So-net無料ブログ作成

2015.05.13 伊豆最古の温泉街 修善寺を歩く (其の二・鹿山散策) [山歩き]

前回の "修善寺歩き" の続編です。
実家が修善寺にあるのですが、なんと温泉街をいままでまともに散策したことがなかったことから、今回初めてじっくり散策しています(笑)。前回の記事を読み直してみると、この帰省はどちらがメインなのか…(苦笑)。
後編は源頼家と十三士の墓がとっこの湯を挟んだ修善寺の前の山、"鹿山" にあるというので、山を散策します。

DSC_0285.JPG





-----------------------------------------------------------

修禅寺にまつわる歴史の中で、源頼朝の実弟、源範頼と頼朝の息子で鎌倉幕府2代将軍の源頼家がこの寺に幽閉されました。頼家は北条時政の手により23歳という若さで当時修禅寺門前の虎溪橋際にあった筥湯で暗殺されたといわれています。 その頼家の墓や義経の像が鹿山にあるとのことなので登ってみることにしました。 因みにこの地は「伊豆八十八か所巡り」の中にも含まれているとのこと。

DSC_0260.JPG

とっこの湯がある桂川を南下、お土産屋が並ぶ通りを抜けるとすぐ鹿山の麓です。指標の通り進みます。まずは頼家の墓が祀られてある "指月殿(しげつでん)(←文字をクリックすると関連サイトに移ります)" から。

DSC_0264.JPG

指月殿は伊豆最古の木造建築といわれていて、北条政子が2代将軍の菩提所として鎌倉時代初期に建立したものだそうです。本尊の釈迦如来像は、禅宗式という珍しい形で、持物のないはずの釈迦像が右手に蓮の花を持っているのが特徴だとのこと。 釈迦像のアップ写真を撮ってこなかったのが悔やまれます。

DSC_0265.JPG
[右斜め上] 伊豆最古の木造建築「指月殿」

その指月殿の裏手に頼家の墓があり、その先には源頼家の家臣十三人が、頼家が殺された6日後に再起を期して謀叛を企てたものの、挙兵前に発見され殺されたと伝えられている "十三士の墓" があります。

DSC_0267.JPG
DSC_0268.JPG
[右斜め上] 頼家の墓

DSC_0269.JPG

DSC_0270.JPG
[右斜め上] 十三士の墓

本当はこの墓を観て戻ろうと思っていたのですが、なんと目の前に指標があり、この山の上にまだ幾つか遺構があるらしく、その中に義経の像があるというので、予定を変更して登ってみることにしました。
DSC_0272.JPG

登山道(?)は十三士の墓から先へ進むと、最初だけ少々なだらかでしたが、急に勾配がきつくなってきます。 こりゃ本格的な山登りじゃないですか!(笑)。地図を見たときに、ここの名称は「鹿山公園」となっていたのですが…(笑)。

  DSC_0273.JPG
  [右斜め上] 勾配が急にきつくなってきました

靴、山歩き用にしておいて良かったです(笑)。登山道の伸びる方向へどんどん登っていきましょう。
いやぁ、結構気持ちいいですねぇ。まさか修禅寺温泉街に来てプチ登山ができるなんて!

DSC_0274.JPG

歩き続けると、中腹に石碑が。 これが「伊豆桂谷八十八か所巡り」の石碑のうちのひとつです。 この鹿山には八十八か所のうちの八つ、この石碑があるそうです。

DSC_0275.JPG
[右斜め上] 桂谷八十八か所の石碑のうちのひとつ

石碑を越えるとさらに道は険しくなってきますが森林の空気が心地いいです。

DSC_0276.JPG
DSC_0277.JPG

ちょっとした低山ハイクですね。これも山行記録として残しておくべきでしょうか(笑)。

DSC_0278.JPG

右下がちょっと崖になっている斜面を登るともうひとつ石碑が見えてきました。その先には "岩谷観音" と "子育てのおしゃぶり婆さんの石仏" があります。この石仏は子育ての神として祀られているもので、赤子の「おしゃぶり」が語源といわれているそうです。

DSC_0279.JPG
[右斜め上] 八十八か所中、四十番目の石碑

DSC_0280.JPG
DSC_0281.JPG
[右斜め上] 岩谷観音 子育てのおしゃぶり婆さんの石仏

岩谷観音を過ぎると陽の光が大分当たってくるようになりました。山頂が近づいてきています。
もうひとつ上がると再び石碑。そして、遂に見つけました。 どど~んと、ひときわ大きな像。 これが "源義経の像" です。

DSC_0282.JPG
DSC_0283.JPG
[右斜め上] 獅子に跨った義経の像

ちょっと逆光だったせいか、上手く写ってなかったですね(苦笑)。しっかりご覧になりたい方は、上の "源義経の像" の文字をクリックしてみてください。

ここがこの山道の頂上でしょうか。先には下りの道が伸びています。 来た道をピストンしなくて良いみたいですね。
少々この山頂で小休止。天を仰ぐと、木々の間から陽の光が。陽の光をゆっくり浴びます。 うん、気持ちがいい♪。

DSC_0285.JPG

さあ、下山しましょう。 そのまま道の続く方へ足を進めます。この道も気持ちのいい山道になっていますね。途中頼朝に仕え、鎌倉幕府創設に尽力した "安達藤九郎の墓" を横に見ながら麓に下りていきます。

DSC_0287.JPG

下山しました。桂川に到着です。いやぁ、中々楽しい山歩きでした。ですがこの山、観光地の中にありながら殆ど歩く人がいなく、この日も山には私ひとり。すれ違う人も全くいませんでした。川沿いの竹林とは違い、かなりマイナーなスポットなのでしょうね。ただ、それが良いんですよね(笑)。
静かな山の中、聞こえるは木々を揺らす風の音だけ。これが堪らないんですよ(笑)。 ま、こんな遺構探しが好きな人なんてそんなにいないかもしれませんね(笑)。

この後は、先日のブログ記事にもあるように、"普通のお蕎麦屋さん" でランチを摂り、今度は "範頼の墓" を目指すのであります。

結局修善寺温泉街の滞在は延べ3時間に及び、実家に着いて留まったのが1時間半位(笑)。
結局何をしに行ったんだといわれても仕方ないですね(爆)。
でも、結構楽しませていただきました。 伊豆地方、自転車も含めて結構楽しいスポットが多くありそうです。そんな意味で、これからちょくちょく帰ることにしようかと帰りの電車内で悪しき思いを巡らせておりました(笑)。

Print-MAP3.jpg


--関連サイトLink--
修善寺をもっと歩こう!
鹿山公園
伊豆八十八か所巡り


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

街並み巡り ブログランキングへ

旅行・観光 ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。