SSブログ

2014.10.30 笠置山を縦走~登山+サイクリング [山歩き+自転車]

遂に3度目の山登り。
今回はWeb & サイクリング、そして爆音音楽鑑賞仲間である EYK さん(←EYKさんのブログへはココをクリック)に企画していただき、ご一緒させていただきました。
以前から興味はあった山登り、中々足を踏み入れられない自分の背中を押してくださったのがEYKさん。 山登りは王道からマニアックルートまで制覇しているEYKさん(笑)。 今回のルート計画もすべて彼にお任せで企画していただきました。

IMGP0820.JPG


そして提案戴いた企画は…なんと、笠置山を縦走。しかも登山と自転車との組み合わせという、我々にとってはとても贅沢な企画!
実はこのほかにもうひとつ企画を用意してくださっていて、EYKさん曰く、当日直前まで悩まれていたそうです。 こちらは次回に取っておくということで、今回は笠置山です。 (聞いた話ですが、もうひとつの企画も相当マニアックらしい・・・笑)
--------------------------------------------------------------

朝9時ちょっと過ぎ、EYKさんの自宅へ到着。 自転車を折りたたんで車載(今回は持ち運びがコンパクトで楽なミニベロ)。 いざ、笠置山へ出発です。
まず、登山のゴール地点である笠置山の反対側、中野方(なかのほう)ダムへ自転車を運びます。 予めそこにデポしておいて、笠置山登山口である姫栗に向かいます。
いよいよ縦走登山、スタートです。

IMGP0774.JPG
[右斜め上] 姫栗登山口を出発

IMGP0775.JPG
IMGP0776.JPG

登山口から林道を軽やかに歩きます。 道が舗装からダートになり、次第に石、岩がごつごつした道になってきます。この山はあちらこちらに巨岩がごろごろ。 東濃周辺の山の特徴なのか、本当に岩が多いです。
第一休憩地点に予定より30分ほど早く到着。 ここまで約1時間を予定していたEYKさん。 こんなに早く到着できたことを驚かれていました。 そんなに早いのかなぁ。

IMGP0778.JPG

10分ほどインターバルをとって、再び登りだします。 ここからが登りがきつくなっていきます。 なんとこの登山道、ここから頂上までほとんどが階段。 これには驚きました。 山の樹木の中、ただひたすら階段を登り続けるのです(苦笑)。

IMGP0779.JPG
IMGP0780.JPG

頂上へ辿り着いて納得するのですが、この時点ではなぜ全て階段なのか、しかもなぜ直線直行の階段が多いのかわかる由もありませんでした。 とにかくひたすら階段を上り続けます。 まるで修行僧のよう・・・(笑)。

DSC_0082.JPG
[右斜め上] ただひたすら階段を上り続けます

IMGP0781.JPG
[右斜め上] こんなところにヒトツバダコ自生地が

IMGP0783.JPG
[右斜め上] ここにも巨岩が・・・

IMGP0784.JPG
[右斜め上] 視界が開けてきました。 もうすこしで登頂です。

漸く最後の辛かった階段を登り詰め、笠置山登頂です。

「あ!」 山頂で目に入ってきたのは"笠置神社"。

IMGP0786.JPG

・・・そうか、そうだったのか。 やはりこの登山道は参道だったのです。 そりゃ階段になるわなぁ(笑)。 私たちは修行僧よろしく、この参道でもある登山道を心を無にして(かどうかは知る由もないが・・・笑)登ってきたのですね。 これなら頷けます。

IMGP0785.JPG
[右斜め上] 笠置神社鳥居前で記念撮影

IMGP0787.JPG
[右斜め上] お約束の三角点タッチ

山頂で一息ついた後、ここより少し下がったところにある天然記念物 "ひかり苔" を見に行きます。

IMGP0788.JPG
IMGP0789.JPG

ここ山頂付近にも奇妙な巨岩が至る所にどしっと構えています。ひかり苔はこの巨岩の下の奥の方に生息。
写真に撮ってみましたが、うまく光ってくれません。 何枚か撮りましたが、ここに載せた写真が一番いい感じなので・・・。

IMGP0790.JPG

01-1.jpg
[右斜め上] 本当はこんな感じ・・らしいです。

ひかり苔を見終って岩の外を見渡すと、とんでもない岩があるじゃありませんか。 なんと岩の周りを木の根が巻き付いている…。これは凄い景観です。 思わず写真を一枚。

IMGP0796.JPG

するとEYKさん、「これ、登れるんじゃない?」とこの巨岩を登りはじめます(笑)。 すごっ、根っからの冒険マニア(笑)。 しかし、実は高所が怖いというEYKさん。あっさり断念(爆)。

IMGP0794.JPG

ま、これで降りられなくなったらどうしようもないですからね。 諦めてくれてよかったですよ(笑)。
再び山頂へ戻り、展望台へ向かいます。
展望台から眺める風景は、絶景でした。 残念ながら御嶽は曇って見えませんでしたが、雲の影が山の稜線に映った素晴らしい風景を堪能させてもらいました。

IMGP0799.JPG
IMGP0801.JPG
IMGP0802.JPG
IMGP0806.JPG
IMGP0807.JPG

暫くじっとその風景を堪能していましたが、やはり空腹には勝てません(笑)。
お待ちかねのランチタイムです。 今日はコンロとヤカンを持参です。 山頂でラーメン、そして食後の珈琲を。 これ、やってみたかったんですよね(笑)。 山頂で食べるラーメン、普段家でも普通に食べているものなのに、なんでこんなに美味いのでしょう。格別の味でした。 これはいいですねぇ。

DSC_0087.JPG
IMGP0808.JPG

さ、後半です。
ここからは、中野方ダムに向かって北側の稜線を下っていきます。 やはり階段じゃないので楽ですねぇ。

IMGP0809.JPG
IMGP0811.JPG

暫く降りていくと、「黒瀬街道」と銘打った看板。 ここが街道の追分、「たがみ峠」です。 ここから稜線を離れ、ダムまで降りてゆくのです。 しかし街道と言っていますが、どこが街道なんだか・・(笑)。

IMGP0812.JPG

黒瀬街道の矢印方向に向かって下っていきますが、ここからが殆ど道がわからない。 何度もルートを間違え、なんとか登山ゴール地点のダムまで到着。

IMGP0814.JPG
IMGP0815.JPG
IMGP0816.JPG
[右斜め上] 道なき道を彷徨いながら下山

IMGP0817.JPG
[右斜め上] 漸く中野方ダムに到着

ここからデポしていた自転車に跨り、県道68号を下ります。

IMGP0818.JPG
IMGP0819.JPG
[右斜め上] 今登ってきた山をバックに一枚

68号に並行して進む黒瀬街道の里山景観を堪能しながらのポタリングです。 この景観も素晴らしい。

IMGP0821.JPG

この県道68号は基本下り。 「こころ旅」の火野正平氏ではないですが、「下り坂サイコー!」という感じで軽快に走ります。 流れる里山景観、そして視界に入る重なる山々・・・。「あ~気持ちがいい♪」

IMGP0822.JPG
IMGP0823.JPG

と思っていたのも束の間。 だんだん標高が高くなってきました。 まわりの里山、田園景観も知らず知らずのうちに眼下へと。

IMGP0824.JPG

と、最後の難関。 姫栗近辺からなんと勾配10%の登り。 最後の最後でこの苦行(爆)。
二人して「ひ~こら」と登ります。 もう途中からなりふり構わず押し歩き(笑)。

IMGP0825.JPG
[右斜め上] 綴ら折れの坂道から眼下の景観を望む

そして、遂に登山口に到着です。 お疲れ様でしたぁ。

IMGP0826.JPG

最後は、姫栗名物(?)の「アート案山子」見物。 名物である "熊のバス停" で山をバックに記念撮影です。

IMGP0831.JPG
IMGP0828.JPG
[右斜め上] 熊の後ろにはこんな案内が記されていました(笑)。

しかし、ここの案山子は凄くて面白いですね。下の写真の案山子なんか、本当にお婆さんが畑仕事しているみたいですもん(笑)。 もうちょっと時間かけて見物したいですね。

IMGP0832.JPG
[右斜め上] 畑仕事をしているおばあちゃん(笑)

今回の笠置山縦走。決行ハードな行程でしたけど、とても楽しかったです。 今回で3度目の山登りでしたが、我ながらよくできたと思います(笑)。 お付き合いしていただいたEYKさん、ありがとうございました。
また、正道のメニューにない ”裏" メニューを企画して誘ってくださいまし。

・・・と記してから、思ったひとこと。「あ~、またマニアックな道に入り込んでしまった・・・」(爆)。


《山登り》

《サイクリング》

距離 12km   最大標高差 578m  
平均斜度 上り:14.9%  下り:6.4%
獲得標高 上り:327m 下り:539m


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村

登山・キャンプ ブログランキングへ

登山 ブログランキングへ

サイクリング ブログランキングへ

自転車 ブログランキングへ


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(5) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 2

jam

外飯は普通のカップ麺でも旨いっすね。
それだけの為に近くの里山までサイクリングに行く事が多々あります。
by jam (2014-11-03 10:36) 

ぼの

jamさま、
ほんと、なんであんなに美味いんでしょうね。
私もちょっとハマりそうですね(^^)v。
今度サイクリングの時にも持って行ってみようかな。
by ぼの (2014-11-04 23:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。