第三幕)と山行データ--
ルート
14:25 向山 出発
14:45 桐谷坂
15:00 権現山登山口
15:50 岐阜権現山
16:15 老洞峠
16:35 北山
16:43 各務原権現山
17:32 伊吹の滝 到着

山行データ
場所 岐阜県加茂郡坂祝町取組 ~ 各務原市蘇原北山町1丁目
距離 17km
最大標高差 338m
平均斜度 上り:13.1% 下り:14.4%
獲得標高 上り:1090m 下り:1060m
日時
2015年11月7日 08:10:23 ~ 2015年11月7日 17:32:36
所要時間 9時間22分13秒
平均速度 1.8km/h

--関連サイトLink--
"各務原温泉 恵みの湯"

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ

nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 4

はんちゃん

いやー、ご迷惑おかけしました。

辛かったけど楽しかったです。

鍛え直して出直します。

こんなにフィーチャーしていただいて

ありがとうございます(笑)
by はんちゃん (2015-11-23 07:59) 

ぼの

はんちゃん、
先日はお疲れ様でしたぁ!♪
いえいえ、はんちゃんの不屈の精神には正直驚いています。
これに懲りずにまた一緒に登りに行きましょう。
今度は登りやすくて、眺めのいいところへでも(*^^)v


by ぼの (2015-11-23 23:38) 

asaasa32

各務原アルプス縦走お疲れさまでした!

17kmですか~いやあ半端ないですね・・・それだけ歩いた後の最後の各務原権現山の階段はかなりキツかったのではないですか?
お仲間の足の不調も回復、みなさん特に故障なく無事に踏破できて良かったですね!おめでとうございます!!
by asaasa32 (2015-12-02 23:52) 

ぼの

asaasa32さま、
ありがとうございます。
いやぁ、はっきり言って疲れました(笑)。

>>それだけ歩いた後の最後の各務原権現山の階段はかなりキツかったのではないですか?

いやほんと、あの階段、下りで良かったですよ(笑)。 あれが登りだったらどうしようかと…。殆ど修行ですもんね(爆)。
脚の痙攣を起こした人物、実は前回同行した恵那山で一度やっちゃいまして、これで二度目。
周りからは「痙攣芸人」と言われるようになったんですが(笑)。
いや、今だから笑えるんですが、当日はどうなるんだろ…とヒヤヒヤもんでした。
やはり今回はその彼が一番のヒーローですね。あの回復力は半端ないですもん。
by ぼの (2015-12-04 01:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。