So-net無料ブログ作成

2015.04.16 三つの名前を持つ山、曽良山を登る+中馬街道歩き (前編 曽良山登山) [山歩き]

先月3月の27日に山登り+サイクリングを計画し、果敢に攻めたものの敢無く玉砕してサイクリングのみで帰ってきてしまった曽木の曽良山登山に再チャレンジ・・・というか今回は自転車は諦めて山歩きのみをしてきました(笑)。

IMGP2164.JPG


前回の果敢に攻めながらも敢無く玉砕したときの模様はコチラ(←文字をクリックしてください)をご覧いただくとして(苦笑)、今回の曽良山登山の山行計画は・・・

1) 車を使い、土岐市曽木にある曽木公園駐車場にデポする。
2) 曽木公園より、曽良山登山スタート
3) 縦走になるため、下山後デポ地まで徒歩で戻る。
  デポ地までの道程は、中馬街道のルートと被っている為、旧中馬街道をウォーキング

といった計画です。
今回は土岐市駅付近から曽木公園までを車で移動するため、ちょっと余裕かましています(笑)。
さ、準備は整いました。 曽良山へ出発です。

--------------------------------------------

10時少し前に曽木公園に到着。 ここは紅葉の時期になるといつ来ても混み合っているのですが、それ以外のシーズンは殆ど人もいなく、静かなものです。 たまに犬の散歩に付き合うお爺ちゃんが公園ベンチで休憩しているくらいか…。
公園の駐車スペースに車を停め、曽良山登山開始です。

IMGP2139.JPG
[右斜め上] 出発前に公園内にて記念撮影(笑)

公園の脇道に沿って歩きはじめます。 この道は旧中馬街道となっていて、集落がある部分は道路も舗装され、歩きやすいですね。

IMGP2140.JPG

集落を抜けると道は未舗装になり、いよいよ山に近づいてきたという感じになります。 周りの田園風景が心地いいですね。

IMGP2142.JPG

至る所に "曽良山登山" の案内板が立っているので簡単に登山口まで歩いて行けます。

IMGP2143.JPG

登山口から登山道へ入ります。 道は程よく整備され、歩きやすいです。 昨日までの雨で多少道がぬかるんでいるので注意です(それにしても先日の継鹿尾山+鳩吹山登山もそうでしたが、雨上がりの登山が今年は続きますね)。

IMGP2144.JPG

ここ、曽良山は土岐市で最高峰の山(私は三国山が一番高いと思っていましたが)で、標高は712mほどあるそうです。 しかもこの山は面白く、ひとつの山なのに、なんと三つの名前を持つ山なのです。
ひとつは「曽良山」、もうひとつは「鶴岡山」、そして「西山」の三つ。 なぜ三つの名前が付けられているのか不明ですが、この山は登山ルートが三方向から登れるようになっているらしく、それぞれの登山口で山の呼び名が違っているようなのです。 私が今回登るルートである曽木からは "曽良山"、鶴里側、細野地区から登るルートからは "鶴岡山"。 そして豊田市小原側からも登れるようになっているそうで、そちら側からは "西山" と呼ばれているそうです。 時間があれば調べてみたいと思います。

IMGP2145.JPG

曽木方面からのルートが車の場合でも駐車スペースが確保できるし、下山後近くにある "バーデンパークSOGI" という温泉で汗を流すこともできるので、人気があるようです。

IMGP2146.JPG

話が横に逸れてしまったようです。 気が付くともう大分登ってきました。 頂上付近まで樹が覆い繁り、あまり景色が良いとは言えませんが、所々隙間から見える下界がいい感じです。

IMGP2148.JPG

あれよあれよという間にもう9合目まで登ってきました。 多分いままでの中では一番気軽に登れる山になるでしょう。 ちょっとしたウォーミングアップや練習に丁度いいかも。

IMGP2149.JPG

9合目から山の稜線に沿って歩いていくと、曽良山山頂に到着です。 山頂の案内板を見ると、なるほど先ほど案内した三つの山の名前がしっかり看板として立っています。

IMGP2150.JPG

なんかこうやって幾つもの案内板が立っていると、騒々しい感はありますね。 そして周りは木々が覆い、山頂からの展望は望めませんでした。 とりあえずお約束の "三角点タッチ" です(笑)。 そして登頂記念に撮影。
・・・なんか味気ないですね(笑)。

IMGP2151.JPG
IMGP2152.JPG

案内板の中にこの山のルート案内図もありました。 なるほどここに "三つの名前を持つ山" と明記してあります(↓画像をクリックしていただきますと、大きくなります)。

IMGP2153.JPG

さ、ひと休みしたら、下山ルートに入ります。 下山は鶴里方面、細野地区方面へ向かう形となりますが、実はこのルートがこの山の見どころで、昔この山に城が建っていたそうでその城址、そして岩の展望台があるのだそうです。 これは楽しみ♪

IMGP2155.JPG

案内板に従って足を進めます。 山の稜線に沿って山を下っていくと・・・

IMGP2156.JPG

寄り添うように並んでいる大きな岩「双子岩」、その先に「師岩」、「細野城址」が続きます。

IMGP2157.JPG

IMGP2161.JPG
[右斜め上] 本当に迷いようがない位、案内板が至る所に建てられていますね

「師岩」の案内板方向に足を附踏めると一気に視界が広がります。 久しぶりのいい眺めです。 ここが「師岩」。
「師岩」 とは "弘法大使足跡岩" とも呼ばれており、その昔弘法大使が三河よりこの山を通り、この岩から柿野にある "赤子岩" まで一足飛びで渡ったといういわれがあるそうです。

IMGP2165.JPG

師岩の上に立ってみました。いい眺めです。

IMGP2164.JPG
IMGP2163.JPG
[右斜め上] 師岩と師岩からの展望

師岩を後にし、次に「石切り場」と「石割壇香梅」。 壇香梅が石の割れた隙間から生えていることからこの名が付いたそうで、壇香梅とは楠科に属する植物だそうで、梅と書いていながら梅ではないとのことです。

IMGP2167.JPG

そしてある意味、本日のメインディッシュかもしれません。 細野城址に到着です。 細野城は、1584年の小牧長久手、あるいは1600年の関ヶ原の合戦時に 築城されたと云われています。 またこの城は非常に小さい城で、構成から見て外部勢力により築城された 臨時的な城だと考えられているそうです。

IMGP2174.JPG
[右斜め上] 細野城址

この位置からの展望が今日一なのではないでしょうか。 絶景とまではいきませんが、綺麗に土岐の山々、里山景観を眺めることができます。

IMGP2175.JPG
IMGP2176.JPG
[右斜め上] 細野城址から眺める土岐市柿野辺りの里山景観

ここで、パノラマビューをバックに記念撮影。 ここからの展望を暫し楽しみました。

IMGP2178.JPG

細野城址を越えると、あとはひたすら下るだけ。あっという間に鶴里側からの登山口に到着です。 登山口付近の民家のオジサンと挨拶を交わし、暫し談笑。 その後、近くにある「正福寺」に立ち寄ります。

IMGP2180.JPG
[右斜め上] 下山後 登ってきた曽良山(鶴岡山)を望む

  IMGP2181_1.JPG
  [右斜め上] 年代を感じさせる正福寺の石垣

IMGP2183.JPG
IMGP2182.JPG
IMGP2184.JPG
IMGP2185.JPG
[右斜め上] 正福寺と石仏群

正福寺は中部四十九薬師霊場の一つで曹洞宗のお寺だそうです。静かな山間のお寺でした。
正福寺を見物した後は中馬街道(363号線)に向かって歩きましょう。 363号へ差し掛かり、道を渡ると白鳥神社があります。そその脇に旧中馬街道への入り口が見えます。 ここからデポ地の曽木公園までの約3kmの道程をこれから歩いていくことになります。

IMGP2186.JPG

この街道歩きは後編でご紹介いたします。




--本日のルート(山歩きのみ)--
起点・曽木公園 10:10
曽良山登頂 10:55
師岩 11:15
細野城址 11:30
下山・正福寺 11:50

曽良山登山 約5.3km

--曽良山関連サイトLink--
曽良山・鶴岡山 -愛岐県境に立つ、三つの山名がある土岐市最高峰の三角点 -
曽良山ブログ
鶴岡山
西山

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


登山・キャンプ ブログランキングへ

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 3

NO NAME

転落注意の看板!?
転落ってその岩の下はどうなってるんですか?

考えただけでぞーっとします。

by NO NAME (2015-04-20 12:02) 

jam

あ、名前入れ忘れました。
申し訳ないです。
by jam (2015-04-20 12:03) 

ぼの

jamさま、
岩の下は・・・ズバリ崖です(笑)
下を見るとちょっと怖いです(笑)
by ぼの (2015-04-22 00:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。