So-net無料ブログ作成

2014.11.20 壮絶! 超マニアック山行記 其の二 (下麻生城址編) [山歩き]

11/20の山歩き、続編です(笑)。
この日、鳩吹山登頂後、まだ余力が残っていたらもうひとつ登ろうと、EYKさんがとっておきのマイナーな山を用意してくれていました。 下山後、確かに前回の笠置山縦走に比べるとそんなに疲れていません。 同行のそったくさんもまだ大丈夫みたいなので、行ってみよう!と相成り、遂に山登りのハシゴに挑戦することになりました。

次なるお山は、超マイナー。 EYKさんがいつもお酒を買いに立ち寄る蔵元の裏山なんです(笑)。 裏山と言っても並大抵の山とは違います。 これまた鳩吹山に負けないほどの絶壁だそうで・・・(爆)。
実はこの辺り、納古山登山の帰りに下麻生まで歩いた時に散策した場所なんです。 凄い岩山があるなぁ・・と思って眺めながら歩いた場所でした(笑)。

先ほど断崖絶壁に遊ばれていた強者(へ〇タ△?)三人衆は颯爽と車に乗り込み、次なるお山、美濃加茂市の奥、川辺町下麻生の下麻生城址へ。

IMGP0986-2.jpg

-------------------------------------------------------------

鳩吹山から車で30~40分。 JR高山線を並行して走る国道41号を下呂方面に北上すると目的の山がある下麻生です。 以前、ソロで登山をした納古山はもう少し先の上麻生というところ。 この辺も国道の脇を流れる飛騨川が素晴らしく、辺りをゆっくり散策したい気分になりますね。

IMGP0977.JPG

下麻生駅に到着し、登山口の付近(といっても公式の登山口ではなさそうですが)の "臨川寺" に車を停めます。
実はこの臨川寺に、その「下麻生城址」の標柱が建てられているのです。 これは後から聞いた話なのですが、城址があまりにも険しい山を登らないといけないので、麓のこの寺に標柱を移したのだとか。
下麻生城は天正年間(1573-92)に森長可の家臣・井戸治兵衛が居城したといわれているそうです。

さて、車を降りた△ン〇イ強者三人衆は、登山口とはとて言えない民家の脇を山方面に向かい歩き出します。
JR高山線の線路を跨ぎ、山に入っていきます。

IMGP0978.JPG
[右斜め上] この岩山を登ります

山に入った途端、この荒れた山道です。 まだ余力があったとはいえ、断崖絶壁を登り降りした後です。やはり足取りが重い(苦笑)。

IMGP0979.JPG

歩いていると所々に遺構が。

IMGP0980.JPG

砂防ダムを越え、しばらく歩くと小さな滝が見えてきます。その滝を右方向に迂回しながら登っていきます。

IMGP0980-2.jpg
IMGP0981.JPG

すると、岩を削って作られた階段が。この階段を登っていくのですが、この階段はまさしく城のために作られたという感じです。この階段はいい雰囲気です。

IMGP0982.JPG

その後暫く沢沿いを登っていくと急に登りがきつくなってきました。 山の尾根です。 この急勾配の尾根をよじ登っていくと稜線に出ます。

IMGP0983.JPG
[右斜め上] 急勾配の尾根をよじ登ります

漸く視界が開け、山頂らしきところに出ました。 見晴らしは・・・まぁまぁ。 というか、山の裏側なので、周りも山しか見えません。 三角点は当然のことながら無し。その代り 近くに秋葉神社が祀られていました。 ということはここまで必ず人が登ってきているということですね。凄い~(苦笑)。

IMGP0984.JPG

ここで小休止したあと、絶景ポイントへ移動します。 裏側から表に移動すると・・・
凄い! 迫力の岩山! そして崖の上から見える絶景~♪

IMGP0986.JPG
IMGP0988.JPG

断崖絶壁から望む下麻生の町並みと悠然と流れる飛騨川の緑が素晴らしい。 頑張ってここまで登ってきた甲斐がありました。 でもやっぱりちょっと足が竦みます(笑)。 EYKさんは、もっと先の岩山へと移っていきましたが自分はここまでが精一杯(苦笑)。 この場所で絶景を満喫します。

IMGP0987.JPG
IMGP0989-2.jpg

足元の真下を覗いてみると・・・

IMGP0989.JPG

目がクラクラしてきますね(笑)。

この絶景ルート、殆ど知られていないとっておきのスポットだとのこと。 確かにそうかもしれませんね。
暫くこの壮大なパノラマを堪能し、登ってきた道を再び戻り、下山いたしました。
帰りがけにこの山のすぐ裏手の山を撮りましたが、こちらもものすごい絶壁な岩山です。

IMGP0990.JPG

下山後EYKさん行きつけの蔵元、平和錦酒造さんへ。 暫し談笑し帰途へつきました。

IMGP0994.JPG
[右斜め上] 麓にある蔵元・平和錦酒造さん

今回登ったそれぞれの山、低山とはいえ、どちらも壮大でスリル満点、そして絶景を満喫することができました。
いい体験ができたと思います。

同行くださったそったく童子さん、そしてとっておきの素晴らしいスポットを企画してくださったEYKさん、ありがとうございました。

追記; 今回登った下麻生城址があるこの山の名前がわからず、調べてみましたが、ググっても中々出てきませんでした。 もう少し調べてみたいと思います。



--関連ブログLINK--
EYKさんのブログ「迷盤な日々」(今回の記事)
EYKさんのブログ「迷盤な日々」(以前の記事)

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


アウトドア ブログランキングへ

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ



タグ:下麻生城址
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 2

臨川寺

このblogに登場している臨川寺の者です。下麻生城址の山歩きの際に、お車を当山駐車場にお停めいただくのは構いませんが、一言お声をかけていただけると幸いです。休日には法要などの行事のために多くの来客のある場合もあります。また、所有者不明のまま駐車されてしまうのはいささか心配です。
by 臨川寺 (2015-06-23 10:23) 

ぼの

臨川寺さま、
コメントありがとうございます。
その節は大変ご迷惑をおかけいたしました。
申し訳ございませんでした。
敷地内に停めさせていただくわけですから
おことわりをして停めさせていただくのが礼儀でした。
今更ながら大変申し訳なく思っています。
今後このようなことのなきよう、努めてまいります。
どうかお許しを。
by ぼの (2015-06-27 23:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。